2017年 06月 06日
ミドリシジミを堪能
 そろそろミドリシジミのシーズンなのだが、今年は1週間くらい遅れている感じである。加えてどこに行っても蝶が少なく、不作というより凶作という感じである。そんな訳で出撃時期を逡巡していたのだが、地元系ブログでは総社方面でミドリシジミが発生しているとのこと。昨日夕刻に種松山に偵察に出掛けると少ないながら発生していた。やっとシーズン到来。久しぶりに早朝出撃する。

 現地に着いたのは7時少し前。晴天なので既に日差しが強い。ポイント入口で期待を込めて第一撃。反応は無い。いつも降りている草原を見渡すが、降りているようすはない。念のため、追い出しの一撃の後、叩き棒を見ると、すぐ横にミズイロオナガシジミ。よく飛ばなかったものだ。ふと見ると足元にアカシジミ。全く気が付かなかった。慎重に撮影。
d0001300_11424219.jpg
▲アカシジミ 種松山NI
d0001300_11452768.jpg
▲ミズイロオナガシジミ 種松山NI

 探せばもう少しいそうな感じだか、今日のメインターゲットはミドリシジミ、先に進む。メインのポイントに着き、叩くと少ないながらもミドリシジミが飛び出す。時期的には遅くはないと思うのだが、♀が多い。
d0001300_13592071.jpg
▲ミドリシジミ♀ AB型 種松山NI 典型的なAB型。ここではAB型をよく見る。それでもこんなに明瞭な個体は初めて。

 それなりの写真も撮れた。また明日来るかと引き返す。来がけにアカシジミが降りていた草原に目をやるとアカシジミが降りている。慎重に撮影。
d0001300_14101575.jpg
▲アカシジミ

 ここからが圧巻だった。ふと横を見るとミドリシジミが降りている。
d0001300_15432373.jpg
▲ミドリシジミ
d0001300_141241100.jpg
▲ミドリシジミ

 周りを見ると撮影可能範囲に開翅したミドリシジミが3頭、アカシジミ5~6頭が降りている。最初のミドリシジミを写すために草を掻き分けているのだが、飛んでいない。何年か前に一度経験があるが、写せるときはこんなもの。撮影を堪能した。
d0001300_15617100.jpg
▲ミドリシジミ♂ 開く途中だけに見えるこの深緑がたまらない。
d0001300_1513893.jpg
▲ミドリシジミ♂ ミドリシジミの表翅の輝きは見る角度によっても違うが、個体によっても違う。この個体の輝きは他を圧倒していた。パーフェクトと思える一枚。

 まるで桃源郷にいるような時間だった。ミドリシジミは撮りきったなぁと感じる一日だった。蝶の撮影を始めて12年になるが、まだまだ不思議なことがある。叩き棒を持つと、とにかく叩きたくなるのだが、ルッキングの大切さを痛感した。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2017-06-06 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 16日
車中泊で行く近畿地方一周の旅 9日目
 車中泊で行く近畿地方一周の旅、最終日。今日は、道の駅.神話の里しろうさぎ から、佐治天文台>恩原高原と周って帰宅する予定。

 いつものように車内で簡単な朝食を摂って出発。
d0001300_1415441.jpg
▲今回の旅の最後の朝食

 鳥取市というと普段は遠い街なのだが、こうして走っていると、ホーム感というか、自分のテリトリーの中にいるような感覚を覚える。
d0001300_1473956.jpg
▲朝の鳥取市内。

 最初に訪れたのは佐治天文台。一般開放されている日本最大の口径103cmの望遠鏡を備える天文台である。一度来てみたいと思っていた。
d0001300_14171187.jpg
▲佐治天文台
 すごい山の中にあるのだが、思っていた以上に整備されている。ロケーションも素晴らしく、予想を完全に超えている。
d0001300_14172250.jpg
▲佐治天文台
 あいにく休館日だったので見学は出来なかった。日を改めて来たいと思った。

 岡山県の標識を見ると「帰ったなぁ」という思いが沸いて来る。
d0001300_14245959.jpg
▲県境の辰巳峠

d0001300_1434149.jpg 辰巳峠を越えると恩原高原。この時期、恩原高原というとスギタニルリシジミ。蝶の撮影を始めて12年になるが、いまだに撮影できていない蝶である。昨年から目星をつけていたポイントへ。

 ポイントに着いて、歩いていたら、フキノトウが生えている。まだあるかと思い、写真を撮ろうとカメラを構えていたら、目の前に1匹の蝶がとまった。見た瞬間分かった。スギタニルリシジミだ。慎重に撮影。数枚撮ったところで飛ばれてしまったが、久しぶりの感動。
d0001300_14421514.jpg
▲スギタニルリシジミ 岡山県RDB準絶滅危惧種
 この後、ボロばかりではあるが数匹確認。来年が楽しみだ。今回の旅を締めくくるにふさわしい、ビックなお土産となった。

