人気ブログランキング |
2019年 06月 05日
種松山のミドリシジミ2019-3
 前回(6/2)は少し早かった。そろそろいい頃だろうと少し早起きして種松山に出かける。薄曇り。現地着7時。下草ポイントにはアカシジミがポロポロ降りている。挨拶代わりに少しだけ撮る。叩きポイントに着き、メインの木を叩くと一気に3~4頭が飛び出した。いい感じである。下草を見ると、あちらこちらで開翅している。盛期。もう撮り放題。
d0001300_21340541.jpg
▲ミドリシジミ♂ 種松山NI
d0001300_21184901.jpg
▲ミドリシジミ♂ 種松山NI この開翅の瞬間だけに見える深緑がたまらない。
d0001300_21184920.jpg
▲ミドリシジミ♂ 種松山NI

 もう大満足。改めて種松山はいいなぁと思う。強いて言うとバックがなぁ・・・。来年の課題だな。こうしてみると他の〇〇ミドリシジミに負けてないと思う。

 この後、オオミドリシジミのいそうな場所を流してみたが、Null。時間があるので、昼過ぎに飛ぶという例の蝶を探しに高梁市のポイントへ。

 ポイントをいくつか周ったのだが、Null。少しハードな場所もいったので、ふくらはぎが筋肉痛。体力の衰えを実感する。まさに骨折り損の・・・。スジボソヤマキチョウはいた。
d0001300_21184935.jpg
▲スジボソヤマキチョウ 高梁市MI

 ナラガシワがあったので叩いたらウスイロオナガシジミがいた。
d0001300_21184992.jpg
▲ウスイロオナガシジミ 高梁市MI

 もうこのポイントには来ないかな。コストが見合わない。新しいポイントを探そう。





by ryochan_ex | 2019-06-05 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ryochanex.exblog.jp/tb/27634369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ゼフを探してプラプラ2019-1      種松山のミドリシジミ2019-2 >>