<   2018年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2018年 05月 30日
ミドリシジミ2018
 風邪をひいてしまい、体調がいまひとつ。天気もいまひとつ。そんなこんなでまだ今年はゼフ確認に一度も出掛けていない。体調もかなり回復してきたので夕方から今年初のゼフ見に出かける。場所は種松山NI。

 朝からづっと曇り空だったのだが、出発すると小雨が降り出した。「こりゃだめだわ」と引き返していたら雨が止み、薄日が差してきた。少し迷ったが、Uターンしてポイントへ向かう。

 アカシジミでも降りていないかと下草を叩き棒で叩くも反応なし。メインポイントに着くと目の前でミドリシジミの卍。もう出ている。やはり今年は1週間は早いようだ。叩きながら歩いていたら絶好の場所に一頭がとまった。
d0001300_12081565.jpg
▲ミドリシジミ♂

 写していたら開翅した。スレの全くない完品。
d0001300_12081427.jpg
▲ミドリシジミ♂
 もう10年以上ミドリシジミを撮っているが、最高の写真と思う。大満足。

 さらに叩いていたらミズイロオナガシジミ。
d0001300_12081571.jpg
▲ミズイロオナガシジミ なかなかいい感じ。

 この後、広角のお気に入りが撮れたのだが、ポイントみえみえなので、掲載は控え。

 天気もいまいちだし、撮影チャンスももそんなに多くはなかったのだが、お気に入りの写真がたくさん撮れた。こういう時の帰り道は、凱旋気分。きっと「どや顔」になっているんだろうな。久々に味わうこの気持ち。何度経験してもいい。

 

[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-30 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 17日
関東地方一周 車中泊の旅 10日目
 楽しかった関東地方一周の旅もいよいよ最終日。今日は帰るだけ。昨日同様に、目隠しを外して、バックドア全開で朝食をとった。この解放感は癖になりそう。食事の後、少し散策して出発。

 この角度から見ると本当に誰もいない所のように見えるが、実は微妙な距離感の所に人がいる。
d0001300_23255310.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯に隣接した公園の朝

 反対側から写すとこんな感じ。
d0001300_23255370.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯に隣接した公園の朝
 木立の向こうは道の駅。この微妙な距離感がいい。

 途中、1時間を目途に小休憩しながら走る。何回目かの休憩で寄った、兵庫県加古川市の加古川沿いの公園がいい感じだった。
d0001300_23255228.jpg
▲兵庫県加古川市 加古川沿いの公園
d0001300_23255217.jpg
▲兵庫県加古川市 加古川沿いの公園

 船坂トンネルを抜けると岡山県。岡山県の標識を見ると「帰って来たなぁ」と声が出る。行きはブルーラインを通ったのだが、帰りは2号線を通った。

 笹沖交差点まで帰ると家はすぐ近く。
d0001300_23255258.jpg
▲岡山県倉敷市 笹沖交差点

 今回も無事故無違反で走破。楽しい旅だった。帰宅第一声は「よく遊んだなぁ」。モモが大歓迎してくれた。
d0001300_10440267.jpg
▲今回の旅の行程図

 今回の旅の総走行距離は、2,358km。いろいろ小さなトラブルゃハプニングもあったが、楽しい旅だった。渡良瀬橋が特に印象に残っている。




[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-17 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 16日
関東地方一周 車中泊の旅 9日目
 朝日の空気が清々しい。いつものように車内で朝食をとり出発。両脇の車はどちらも自作キャンピングカー。写真左の車は、きっと、荷台に乗せているだけなので車検の時は降ろすのだと思う。
d0001300_21114597.jpg
▲富山県氷見市 道の駅氷見の朝

 最初に訪れたのは、石川県金沢市のひがし茶屋街。それなりにいい雰囲気なのだが、いかんせん写真の通りだけ。改めて倉敷のすごさを感じる。
d0001300_21114449.jpg
▲石川県金沢市 ひがし茶屋街

