2018年 06月 22日
ゼフを探してプラプラ2018-4
 ここのところいかにも梅雨らしい天気が続いている。天気予報によると今日から数日間は雨は降らないとのことなので、ゼフ見に出かける。

 最初に訪れたのはウラクロシジミの古い記録のある新見市OY。現地着7時少し前。目をつけていたポイントは2ヶ所。最初のポイントはNull。次のポイントに移動。何叩き目かでいきなり狙いのウラクロシジミ。
d0001300_11133528.jpg
▲ウラクロシジミ 新見市OY 初見
 ボロだが。確実性を重視したので仕方がない。思っていたより小さい。

 更に叩いていたらウラゴマダラシジミ。
d0001300_11133569.jpg
▲ウラゴマダラシジミ 新見市OY
 時期を考えると新鮮。その後もポロポロいたので、結構いるみたいだ。

 引き返していたら変なオバサン登場。蝶々の卵を取るために枝を折って持って帰る人が多くて憤慨しているとか。「私は写真を撮るだけで・・・」。そんなことはお構いなしに苦情を延々言われた。参った。テリ張り時刻の夕方の状況を確認したかったが、あまりに時間があるので次のポイントへ。

 次のポイントへ車を走らせていたら、雰囲気の良さそうな脇道。テリでも張っていないかと、上を見ながらゆっくりと車を走らせていたら、それらしい蝶が目の前にとまった。車のすぐ横。ドアを開けると逃げられるので、とりあえず車の窓の内側から撮影。
d0001300_21102701.jpg
▲新見市OY メスアカミドリシジミ
 窓を開けていたら逃げられた。車の窓からゼフを撮影するのは初めての経験。それも内々にゴソゴソやってたメスアカミドリシジミ(笑)。漫画みたいな話。ここは変なことが多い。

 昼食後、最初に訪れたのは新庄村DDポイント。昔、車を側溝に落として往生した所。ゼフはNull。綺麗なヒメキマダラヒカゲがいた。
d0001300_11133595.jpg
▲ヒメキマダラヒカゲ。

 せっかくここまで来たのだからついでにと訪れたのはウスイロヒョウモンモドキの保護地。着いたら目の前にこんな車。
d0001300_12001454.jpg
 近くにいた2人組のオバサン、いや失礼、女性の監視員の方に「写真だけなんですが、入ったらだめですかねぇ」と言うと、いいけど、付いてくるとのこと。固辞したのだが、構わないということで、監視付きで保護地へ入った。歩いて見るだけ。棒を振る勇気はなかった。当然にしてNull。ウスイロヒョウモンモドキも一匹も見られなかった。

 その後、真庭市KY、SGと周るもこれといった成果なし。ヒメシジミも少ない。最後に訪れた真庭市ORにはヒメシジミがそれなりにいた。
d0001300_11133465.jpg
▲ヒメシジミ♀ 真庭市OR 環境省RDB準絶滅危惧種

 引き返していたら地面に光るもの。「えっ」。そっと寄って見るとミドリシジミの羽化不全。場所があまりに絵にならないので、指乗せで近くの枝へ。
d0001300_20554621.jpg
▲エゾミドリシジミ 真庭市OR ミドリシジミ族の判別は難しい。
 羽化不全でなかったらと思うが、だから落ちてたんだと思う。テリ張りは全く見られなかったが、このポイントに生息はしているようだ。

 なんだかんだで、印象深い一日だった。長くやっていると色んなことがある。

[PR]

by ryochan_ex | 2018-06-22 11:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ryochanex.exblog.jp/tb/26933872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 自由作品コンテストで入選した      ゼフを探してプラプラ2018-3 >>