 あとは帰るだけ。恩原高原には何度も来ている。車窓の風景が懐かしい。
d0001300_14494718.jpg
▲道の駅.久米南
 この道を通るときは、行きも帰りもよく寄る。

 昼過ぎに、無事到着。近くの行きつけのガソリンスタンドでガソリンを満タンにして洗車した。
d0001300_14541453.jpg
▲いきつけのガソリンスタンド

 今回の旅の総走行距離は1799km。無事故無違反で完走。あちらこちらの神仏にお願いしたおかげかな。
 今回の旅は感動することが多かった。良い旅だった。シャトルでの車中泊の旅は初めてだが、運転も、生活も、就寝も快適だった。いい車を買ったと思う。

 今回の旅をとおして心に残ったことは、「ゆったりと」ということかな。急がなくてもいい、決められた時間、約束の時間なんてないんだから、ゆったりといこう。

【今回の旅の全行程図】
d0001300_181286.jpg

.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2017-05-16 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 15日
車中泊で行く近畿地方一周の旅 8日目
 朝の空気が清々しい。今日は、道の駅.舞鶴港>天の橋立>舟屋の.伊根>コインランドリー(洗濯)>鳥取ぽかぽか温泉>道の駅.神話の里.白うさぎ(車中泊)の予定。

d0001300_23194059.jpg いつものように、めざましテレビを観ながら、簡単な朝食を摂って出発。

 今日の最初の目的地は、天の橋立。

 ナビに従って着いた所はJR天橋立駅。どうも様子が違う。駅の隅に交番があったので「あのーっ、天橋立にはどう行けば・・・?」。「ここから歩いていくのは遠いなぁ、10kmくらいあるかなぁ」。「えーっ」。歩いて行く気はないので、10kmはいいのだが、さっき払った観光駐車場の700円が悔しい。

 で、着いた所がここ。車で展望台まで行けると思っていた。
d0001300_23212283.jpg
▲天の橋立の展望台に登るケーブルカーの駅

 ケーブルの乗車券を買うとき、お姉さんが、行きはケーブル、帰りはリフトが良いですよと教えてくれた。
d0001300_233756.jpg
▲天橋立.展望台からの眺め
 あまり期待していなかったのだが、程よく整備されていて、それなりにレトロ感があり、なかなかいい所だ。

 帰りはお勧めに従ってリフトで降りたのだが、結構怖かった。
d0001300_2340778.jpg
▲天橋立のリフト


 次に訪れたのは舟屋で有名な伊根。撮影ポイント満載と思い、一眼レフを持ちだしたのだが、よくある漁港の街並みが続くだけ。
d0001300_9223521.jpg
▲伊根の家並
 よく見る舟屋の風景は、この建物の裏。観光船で見ないと見えない。

 結局、それらしい写真が撮れるのは駐車場からだけ。
d0001300_926281.jpg
▲伊根の舟屋 駐車場から見える風景
 観光船から作品になる写真が撮れるとも思えないし、駐車場から撮っても、どこかで見たような定番の写真になるだけ。かなりがっかり。むむむ・・・っ。

 次に訪れたのは豊岡市のコインランドリー。持ってきた着替えがなくなったので洗濯。
d0001300_936469.jpg
▲豊岡市のコインランドリー
 洗っている間に、車の中でコンビニで買ったお弁当を食べた。

 今日のお風呂は、鳥取ぽかぽか温泉。伊根から鳥取まで、ほとんどずっと日本海が見えると思っていたのだが、見えたのは少しだけだった。
d0001300_9462185.jpg
▲鳥取ぽかぽか温泉
 人工だそうだが、炭酸湯が良かった。

 宿泊は、道の駅.神話の里しろうさぎ。
d0001300_950050.jpg
▲道の駅.神話の里しろうさぎ
 道の駅の前に広がる白兎海岸の風紋が綺麗だった。

d0001300_956034.jpg 夕食は道の駅の2階のレストランでいただいた。窓から見える、暮れなずむ日本海が綺麗だった。

 旅に出たら食事はその土地の名物をと言う人も少なくないのだが、私はいつもこんな感じ。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2017-05-15 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 14日
車中泊で行く近畿地方一周の旅 7日目
 朝起きると降っていた雨は上がり、快晴。今日は、道の駅アグリの里栗東>JR大津駅>JR京都駅>東本願寺>たかお温泉.光の湯(お風呂)>道の駅.舞鶴港と周る予定。

d0001300_1541210.jpg いつものように簡単に朝食を摂って出発。

 最初に訪れたのはJR大津駅。
d0001300_1562899.jpg
▲JR大津駅
 こじんまりとした駅だ。大津駅とは言うが津駅より小さい。これまでに見たJ県庁所在地のJR駅では、JR鹿児島駅、JR山口駅についで3番目かな。