 昼食は、福井県鯖江市の吉野家8号線鯖江店。最近はダイエットで大抵、コモサラセット。
d0001300_21114458.jpg
▲福井県鯖江市 吉野家8号線鯖江店

 今日のお風呂とお泊りは、道の駅シーサイド高浜の予定だったのだが、なんと温泉が定休日。事前に分かりそうなものだが、そこはそこ(笑)。しかたがないので急遽、5kmほどバックしたところにある、道の駅うみんぴあ大飯に変更。
d0001300_21114450.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯

 そんな訳で、今日のお風呂は、シーサイドスパ大飯の湯。
d0001300_21114454.jpg
▲福井県おおい町 シーサイドスパ大飯の湯
 ここも温泉併設。ここは水道水を沸かしているのだが、気にしない。最近はどこもきっちりと書いている。
d0001300_21114317.jpg
▲福井県おおい町 シーサイドスパ大飯の湯
 ここ、残念なことに食事が出来ない。道の駅の食堂はたいてい閉店5時、オーダーストップ4時30分くらい。ここも同じ。幸い近くにコンビニがあったので、今日の夕食はコンビニ弁当。
d0001300_21114461.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯に隣接した公園
 お泊りは道の駅の駐車場ではなく、隣接している公園の駐車場。後ろに見える橋を渡ったところに稼働中の大飯原発がある。
d0001300_21114595.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯に隣接した公園 今夜の夕食
 誰もいないので、目隠し無しで夕食。

d0001300_21114428.jpg
▲福井県おおい町 道の駅うみんぴあ大飯に隣接した公園 くつろぎ中
 寝る時はさすがに目隠しをするのだが、誰もいないので、コーヒータイムはバックドア全開でくつろいだ。

 車中泊を始めたころは、道の駅で寝るのも少し不安だったが、最近はこんな所でも平気になった。この孤独感は癖になりそう。それにしても日本の治安は素晴らしい。




[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-16 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 15日
関東地方一周 車中泊の旅 8日目
 今日からは移動日。あとは帰るだけ。とは言え、帰るまで2泊3日。遠くまで来たものだと思う。

 いつものように車内で朝食をとって出発。なぜか写真を撮るのを忘れているので写真無し。時々ある。

 最初に訪れたのは、新潟県糸魚川市にある、コインランドリーデポ青海ラベンダー店。着替えが無くなったので洗濯。
d0001300_16352083.jpg
▲新潟県糸魚川市 コインランドリーデポ青海ラベンダー店
d0001300_16352031.jpg
▲新潟県糸魚川市 コインランドリーデポ青海ラベンダー店 店内

 誰もいなかった。いい時間だったので、隣のコンビニでお弁当を買って、洗濯待ちの間に食べた。お店の裏が浜辺だったので、少し散策した。

 次に寄ったのは、新潟県糸魚川市にある、道の駅.不知火ピアパーク。秋の中部地方一周車中泊の旅で寄った所。前回は雨だったが、今回は雲ひとつない青空。
d0001300_16352138.jpg
▲新潟県糸魚川市 道の駅.不知火ピアパーク 車中泊には絶好のロケーションだと思う。
d0001300_16352051.jpg
▲新潟県糸魚川市 道の駅.不知火ピアパーク
 水平線がよたっているのはiphoneのパノラマのせい。この辺りの浜は小石で出来ている。すぐ近くに翡翠海岸があるので、きっとこの中にも翡翠があるんだと思う。綺麗な石を記念に拾って帰った。こんなにも穏やかな日本海は初めて見る。絶景のひと言。

