2016年 11月 14日
車中泊で行く九州一周の旅 8日目
 6時前に目が覚めた。まだ暗い。曇り空。小雨が降ったりやんだり。いつものようにコーヒーを沸かして簡単な朝食をとる。

 今日の予定は、道の駅.阿蘇 を出発して、吉野ケ里遺跡、JR佐賀駅と周る予定。お風呂は長崎の稲佐山温泉ホテルアマンディー、宿泊は長崎水辺の森公園の予定。

 最初に訪れたのは佐賀県にある吉野ケ里遺跡。ここも楽しみにしていたところ。雨が降ったりやんだりの天気。携帯傘を持って車から降りる。
d0001300_1085783.jpg
▲吉野ケ里遺跡公園 入口ゲート

 広いのは知っていたが、思っていた以上に広く、思っていた以上に整備されている。岡山も吉備路があり、古墳や遺跡の多い所だが、こんなに綺麗に整備されているところはない。
d0001300_9473246.jpg
▲吉野ケ里遺跡公園

 一応、順路の標識はあるのだが、広過ぎて全体像が見渡せない。係の人に聞いたら一通り回るのに2時間くらいかかるとのこと。100棟を超える住居が復元されている。どれも適当ではなく、発掘された位置に正確に建てられているとか。それにしても広い。
d0001300_9474234.jpg
▲吉野ケ里遺跡公園で最も大きな遺跡建造物 当時の祭祀を司る館とか。

d0001300_9475411.jpg 中に入ると部族の長が寄り合をしているところや、祭祀をしているところが再現されている。妙にリアル。説明の人が、泣きだす子供がいると言っていたが、わかる気がする。

 説明の人に「この奥にある古墳群は回られましたか?」と聞かれたのだが、「次があるので・・・」と辞退した。Ryochanのペースだと全部回ると2時間じゃ無理だな。

 次に訪れたのはJR佐賀駅。県庁所在地の駅としては少し小さめかな。駅前の街並みも。
d0001300_948299.jpg
▲JR佐賀駅

 誰かの歌にもあるが、佐賀って本当にマイナーな県だと思う。いつだったか「岡山県って確か日本海に面していいるんですよね」と言われたこともあるが・・・。

d0001300_9481428.jpg
▲JR佐賀駅 構内

d0001300_9483248.jpg 長崎に着く頃は暗くなっていた。長崎市内に入ったあたりで雨が本降りになってきた。

 目的地の稲佐山温泉ホテルアマンディまでナビの指示に従ってハンドルを切るのだが、初めての街、雨の夜、入り組んだ急な坂道、もう最悪。旅を始めて初めてカーステレオを切って、前のめりで運転した。

 稲佐山温泉ホテルアマンディは急な坂の途中にあった。駐車場が地下3,4階とか。
d0001300_11164642.jpg
▲稲佐山温泉ホテルアマンディ
 観光地によくある典型的なホテル。お風呂セットを持ってロビーを歩いていると、どこか不釣り合いな感じがするような雰囲気だった。ホテルを後にするとき、ホテルの前で見た長崎の夜景がとんでもなく綺麗だった。

 あまりに雨が激しいので、貧乏旅の定番のネットカフェでも体験してみるかとネット検索したら会員になっている快活クラブ長崎店が近くにある。ナビにセットして走っていたら車窓から見える夜景がものすごく綺麗。ナビを見たら宿泊予定にしていた長崎水辺の森公園。車を道路脇に停めて夜景を見ていたら雨が小降りになってきた。予定変更で予定通り長崎水辺の森公園の駐車場で車中泊することにした。
d0001300_11422971.jpg
▲長崎水辺の森公園
 道の駅以外での車中泊は初めて。少しドキドキ、少しワクワク。車中泊のベテランになるには越えなければならない経験。?。

 車を車中泊モードにセットしていたら雨は上がった。カメラを持って夜の散策。これが車中泊の楽しみの一つ。とにかく夜景が綺麗でお洒落。カップルとジョギングする人が多い。
d0001300_11424679.jpg
▲長崎水辺の森公園 停泊している「巡視船でじま」 でかい。
d0001300_11425545.jpg
▲出島ワーフに停泊している帆船 綺麗。

 長崎水辺の森公園は出島ワーフと繋がっている。時間はたっぷりある。出島ワーフまで散策。ひと言でいうとお洒落。少しけだるめのジャズの流れるオープンカフェで語らうカップルは絵になった。

 本日の走行距離は231km。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2016-11-14 23:59 | 車中泊 | Trackback | Comments(1)
2016年 11月 13日
車中泊で行く九州一周の旅 7日目
d0001300_1852552.jpg 車中泊の旅も7日目。四国一周の旅が5泊6日だったので7日目は初めての経験。さすがに少し疲れ気味かな。いつものように車の中でコーヒーを沸かして軽く朝食。

