2005年 03月 21日
初蝶ゲット
 朝からポカポカ陽気。妻が風邪で体調不良のため一人で墓参りに行く。家族の健康と蝶が撮れますようにお願いする(笑)。飽きもせず近くのポイントへ。ポイントに着くと、いきなり目の前を黄色い蝶が通り過ぎる。ご先祖様のおかげか三顧の礼か?
 一瞬、キチョウかと思うが、少し違うようだ。目で追いつづけるのだが、なかなかとまらない。やっととまったところでモンキチョウと判明。去年は一度しかお目にかかれなかった蝶である。近づけなくてイマイチの写真であるが、とにかく今年の初蝶ゲットである。
d0001300_17334487.jpg

 その後、昨日までが嘘のようにキタテハ、ルリタテハ、ツマキチョウらしき蝶(モンキチョウの♀かも)まで現われる。これならと別のポイントに行くとモンシロチョウにテングチョウ、アカタテハらしき蝶。どうも昨日までの作戦が間違っていたようである。これだけ蝶を確認しながら菜の花で吸蜜している蝶はゼロ。
 何はともあれ久しぶりの満足感を感じた一日でした。2005年のモンシロチョウ初見日は3月21日です。
d0001300_205545.jpg

[PR]

# by ryochan_ex | 2005-03-21 17:35 | | Trackback | Comments(6)
2005年 03月 20日
桜?
 ネットで岡山県でのモンシロチョウ初見日を調べる。岡山県は平年値(過去30年間の平均値)が3月22日だそうである。今年は桜の開花予想日は平年よりも少し遅いとのことなので蝶も少し遅いのかもしれない。などと思いながらも暇なので下見も兼ねて近場のポイント探しに出掛ける。
 車を走らせながら、それらしい場所を物色していると山際に段々畑が続くよさそうなポイントを見つける。キャベツ畑に菜の花。いい感じてある。車を降りてとりあえず菜の花へ。考えてみると昨日から菜の花を求めて、あちらへこちらへ。自分が蝶になったような気がしてくる(笑)。で、やっぱり蝶はいない。ふと見ると梅ではなさそうな花。
d0001300_17112750.jpg

どうも桜くさい。他に撮るものもないので撮る。うーん。私が見る限り桜である。植物に詳しい方鑑定をお願いします。
[PR]

# by ryochan_ex | 2005-03-20 17:27 | | Trackback | Comments(2)
2005年 03月 19日
蝶を探して
 朝からぽかぽか陽気。これならいけるだろうと、かねてから予定していた近くのポイントへ出かけることにする。車を走らせながら蝶を探す。いない。ポイントへつくと菜の花がいっぱい咲いている。ムム、いけそうである。とりあえず菜の花を撮る。ミツバチが蜜を吸っている。ゲット。
d0001300_15351374.jpg

 期待に胸を膨らませて畑道を歩く。春の雰囲気いっぱいである。が、いない。雰囲気はいかにもなんだが、いない。小一時間探したがいない。まだ早いのか? 久しぶりに歩いたので大して歩いていないのだが、少し足に来た。あきらめて帰途につく。
 車に乗ると暑い。この気温でいないはずはないと、第二ポイントへ。途中、少しいやな予感を感じつつ初めての道へハンドルを切る。だんだん道が細くなり坂も急になる。ギブアップ。なんとか切り返し出来そうな場所を見つけバック。ん?少し下った所でキキっと変な音がする。なななんとギアがRのまま。オートマ車ってギアがバックでも前に進むんですね。初めて知りました。
 結局第二ポイントでにも蝶はいず。途中、農作業のおばさんと挨拶をして岐路につきました。また来週だな。
[PR]

# by ryochan_ex | 2005-03-19 14:57 | | Trackback | Comments(2)
2005年 03月 12日
ペンタックス*istDs
 ブログなるものを始めることにしました。そもそもブログという言葉の意味も知らないのですが、ネットに限れば流行に乗りやすいRyochanなので、とりあえず流行に乗ってみることにしました。
d0001300_13155458.jpg