 今日のお風呂と宿泊は、富山県氷見市にある、道の駅氷見。ここも温泉併設。
d0001300_16352194.jpg
▲富山県氷見市 道の駅氷見
 広くて、綺麗で、海浜公園と、温泉併設。第一級の車中泊ポイント。車中泊が多い。キャンピングカーだけでも5台はくだらないと思う。

d0001300_16352062.jpg
▲富山県氷見市 道の駅氷見に併設されている、氷見温泉郷.総湯

 宿泊は海浜公園の駐車場。ひとつ隣の手造りキャンピングカーの人は、渓流釣りが趣味で、九州から夫婦でもう何か月も車中泊の旅を続けているとか。「手造りもいいですね」と振ったら「金がないだけ」と返された(笑)。
d0001300_16352164.jpg
▲富山県氷見市 道の駅氷見に併設されている海浜公園の駐車場
d0001300_16352184.jpg
▲今夜の寝床
 もう完全に自然体。水色の布団の下には今回からの新兵器、インフレーターマットが敷いてあるのだが、硬くていまいち。これまでのウレタンマットがいい。

 今回の旅でキャンピングカーの使い方が少しわかった気がする。キャンピングカーはその名の通り、キャンプが主目的の人には向いた車だと思う。




[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-15 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 14日
関東地方一周 車中泊の旅 7日目
 朝起きたら雨は止んでいた。ここ、道の駅みょうぎ は妙義山の麓にある。雨上がりと相まって朝の空気が清々しい。
 写真奥のプリウスαは、ご夫妻で道の駅全制覇を目指して車中泊の旅を続けられているとのこと。今回の旅も既に3か月目とか。フレンドリーな奥さんだった。
d0001300_11154613.jpg
▲群馬県富岡市 道の駅みょうぎ の朝
d0001300_11154775.jpg
▲群馬県富岡市 道の駅みょうぎ 車内で朝食 いつもこんな感じ

 最初に訪れたのは、世界遺産・富岡製糸場。開場が9時とのことで、パチンコ屋の駐車場で時間をつぶした。だったら最初から道の駅でゆっくりすればよかったなぁ(笑)。
d0001300_11154759.jpg
▲群馬県富岡市 富岡製糸場正門
 何とはなしに予感はしていたので、ま、こんなものかという感じ。
d0001300_11154612.jpg
▲群馬県富岡市 富岡製糸場 東置繭所
 富岡製糸所というとこの写真。要するにここしか写し所がないということ。中は資料の展示室。
d0001300_11154617.jpg
▲群馬県富岡市 富岡製糸所 操糸所内部 唯一内部が見学できる施設。ふーんという感じ。
d0001300_11154615.jpg
▲群馬県富岡市 富岡製糸所 女工館 ここも外から見るだけ。

 これまでたくさんの世界遺産を見たが、なにこれって感じ。ほとんどが外部からの見学だし。生活感がないというか現実感が乏しい。「ああ、野麦峠」の世界はみじんも感じられない。

 後は今日の宿泊場所を目指して走るだけ。途中、休憩で寄った、道の駅 中山盆地が綺麗だった。ここ温泉も併設しているのでいい車中泊場所だと思う。昼食を食べた。
d0001300_11154650.jpg
▲群馬県高山村 道の駅 中山盆地
d0001300_11154583.jpg
▲群馬県高山村 道の駅 中山盆地

 次に休憩で寄った、新潟県湯沢町の、かぐらスキー場みつまたステーションもいいロケーションだった。
d0001300_11154548.jpg
▲新潟県湯沢町 かぐらスキー場みつまたステーション

 途中、湯沢温泉を通ったのだが、山の中に忽然とホテルが林立する様は異様だった。駅も大きかったし。何なんだという感じ。

 今日のお風呂と宿泊は、新潟県小千谷市にある、道の駅ちぢみの里おぢや。少し早く着いたので隣接している公園を散策していたらウスバシロチョウが飛んでいた。
d0001300_11525197.jpg
▲新潟県小千谷市 道の駅ちぢみの里おぢや&湯どころちぢみの里
d0001300_11154721.jpg
▲新潟県小千谷市 湯どころちぢみの里の食堂 夕食をいただいた。

 ここもそうだが、この辺りは温泉が併設された、車中泊向きの道の駅が多い。近くだったらまた利用したいが、そうもいかない。



[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-14 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 13日
関東地方一周 車中泊の旅 6日目
 朝起きると曇り空。天気予報によると昼から雨とのこと。車の中で簡単な朝食を食べて早めに出発する。
d0001300_20480894.jpg
▲栃木県宇都宮市 道の駅はが の朝
d0001300_20480756.jpg
▲栃木県宇都宮市 道の駅はが の朝 道の駅らしからぬ雰囲気