 次に訪れたのはJR京都駅。大きな駅だ。これまでにJR京都駅を写した素晴らしい写真を何枚も見ている。確かに写しどころがたくさんありそうだ。
d0001300_15175363.jpg
▲JR京都駅
d0001300_15182133.jpg
▲JR京都駅

 次に訪れたのは東本願寺。小学校の修学旅行以来。我が家は浄土真宗大谷派なので総本山。
d0001300_20354321.jpg
▲東本願寺 御影堂
 圧倒的な威圧感がある。つい最近、屋根の吹き替えをしたばかりというのは分かるのだが、それにしても綺麗。築10年でも通る感じ。家内安全と、この旅が楽しい旅になりますようにお願いした。

d0001300_20391299.jpg 外に出ると修学旅行の団体さんが、あちらこちらにいる。今でも修学旅行の定番のようだ。

 舞鶴までの道すがら、休憩に寄った、琵琶湖の今津浜水泳場がいい感じだった。
d0001300_20434539.jpg
▲琵琶湖.今津浜水泳場
 こんな所でのんびりとテーブルを出してBBQでもしながら、車中泊したいと思った。

 今日のお風呂は舞鶴市の、たかお温泉.光の湯
d0001300_20522316.jpg
▲たかお温泉.光の湯 夕食もここのレストランでいただいた。

 宿泊は、道の駅.舞鶴港
d0001300_20550100.jpg
▲道の駅.舞鶴港 車中泊用の目隠しをすると、こんな感じ。

 車中泊が完全に自然体になった。寝つきもいいし、目覚めもいい。良い車だ。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2017-05-14 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 05月 13日
車中泊で行く近畿地方一周の旅 6日目
 朝起きると雨が降っている。今日は、道の駅.柳津>JR岐阜駅>関ケ原古戦場>近江八幡堀>守山天然温泉ほたるの湯(お風呂)>道の駅.アグリの里栗東(車中泊)と周る予定。

d0001300_1013371.jpg いつものように簡単に車内で朝食を済ませて出発。最初の目的地はJR岐阜駅。

d0001300_10263461.jpg
▲JR岐阜駅
 思っていたよりも大きい。岐阜というとギフチョウのイメージがあり、田舎と思っていたので意外。
d0001300_10273083.jpg
▲JR岐阜駅
 雨が降っているので駅名の表示を入れて写そうと思うとポジションに苦労する。

 次に訪れたのは関ケ原古戦場。あの関ケ原の合戦が行われた場所だ。
d0001300_10341810.jpg
▲関ケ原の合戦の決戦の地
d0001300_10343434.jpg
▲関ケ原の合戦が行われた場所
 えっ、ここ?と思う場所。東西両軍合わせて20万人近い人間が合戦を繰り広げた場所なので、見渡す限りの広い草原をイメージしていたのだが、山間のちょっとした平地である。道路正面の旗が立っているところが上の写真の決戦地である。周りには石田三成陣跡(写真左の旗が立っている場所)や徳川家康陣跡などがあるので本当にここが関ケ原の戦が行われた場所のようだ。むむむ・・・。

 次の目的地の近江八幡堀に向っていたら、道路脇に「安土城址」の看板。これも「えっ」という場所。
d0001300_10495787.jpg
▲安土城址前
 田園風景が広がる、どこにでもある田舎。安土城といえば残っていれば姫路城、大阪城をしのぐ大きさの城というイメージを持っていたので意外。

 ただただ普通の田舎だが、走っていると近江だとか、長浜だとか歴史に登場する地名がそこかしことある。この辺りが日本の歴史をつくったひとつの場所だと思うと、それなりに感慨深い。

 次に訪れたのは近江八幡堀。
d0001300_110304.jpg
▲近江八幡堀
 ミニ倉敷といった雰囲気の所だった。有料駐車場に停めたのだが、歩いていたら無料駐車場があったのは、少し悔しかった。いい時間だったのでここで昼食を食べた。

 本日のお風呂は予定どおり、守山天然温泉ほたるの湯。
d0001300_1154697.jpg
▲守山天然温泉ほたるの湯

 宿泊も予定どおり、道の駅アグリの里栗東。
d0001300_1114686.jpg
▲道の駅アグリの里栗東
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2017-05-13 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)