 ペンタックス*istDsを買いました。目的はきれいな蝶の写真を撮るため(当然)。ニコンD70にかなり傾いていましたが、ファインダー倍率と、モニター画素数の多さと拡大倍率の大きさが決め手になり、ペンタックス*istDsにました。レンズは迷うことなくタムロンのA061(28-300㎜)にしました。
 結論としては、画質(解像度)に関しては多少・・・でしたが、使い勝手は大変良いカメラとレンズです。一眼レフ独特のシャッター音を聞くと、「撮った(捕った?)」って実感がします(笑)。今年はこのカメラで撮りまくろうと思います。そんな訳で蝶主体の日記になる予定です。
[PR]

# by ryochan_ex | 2005-03-12 10:17 | その他 | Trackback | Comments(5)
2005年 01月 01日
種松山蝶図鑑
Ryochanが種松山(岡山県倉敷市)で撮影した蝶の一覧

種松山全体:58種
アゲハチョウ科:8種 シロチョウ科:6種 シジミチョウ科:15種 タテハチョウ科:23種 セセリチョウ科:6種

【アゲハチョウ科 8種】
d0001300_11514395.jpgジャコウアゲハ
撮影日  :2008年4月20日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では局所的に生息している。Ryochanが確認しているのは2か所のみ。発生場所では数頭が群れて飛んでいることもある。種松山では希少種。

d0001300_2371063.jpgアオスジアゲハ
撮影日  :2010年5月5日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。ちょこまかちょこまか高速で飛ぶが、訪花性が強いので訪花中を狙うと撮りやすい。

d0001300_17194059.jpgキアゲハ
撮影日  :2005年4月23日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが、次種アゲハと比べると生息数は少ない。アゲハとの区別は色よりも前翅付け根の模様の違いを見るのが確実。

d0001300_172010100.jpgアゲハ
撮影日  :2005年6月25日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。

d0001300_2136030.jpgモンキアゲハ
撮影日  :2008年6月14日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが、数は他のアゲハ類に比べると少ない。

d0001300_21222092.jpgクロアゲハ
撮影日  :2010年5月5日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。

d0001300_842559.jpgナガサキアゲハ
撮影日  :2009年8月16日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。ミカン畑が多いという種松山の特徴を反映してか、数が多い。

d0001300_12552145.jpgカラスアゲハ
撮影日  :2010年6月6日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に生息しているが、数は少ない。種松山では希少種。


【シロチョウ科 6種】
d0001300_1012730.jpgキタキチョウ
撮影日  :2005年6月12日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。種松山の山の中で見られる黄色い蝶は多くは本種。

d0001300_10286.jpgツマグロキチョウ
撮影日  :2009年2月14日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では局地的に生息している。Ryochanが確認しているのは1ヵ所のみ。他の場所で見かけることもあるが、まれ。種松山では希少種。

d0001300_11385448.jpgモンキチョウ
撮影日  :2010年2月28日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが、草原環境を好む蝶なので、草原環境の少ない種松山では比較的数は少ない。春一番に現れる蝶の一種。

d0001300_22443889.jpgモンシロチョウ
撮影日  :2010年2月28日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では全域に普通に生息している。数も多い。春一番に現れる蝶の一種。

d0001300_9203129.jpgツマキチョウ
撮影日  :2013年4月19日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが、数は多くはない。モンシロチョウと混同される場合が多い。年一回、春にだけ現れるスプリングエフェメラルといわれる蝶の一種。

d0001300_15424686.jpgスジグロシロチョウ
撮影日  :2005年4月23日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では全域に普通に生息している。数も多い。モンシロチョウと混同されることが多い。春に現れる個体(春型)は黒い筋が明瞭で美しい。