 最初に訪れたのはJR宇都宮駅。岡山駅と同じくらいの規模かな。昨日も思ったのだが、街の雰囲気が倉敷と本当によく似ている。
d0001300_20480793.jpg
▲栃木県宇都宮市 JR宇都宮駅

 次に訪れたのは日光東照宮。思っていた以上に広い。
d0001300_20480733.jpg
▲日光東照宮
d0001300_20480743.jpg
▲日光東照宮 
 参拝者が多い。参拝を終わったころから雨が降り出した。家内安全とこの旅が無事故無違反で楽しい旅になりますようにとお願いした。交通安全のお札を買った。

 次に訪れたのは森高千里の歌、渡良瀬橋の舞台となった場所。半分冗談でいつか訪れたいと思っていた。堤防上の道路に記念の歌碑があるのだが、車を停める所が無い。30分くらいぐるぐると探し回った。
d0001300_20480633.jpg
▲栃木県足利市 歌「渡良瀬橋」の歌碑。奥に見えるのが渡良瀬橋。
 ボタンを押すと森高千里の渡良瀬橋の歌が流れる。機械音と思っていたら歌声だったので少し驚いた。

 せっかくここまで来たんだからと、「床屋の角にぽつんとある公衆電話」を見に行く。予定になかったのでネットで調べて「きっとここだな」と思う場所へ。写真を撮っていたらご主人が中に入れてくれた。森高千里さんの写真や色紙が飾ってあった。自慢なんだと思う。
d0001300_20480729.jpg
▲栃木県足利市 床屋の角にぽつんとある公衆電話
 ずいぶんと歌のイメージと違う。写真もそうだが、芸術ってこういうもんなんだろうな。



中央の▶をクリックすると「渡良瀬橋」再生します。画面をもう一度クリックすると停止します。

 次に訪れたのは群馬県の代表駅、前橋駅。少し小さめかな。雨が降っていると撮影、特に三脚を立てての自撮りが大変。
d0001300_20480801.jpg
▲群馬県前橋市 JR前橋駅
d0001300_20480803.jpg
▲群馬県前橋市 JR前橋駅前広場
 それにしてもよく雨に降られる。一日も雨の降らなかった車中泊の旅ってあったかなぁ。歳を重ねて雨男になったのかな。

 今日のお風呂は、妙技温泉もみじの湯。宿泊は、道の駅みょうぎ。大雨だったので写真を撮り忘れた。

[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-13 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 12日
関東地方一周 車中泊の旅 5日目
 今回のメインイベントは終了したので、あとは移動日のようなもの。車内で簡単な朝食をとって出発。

 最初に訪れたのはJR浦和駅。この旅の下調べをするまで埼玉県の代表駅は県庁所在地の埼玉市にある埼玉駅だと思っていた。こういうパターンは初めて。
d0001300_16455946.jpg
▲埼玉県さいたま市 JR浦和駅

 駅前広場にあった。たぶんご当地キャラなんだと思うが、いまいち可愛くない。
d0001300_20155974.jpg
▲浦和うなこちゃん 

次に訪れたのは霞ヶ浦総合公園。よく耳にする、霞ヶ浦というものを一度見てみたかった。
d0001300_16455975.jpg
▲霞ヶ浦総合公園
 霞ヶ浦は普通の大きな湖だった。公園は自然も緑も多く、ほどよく整備されていていい所だった。家族連れが多かった。

 次に訪れたのはJR水戸駅。この辺りは県名と県庁所在地名の違う所が多く、紛らわしい。
d0001300_16455955.jpg
▲茨木県水戸市 JR水戸駅
 橋上駅で、駅の前面にデッキがあり倉敷駅とよく似ている。
d0001300_16455869.jpg
▲JR水戸駅前 街の規模は倉敷よりも少し大きい感じ。

