2001年 01月 24日
パソコン回顧録  NEC・PC9801
第三章  <MS-DOSの時代>

Ⅰ.NEC・PC9801

 1982年12月、NECからCPUに16bitのμPD8086(Intel8086コンパチ)を使用したパソコン、PC9801が発売されました。Ryochanはこの時期、PC8001で楽しんでいましたし、2台目のパソコンは先にも書いたとおりPC8801mkⅡSRですからPC9801は当然ですが購入していません。しかし、PC9801シリーズは日本のパソコンの歴史に大きな足跡を残した製品です。パソコンの歴史を語る時、NEC・PC9801のことを書かないわけにはいきません。そんな訳ですから、受け売りになるかもしれませんが、PC9801のことを書きます。

 PC9801(右の写真)はNECがビジネス市場をターゲットに開発したパソコンです。当時のNECの販売戦略は個人市場はPC8001を主体とする8bit機、ビジネス市場は16bitのPC9801というものでした。PC9801の初期モデルは当時、一般的であったROM・BASICでの使用が前提となっていましたが、フロッピーディスクインターフェイスを標準で装備するなど、ディスクでの使用も視野に入れた設計になっていました。
d0001300_2154410.jpg

 実は日本で最初の16bitパソコンは三菱電機が1981年に発売したMulti16です。初代PC9801は前述のようにMS-DOSではなくROM-BASICでの使用が標準となっていましたから、PC9801の発売を境にしてMS-DOSの時代が始まったという訳ではないのですが、パソコン発展の歴史を振り返ってみると、やはりPC9801の発売が日本におけるMS-DOSの時代の始まりであったと思います。

PC9801 スペック表
CPU NEC製μPD8086(Intel8086コンパチ、16bit)
クロック 不明
ROM 96KB(漢字ROMはオプション40,000円)
RAM メイン128KB、グラフィッ96KB
グラフィック 640×400、8色
音源 なし
高解像ディスプレー 14インチ(別売 215,000円)
フロッピーディスク 8インチ(388,000円)及び5インチ接続可(オプション)
ハードディスク 10MB(オプション)2台接続可
使用言語・OS N88・BASIC(86)、MS-DOS(オプション)
価格 298,000円(本体のみ)

 PC9801シリーズはこの後、さまざまなモデルが発売され、日本のパソコン市場を席巻するまでに成長しました。まさに1強多弱、NECの独占市場でした。PC9801シリーズがこれほどまでに支持を得た理由は何なのか? このことに関しては様々な理由があると思いますが、最大の理由は、優れたソフトの多くがPC9801シリーズでしか使用できなかったことであるとRyochanは思います。当時のパソコンはメーカー間のソフトの互換性は全くありませんでした。PC9801シリーズ用のソフトは他メーカーのパソコンでは作動しませんでした。
[PR]

by ryochan_ex | 2001-01-24 23:48 | パソコン回顧録 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ryochanex.exblog.jp/tb/20698493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< パソコン回顧録  PC8801...      パソコン回顧録  IBM5550 >>