 今日は 道の駅 黑之瀬戸だんだん市場 を出発し、JR熊本駅、阿蘇山の草千里と周る予定。お風呂は阿蘇の司ビラパークホテル、宿泊は道の駅.阿蘇の予定。

 最初に訪れたのはJR熊本駅。歴史を感じる駅舎だ。
d0001300_18521660.jpg
▲JR熊本駅
d0001300_18522426.jpg
▲JR熊本駅 構内
 いい時間だったのでエキナカの喫茶店で昼食を食べた。クマモンが至る所にいた。

d0001300_18523857.jpg 次に訪れたのは阿蘇山。事前のネット調べで草千里までは行けるとのことだったので、草千里を目指す。至る所に迂回路の標識がある。とりあえずナビの指示する道を行くも、やはり通行止め。

 戻って標識に従って迂回路を行くのだが、標識に従っていると阿蘇山の周りを周っているだけ。らちがあかないので、ナビに従うと通行止め。この繰り返しを1時間くらいして、さすがにギブアップ。降灰はないのだが、先の地震で道路や橋が崩れているところだらけ。
d0001300_1912686.jpg
▲通行止め こんなんばっかり。

 あきらめて少し早いが宿泊予定の 道の駅.阿蘇山に。売店を散策していたら「草千里までは行けます。詳細はお尋ねください」との貼り紙。観光案内所で「あのーっ、貼り紙に・・・」と尋ねると地図に一本だけ通じているというルートをサインペンで書いて教えてくれた。17時までは通行可とのことで急いで教えてくれた道を通って草千里へ。

 草千里へ着くと、思った以上の人出。観光バスも来ている。ま、観光バスの運転士は知ってるわな。
d0001300_18524829.jpg
▲阿蘇山.草千里駐車場
 「来て良かったー」、思わず声が出るほどの雄大な眺め。
d0001300_18525638.jpg
▲阿蘇山.草千里の駐車場から眺める景色
 後でわかったのだが、ルートが1本しかないので週末なんかは大渋滞のようだ。そういえば途中に仮設トイレが至る所にあったが、そういうことだったのね。

d0001300_18531444.jpg お風呂は阿蘇の司ビラパークホテル。いかにもリゾートホテルという感じの接客だった。

 宿泊は 道の駅.阿蘇。
d0001300_1853232.jpg
▲道の駅.阿蘇
 それにしても車中泊の車の多い所だ。キャンピングカーだけで5,6台ある。キャンピングカーの人たちはミニ交流会を開いているようだ。

 本日の走行距離は234km。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2016-11-13 23:59 | 車中泊 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 12日
車中泊で行く九州一周の旅 6日目
d0001300_1240452.jpg 朝起きると隣のホンダ.シャトルの人は車に付いた朝露を拭いて出発準備をしていた。

 いつものようにコーヒーを沸かして簡単な朝食をとる。昨日から車内で焼くのはやめて、コンビニで買ったミックスサンドにしているのだが、これが美味しい。なにより、めんどくさくないし、においもこもらないし。

 駐車場から見る桜島が朝日を浴びで綺麗だ。一度は桜島を見てみたいと思っていたので感慨深いものがある。
d0001300_12402293.jpg
▲道の駅たるみず の駐車場から見る桜島 今度は本物。

 今日は 道の駅たるみず を出発し、JR鹿児島駅、天文館通り、知覧特攻平和館と周る予定。お風呂はクアドーム阿久根、宿泊は 道の駅.黑之瀬戸だんだん市場 の予定。

 最初に訪れたのはJR鹿児島駅。ナビが「目的地付近に到着しました・・・」と言うのだが、駅が見当たらない。線路は沢山あるので近くまで来ていることは間違いないと思うのだが・・・。裏口に案内されたかと思い反対側に回ってみても駅はない。

 ナビをセットし直しても同じ場所に案内する。こんなことを何度かしていた時、ふと前を見ると「鹿児島駅」と書かれた小さな建物がある。「えっ、これ?」。iphoneで画像検索をかけるとやはり目の前の建物がJR鹿児島駅のようだ。

 あまりにイメージと違うので前を通っても気がつかなかった。Ryochanが住んでいる街の私鉄の駅と同じくらい。驚いた。
d0001300_12404559.jpg
▲JR鹿児島駅 駅前ロータリーから写す。
d0001300_1404281.jpg
▲JR鹿児島駅 構内

 記念撮影した後、楽しみにしていた「天文館」に行く。駅前にいた地元の人に聞いたら「路面電車のとおりに歩けば20分くらい」とのことで、路面電車に沿って歩く。

 「天文館」は何かの映画で、心の沈んでいる高倉健に小林稔侍が「今夜は天文館にでも行ってパアっとやろうや」と言うシーンがあり、飲み屋街には似つかわしくない名前なので妙に覚えている。いつかは行ってみたいと思っていた。

 写真を撮りながら歩いたので30分くらいかかったが無事到着。普通の商店街。飲み屋街は近くにあるのだと思うのだが、とりあえず「天文館」まで来たのでよしとした。街は駅舎と違い県庁所在地の街としては標準的な大きさの街だった。
d0001300_12405748.jpg
▲天文館 商店街