 駅のデッキでストリートライブをしている若者がいた。特別にどうということもなかったのだが、何気なしに手売りしていたCDを買った。尾崎豊のアイラブユーをリクエストして一緒に歌った。「がんばれよ」と自然に声が出た。
d0001300_16455959.jpg
▲JR水戸駅でストリートライブしてる若者

Breaker the TV 川井剛毅 【雑草】


 今日のお風呂は、道の駅はがに併設されている、ロマンの湯。この辺りは温泉が併設された道の駅が多い。
d0001300_16455852.jpg
▲栃木県宇都宮市 道の駅はが ロマンの湯

 食事はジョイフル宇都宮テクノポリス店。走っていたら倉敷の街と雰囲気がよく似ている。
d0001300_16455880.jpg
▲栃木県宇都宮市 ジョイフル宇都宮テクノポリス店

 宿泊は、道の駅はが。配置とか、少し変わった雰囲気の道の駅だ。
d0001300_16455846.jpg
▲栃木県宇都宮市 道の駅はが

 車中泊の旅が自然体になってきた。





[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-12 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 11日
関東地方一周 車中泊の旅 4日目
 朝の空気が清々しい。散歩がてら、朝日に照らされた中の島大橋を撮る。車の中で簡単な朝食をとって出発。
d0001300_11244744.jpg
▲千葉県木更津市 内港公園の朝

 最初に訪れたのは九十九里浜。以前から来たいと思っていた場所。ただ雄大のひとこと。
d0001300_11244709.jpg
▲千葉県 九十九里浜 ほぼ180度の水平線。

 次に訪れたのはミッションのJR千葉駅。県庁書斎地の駅としては標準的かな。
d0001300_11244831.jpg
千葉県 JR千葉駅

 次に訪れたのは放送大学本部。放送大学に15年在籍しているが、来たことがなかった。一度は訪れたいと思っていた。
d0001300_11244829.jpg
▲千葉県千葉市 放送大学部
 思っていたよりでかい。守衛所で手続きをして入構する。駐車場は空いている所に適当でいいとのこと。管理棟に入ったら、小さいながらも学食があった。いい時間たったのでカレーをいただいた。
d0001300_11244895.jpg
▲放送大学本部の学食 13時を少し回っていたのでガラガラだった。

 次に訪れたのは図書館。ここも思っていたよりも広い。
d0001300_11244751.jpg
▲放送大学本部の図書館 そこそこの人がくつろいで本を読んでいた。

 その後、同じ構内にある千葉学習センターとか、一通り見学。

 時間がおっていたので次の訪問地の国会議事堂を目指す。
d0001300_11355167.jpg
▲東京都内
 綺麗で広くて走りやすい。強いて言うと無理な割り込みをする車が多いかな。あと、外車が多い。渋滞で止まっていたら、前の車がポルシェカイエン。芸能人?

 国会議事堂に着くと1時間に一回の一般対象の見学ツアーは、ついさっき出発したばかり。次のツアーまで一時間近く待つことになった。とりあえず受付をして、時間まで待つ。

d0001300_11244876.jpg
▲東京都 国会議事堂 構内撮影禁止なのでそれらしい写真はこれだけ。

 開始時刻の10分前から注意事項の説明(撮影、飲食、トイレ禁止)。手荷物と身体チェックが済むと見学開始。衛視の方が引率。
d0001300_11283893.jpg
▲見学ホール ここだけは撮影可。写真の奥から向こうは撮影禁止。