【シジミチョウ科 15種】
d0001300_15254836.jpgムラサキシジミ
撮影日  :2010年3月14日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが、数は多くはない。特に珍しい蝶ではないが、ここに行けば出会えるという場所をRyochanは知らない。偶然出会う蝶。

d0001300_15261421.jpgアカシジミ
撮影日  :2013年5月25日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。6月の夕方、高い木の梢上を何匹もの本種が飛ぶ姿を見るとゼフィルスのシーズンが来たなと胸が高鳴る。

d0001300_21265269.jpgウラミスジシジミ
撮影日  :2006年6月11日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山での確認記録は本記録を含め過去2例のみ。Ryochanもこの1例以来1度も確認できていない。種松山では超希少種。

d0001300_21273652.jpgミズイロオナガシジミ
撮影日  :2013年5月31日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。5月末から6月上旬の早朝ににクヌギやコナラの林を歩くと下草に降りていることが多い。

d0001300_17112220.jpgミドリシジミ
撮影日  :2013年6月6日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では局地的に生息している。生息地での数は多い。6月の早朝にハンノキ林を歩くと下草に降りていることがある。

d0001300_17115925.jpgトラフシジミ
撮影日  :2006年4月23日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では希少種。Ryochanも数回しか確認していない。他の情報も含めて判断すると数は少ないが、種松山全域に生息しているようだ。

d0001300_17535526.jpgコツバメ
撮影日  :2005年5月7日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが、数は多くない。年一回、春にだけ現れるスプリングエフェメラルといわれる蝶の一種。小さく、地味で、高速飛翔するので見つけ難い。

d0001300_17542257.jpgベニシジミ
撮影日  :2011年4月2日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。春型は紅色が鮮やかだが、夏型は焼け出されたように黒い。

d0001300_1843471.jpgゴイシシジミ
撮影日  :2005年9月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが、数は多くない。種松山では希少種。木陰のササが生い茂っているところにいることが多い。

d0001300_18432877.jpgウラナミシジミ
撮影日  :2005年10月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。秋になると見かけるようになる。本種を見ると秋が来たなと思う。ナイーブに加えて高速飛翔するので撮影しにくい。

d0001300_20523232.jpgヤマトシジミ
撮影日  :2005年10月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。どこにでもいるが、耕作地周辺の背の低い草原でよく見かける。

d0001300_12262062.jpgルリシジミ
撮影日  :2010年6月6日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。ヤマトしじみより一回り大きいので慣れると見分けは容易。♂の表翅のルリ色は本当に美しい。

d0001300_2292964.jpgツバメシジミ
撮影日  :2013年3月22日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。翅裏の紅班で他種との識別は容易。♂の翅表の深い紫色は本当に美しい。

d0001300_2210323.jpgウラギンシジミ
撮影日  :2010年9月20日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。名前のとおり翅裏の銀白色が特徴。梢上を飛ぶ本種を見ると翅裏が輝いて見える。

d0001300_2234531.jpgクロマダラソテツシジミ
撮影日  :2008年10月4日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 偶産種。岡山県には生息していない。この個体は関西で放蝶された個体由来と思われる。この年以前にも以後にも岡山県での確認例はない。


【タテハチョウ科 23種】
d0001300_9491573.jpgテングチョウ
撮影日  :2005年11月27日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。初夏の羽化時期に10頭以上の個体が群れているのをよく見かける。

d0001300_9494168.jpgアサギマダラ
撮影日  :2011年10月1日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 渡りをする蝶として有名である。種松山では主に秋に南下中の個体が観察される。種松山での主要な吸蜜植物はフジバカマ。

d0001300_21573671.jpgミドリヒョウモン
撮影日  :2013年10月1日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では希少種。情報が少なく分布はよく分からないが、比較的広い範囲に生息しているようだ。

d0001300_15432255.jpgツマグロヒョウモン
撮影日  :2005年4月24日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。ヒョウモン類の共通した特徴として草原を好む。♀は名前のとおり前翅先端が黒い。

d0001300_1391027.jpgイチモンジチョウ
撮影日  :2010年6月6日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では希少種。これまで数例しか確認していないため、分布状況はよく分からない。

d0001300_1393515.jpgアサマイチモンジ
撮影日  :2009年8月13日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では希少種。前種同様これまで数例しか確認していないため、分布状況はよく分からない。

d0001300_22524753.jpgコミスジ
撮影日  :2005年4月24日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布しているが、数はそんなに多くはない。夏に数を増す。ヒラッ、ヒラッっと滑空する独特の飛び方をする。

