2018年 06月 09日
ゼフを探してプラプラ2018-2
 ゼフを探して新見方面に出かける。最初に訪れたのは新見市KH。現地着は8時少し前。これくらいだと楽。土曜日だし、天気予報によると明日は雨とのことなので、誰もいないことはないだろうなぁと思っていたら案の定、車が2台停まっている。高知と大阪ナンバー。
d0001300_22190879.jpg

 挨拶をして叩き出し開始。思ったほど飛び出さない。どうも一通り叩かれた後のようだ。むむ。ふと少し先を見ると葉上にヒロオビミドリシジミ
d0001300_17395320.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ♂

ひと通り写した後、カイサーを使うと開翅した。
d0001300_17395235.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ♂ 新見市KH バックがなぁ・・・。
 スレの無い綺麗な個体だ。

 さらに叩いていたら、ウスイロオナガシジミがいい感じの所に降りた。
d0001300_17573090.jpg
▲ウスイロオナガシジミ 新見市KH 朝露がいい感じ。

 ひととおり叩いて引き返していたら。リンクさせていただいている「ば」さんとばったり。ここのところ毎年会っている感じ。少し互いの近況報告の後、TDポイントにご案内する。

 現地に着くと、網を振られている男女の2人組。うっそー。挨拶をして少しお話をする。京都から来られたとのこと。むむ。

「ば」さんはこの後予定があるとかで、ざっとポイントを紹介。
d0001300_18281366.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ♀ 新見市TD 朝の雰囲気がいい感じ。

 「ば」さんと別れた後、ゆっくり撮影。
d0001300_18325704.jpg
▲ウラナミアカシジミ 岡山県RDB留意種 新見市TD

 次に訪れたのは新見市HM。誰もいない。いい感じ。
d0001300_18384004.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ 新見市HM 林の中にいる感じがいい。

 次に訪れたSEポイントは何もいなかった。次に訪れたYKポイントは、叩けば出るのだが、全く降りてこず。次に訪れたUKポイントではミズイロオナガシジミが沸いていた。
d0001300_17395384.jpg
▲ミズイロオナガシジミ 高梁市UK

 狙っていたウラジロミドリシジミ♂の開翅は撮れなかったが、楽しい一日だった。棒を振るのも楽しいのだが、やはり、息を殺してシャッターを押す瞬間、そして狙った写真が撮れた瞬間の快感が、この趣味が続いている理由だと改めて思った。




[PR]

by ryochan_ex | 2018-06-09 23:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://ryochanex.exblog.jp/tb/26885940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 高知の at 2018-06-11 21:24 x
先日は、楽しい時間を過ごさせていただきました。
あのヒロオビミドリシジミ、私の撮った写真とはまるっきり色が違いますね。驚きました。
ウラジロミドリシジミは見られなかったし、ぜひまた行きたいと思います。再会しましょう。
いろいろありがとうございました。
Commented by ryochan_ex at 2018-06-12 11:14
高知の さん

コメントありがとうございます。
ミドリシジミの類は写す角度や光線の違いによってまるきり違う色や輝きになります。同じ個体を撮っても人によりまるきり違う写真になるのが面白いですね。
またどこかでお会いしたときはよろしくお願いします。


<< ゼフを探してプラプラ2018-3      ゼフを探してプラプラ2018-1 >>