 第一印象はとにかくでかい。事務局職員数が約4500人と聞いてびっくり。あともう建物も調度品も豪華。もはや文化財。

 次に訪れたのはJR東京駅。何度見ても綺麗。いつも駐車場で苦労するのだが、予定の駐車場に入り損ねてぐるぐる回っていたら、目の前にパーキングメーター。まさに大山めいどうしてネズミ一匹。
d0001300_11321875.jpg
▲JR東京駅 丸の内口前のビル街 何度見てもでかい
d0001300_11321811.jpg
▲JR東京駅 丸の内口
 前にも書いたが、駅名を入れて自撮りするのにこだわっている。東京駅丸の内口って駅名表示がないなぁと思ってうろうろしていたら、駅名の石碑があるのを見つけた。石碑の前で写真を撮っていたら、警備員さんが近づいてきて「ここは三脚禁止です」と。あ、そうですか、写した後でした(笑)。
d0001300_11321862.jpg
▲JR東京駅 丸の内中央改札

 今日のお風呂は埼玉県川口市にある、スパロイヤル川口。色々と寄ったので着いた時には真っ暗だった。
d0001300_11391442.jpg
▲埼玉県川口市 スパロイヤル川口
 食事もここの食堂でいただいた。

 フロントで精算していたらカウンターにさりげなく置いていた。
d0001300_11244843.jpg
▲nifty温泉ランキング認証証 ふーんといった感じ。

今日の宿泊は、道の駅川口あんぎょう。
d0001300_11244806.jpg
▲埼玉県川口市 道の駅 河口あんぎょう
 えっ、これ道の駅なの? って感じの所。いまいち。でもま、寝るだけなので。

 忙しい日だった。ちょっと欲張りすぎ。でも日本一周の最大の山は越えたかな。あとはぼちぼち行こう。

[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-11 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 10日
関東地方一周 車中泊の旅 3日目
 朝起きると隣の車はいなくなっていた。朝の空気が清々しい。
d0001300_15102360.jpg
▲焼津親水公園

 いつも朝起きたらまず、髪に櫛を通し、電気カミソリで髭を剃る。歯磨きは液体歯磨き。車上生活者と間違われないように、身だしなみは大切。その後、昨日コンビニで買っておいたパンとコーヒーで簡単な朝食をとって出発。
d0001300_15054915.jpg
▲焼津親水公園

 毎日、出発前には窓を綺麗に拭く。車窓の景色も大切な楽しみのひとつ。窓を拭きながら少し心に余裕が出来てきたなと感じる。

 今日、最初に訪れるのはJR横浜駅
d0001300_15055074.jpg
▲JR横浜駅
 政令指定都市の駅だけに大きな駅だ。駅名のロゴを入れて写すことにこだわっているのだが、大きな駅だと意外と難しい。まいどのことだが駐車場に戻るのに少し苦労した。

 次に訪れたのは、みなとみらい地区にある赤レンガ倉庫。
d0001300_15125092.jpg
▲神奈川県 横浜みなとみらい地区 赤レンガ倉庫のデッキからの眺め。
d0001300_15043527.jpg
▲神奈川県 横浜みなとみらい地区 赤レンガ倉庫

 いい時間になったので、赤レンガ倉庫の中にある、横浜たちばな亭で昼食。
d0001300_17113570.jpg
▲横浜たちばな亭 赤レンガ倉庫店 名物らしいオムライスをいただいた。美味しい。

 赤レンガ倉庫のデッキから眺望を楽しんでいたら、少し離れたところに工作船資料館と書かれた建物が目に止まった。まさかこんな所にあるとは思ってもいなかった。見学する。
d0001300_15055193.jpg
▲神奈川県 みなとみらい 工作船資料館
 思っていた以上にでかい。何より驚いたのはその武装。AKなどの機関銃が複数あったのは想定内だったが、無反動砲や二連装対空機関砲まで装備されていたのには驚いた。完全に警察力を越えている。

 次に訪れたのは東京湾アクアラインにある、海ほたる。
d0001300_15043568.jpg
▲東京都 東京湾アクアライン・海ほたる
 トンネルの中で分岐があったりして、非常に分かり難かったが、何とか迷わずに到着。
d0001300_15043592.jpg
▲東京都 東京湾アクアライン・海ほたる
 目の前に広がる東京湾。いいロケーションだ。