d0001300_11162694.jpgホシミスジ
撮影日  :2005年5月29日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布しているが、数は少ない。ヒラッ、ヒラッっと滑空する独特の飛び方をする。前翅表の前縁の模様の違いでコミスジとの識別は容易。

d0001300_22383035.jpgキタテハ
撮影日  :2005年5月29日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。成虫で越冬する。真冬でも小春日和の時は見かけることがある。

d0001300_2238573.jpgヒオドシチョウ
撮影日  :2006年6月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布しているが、数は少ない。成虫で越冬する。羽化直後の個体は本当に鮮やかだ。

d0001300_11571567.jpgルリタテハ
撮影日  :2004年10月3日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが数は多くはない。珍しいというほどではないが、偶然出会う蝶。

d0001300_11575024.jpgアカタテハ
撮影日  :2006年2月25日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが数は少ない。種松山では希少種。不思議と早春に越冬個体と出会うことが多い。

d0001300_2047358.jpgヒメアカタテハ
撮影日  :2009年12月5日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。成虫で越冬する。早春に越冬明けの個体が飛んでいるのを見ると、また春が来たなと思う。

d0001300_15571880.jpgイシガケチョウ
撮影日  :2005年4月3日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが数は少ない。種松山では希少種。

d0001300_15574251.jpgゴマダラチョウ
撮影日  :2008年6月8日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に分布しているが数は多くはない。珍しい蝶ではないが、梢の上を飛んでいることが多く目にすることは少ない。樹液によく集まる。

d0001300_2223681.jpgヒメウラナミジャノメ
撮影日  :2010年5月5日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。山に入るとどこにでもいるが、市街地や公園で見るとこは少ない。

d0001300_223944.jpgジャノメチョウ
撮影日  :2006年7月8日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。草原環境を好む蝶なので、草原環境の少ない種松山ではそんなに多くはない。

d0001300_10422491.jpgヒカゲチョウ
撮影日  :2005年9月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息している。数も多い。名前のとおり木陰で見かけることが多い。

d0001300_10425421.jpgクロヒカゲ
撮影日  :2009年5月4日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。ジャノメチョウの仲間の中で最も暗いところを好む。昼なお暗い林内にいることも少なくない。

d0001300_10264837.jpgサトキマダラヒカゲ
撮影日  :2009年8月16日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。樹液に好んで集まる。

d0001300_10273556.jpgヒメジャノメ
撮影日  :2005年9月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが数は多くはない。開けた比較的明るい環境を好む。

d0001300_1028039.jpgコジャノメ
撮影日  :2009年5月4日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。前種ヒメジャノメに似るが、本種は少し暗い林間に多い。

d0001300_1537965.jpgクロコノマチョウ
撮影日  :2007年4月14日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが数は多くはない。林間の暗い環境を好む。


【セセリチョウ科 6種】
d0001300_15373645.jpgミヤマセセリ
撮影日  :2006年4月9日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では局地的に分布している。Ryochanが確認しているのは1ヵ所のみ。春にだけ現れるスプリングエフェメラルと呼ばれる蝶の一種。

d0001300_153823.jpgコチャバネセセリ
撮影日  :2005年5月2日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。高速でちょこまか動く。

d0001300_1845226.jpgキマダラセセリ
撮影日  :2005年9月10日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に生息しているが数は多くはない。種松山に生息する唯一の黄系のセセリ。

d0001300_18453519.jpgチャバネセセリ
撮影日  :2006年8月20日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山では全域に普通に生息している。数も多い。

d0001300_184611.jpgオオチャバネセセリ
撮影日  :2006年6月24日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布しているが、数は多くはない。セセリチョウはどの種もよく似ているが、Ryochanは本種が一番美しいと思う。

d0001300_1953888.jpgイチモンジセセリ
撮影日  :2007年9月2日
撮影場所:岡山県倉敷市種松山

 種松山全域に普通に分布している。数も多い。前種オオチャバネセセリとよく似ているが、後翅裏面の斑紋の並び方の違いで容易に判別できる。

[PR]

# by ryochan_ex | 2005-01-01 00:01 | 種松山蝶図鑑 | Comments(2)