 今日のお風呂は千葉県木更津市にある、湯の郷かずさ。
d0001300_17003015.jpg
▲千葉県木更津市 湯の郷かずさ

 食事はスシロー木更津店。やはり私はかっぱがいいな。

 宿泊は木更津市の内港公園の駐車場。当初の予定は鳥居崎海浜公園の予定だったのだが、いまいちだったので予定変更。
d0001300_15055068.jpg
▲千葉県木更津市 内港公園駐車場
d0001300_15055020.jpg
▲千葉県木更津市 内港公園
 前に見える中の島大橋が綺麗だ。カメラを持って散策した。

 ここ、頭の上を3分おきくらいに飛行機が低空で通過する。羽田空港の着陸コースの真下のようだ。それなりに楽しい。こういう所ってそれなりに少し緊張するのだが、ほとんど自然体で車中泊出来るようになった。少し成長したかな。

[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-10 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2018年 05月 09日
関東地方一周 車中泊の旅 2日目
 朝起きると雨は止んでいた。車内で簡単な朝食をとって出発する。今日も移動日。休憩と食事以外は走る予定。
d0001300_17483213.jpg
▲滋賀県甲賀市 道の駅あいの土山の朝

 四日市で通勤ラッシュにかかる。工場の街。私の住んでいる街と雰囲気がよく似ている。浜松が近づくと太平洋沿いの道が続く。私の大好きなシチュエーションだ。道の駅.潮見坂で休憩。ここは歩いて海辺に出れるようになっている。運動を兼ねて歩いて海辺に出ることにする。前回もここで休憩したのだが、雨が降っていたので休憩しただけだった。
d0001300_18143160.jpg
▲静岡県湖西市 道の駅.潮見坂
d0001300_17483454.jpg
▲静岡県湖西市 道の駅.潮見坂 海辺への連絡通路
d0001300_17483312.jpg
▲静岡県湖西市 道の駅.潮見坂から降りた砂浜。見渡す限り水平線。

 少し時間に余裕があるので、浜名湖畔を車で流していたら、航空自衛隊浜松広報館の看板が目に止まった。行ってみることにする。こういう時、ナビは本当に便利だ。せっかくなので、見学前に鰻でもと思ったのだが、目につくのは敷居の高そうな店ばかり。結局、昼食は展示館近くのコンビニでお弁当(笑)。

 昼食の後は、いよいよ広報館へ。ここ、存在自体を知らなかったのだが、素晴らしい施設だ。本物の航空機が広い展示場に展示されている。まさに穴場。
d0001300_17483352.jpg
▲静岡県浜松市 航空自衛隊浜松広報館

 どれも本物なので迫力がある。特に戦闘機の大きさには驚いた。こんなに大きいとは思ってもいなかった。コクピットに乗れるようになっていたので乗ってみた。戦闘機のコクピットに座るのは初めて。
d0001300_17483363.jpg
▲静岡県浜松市 航空自衛隊浜松広報館 F1支援戦闘機

 何を隠そう、いや、別に隠しはしないのだが、私はミリタリーファンである。感激した。

 広報館を後にして走っていたら岡山県にはないホームセンターがあったので寄ってみた。なかなかお洒落な雰囲気で品数も多そうだったが、探していたものは無かった。
d0001300_17483277.jpg
▲静岡県藤枝市 カインズ藤枝店

 今日のお風呂は静岡県焼津市にある笑福の湯。ここも人工温泉。
d0001300_17483301.jpg
▲静岡県焼津市 笑福の湯

 食事もここの食堂でいただいた。
d0001300_17483204.jpg
▲静岡県焼津市 笑福の湯

 宿泊は焼津親水公園の駐車場。もう少し広くて整備されたところと思っていたのだが、海辺の小さな公園だった。今まで車中泊した中で最も寂しい所だったが、これが静かで良かった。
d0001300_17483314.jpg
▲静岡県焼津市 焼津親水公園駐車場 寂しい所ではあるのだが、意外と町の近く。

 こういう所で車中泊が平気で出来るようになると、カーネラーも中級者だな。
 

[PR]

by ryochan_ex | 2018-05-09 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)