 次に訪れたのは、これも楽しみにしていた 知覧特攻平和館。もう少し山の中にあるのかと思っていたら意外と町の中にあった。
d0001300_12411126.jpg
▲知覧特攻平和館
 館内全面撮影禁止なので館内の写真は無し。展示物が多過ぎて・・・な感じ。紫電改展示館の方が感動したかな。何事も期待し過ぎは良くないってことかな。

 特攻隊員が出撃の前夜を過ごしたという三角兵舎(復元)だけは撮影可だった。
d0001300_12412555.jpg
▲知覧特攻平和館 三角兵舎の内部
 特攻隊員の方を含め、沢山の方々の犠牲の上に今の平和が、そしてこの車中泊の旅があることを胸に刻みたい。ご冥福をお祈りします。

d0001300_12414434.jpg 着替えは1週間分しか持って来ていない。道沿いにコインランドリーはないかとナビで検索したらちょうどいい所にあったので寄った。
 
 コインランドリーを使うのは初めてだったが、意外と簡単だった。下着も上着も、一緒くたに洗ったのだが、どちらも意外と綺麗になっていた。
 
d0001300_12415636.jpg お風呂はクアドーム阿久根。お客さんがいっぱいだった。

 宿泊は予定通り、道の駅.黒之瀬戸だんだん市場。隣で軽のワンボックスで車中泊していた年配の夫婦連れが印象に残っている。淡路島の道の駅でも同じような夫婦連れの車中泊を見た。どちらもどこか影があるように見える。何なんだろう。

 今まで何人か長く車中泊している人を見かけた。どこか汚れた感じが漂っていた。車上生活者と間違われないように、稲垣朝則さんの提唱する「スマート車中泊」を心掛けなければと思う。

 本日の走行距離は214km。
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2016-11-12 23:59 | 車中泊 | Trackback | Comments(4)
2016年 11月 11日
車中泊で行く九州一周の旅 5日目
d0001300_21285943.jpg 朝6時に起床。まだ少し薄暗い。顔を洗ったりして日の出を待つ。6時起床は正解だ。

 これまで何度も車中泊をしたが、海沿いにある道の駅の朝は本当に清々しい。
d0001300_21293776.jpg
▲道の駅フェニックスの前に広がる景色

 今日は 道の駅フェニックスを出発し、鬼の洗濯板、内之浦宇宙観測所、九州(日本本土)最南端の佐多岬Jと周る予定。お風呂と宿泊は「道の駅.たるみず」の予定。

d0001300_2130850.jpg 最初に訪れたのは 名勝.鬼の洗濯板。まだお店は準備中。この道路の先に鬼の洗濯板が広がっている。

 宮崎の名勝というと鬼の洗濯板くらいしか知らない。機会があったら一度は来てみたいと思っていた。
d0001300_21294872.jpg
▲名勝.鬼の洗濯板
 なかなか雄大な眺めだ。こうしてみるとやはり写真は斜光かなと思う。

 次の目的地は内之浦宇宙観測所。走っていたらThe水平線というような景色。やはり水平線は快晴のもとでこそ映える。
d0001300_21311359.jpg
▲日南海岸から佐多岬に行く途中で見た水平線



d0001300_21304543.jpg JAXA内之浦宇宙観測所に到着。とりあえず宇宙科学資料館を見学。お決まりのロケットや人工衛星の模型やレプリカが展示されている。

 門衛所で「すみません、見学したいんですけど」と言うと「この入門証を車のよく見える所に置いて入ってください」と入門証と構内図を渡された。もともとここは東京大学の施設ということもあると思うのだが、ゆるいというか開放的というか。メインの打ち上げ台は打ち上げ準備中ということで立ち入り禁止になっていた。
d0001300_21305639.jpg
▲JAXA内之浦宇宙観測所の衛星追尾用アンテナ でかい。

 次に寄ったのは九州(日本本土)最南端の佐多岬。もう少しで佐多岬展望台という所で道路がゲートで封鎖されている。「うっそー」と思っていたら、係の人が「これより先は工事のため一般車は入れません。マイクロバスでピストン輸送してます」とのこと。指定された場所に車を停めてバスに乗る。客はRyochan一人。

 「最南端の展望台は改修工事のため行けません。少し手前にモニュメントがありますから、そこまでお連れします」とのこと。倉敷から来て、明日は天文館に行くと話すと、「天文館も昔に比べると寂れた。昔は風俗も沢山あって・・・」「おじさんも昔はならしたくちですか?」「いやいや」というような会話をしていたら着いた。

 「ここから少し先にある神社までは歩いて行けます」とのことだったので神社まで5分くらい歩いた。おじさんの粋なはからいかと少しだけ期待していたのだが、その先は絶対に入れないようになっていた。なかなかやるな。
d0001300_213216.jpg
▲九州(日本本土)最南端の碑
 九州(日本本土)最南端。思えば遠くに来たものだ。まさか自分がこんな所に来るとは夢にも思っていなかった。それが今こうしてこの地に立っている。人生何が起こるかわからないものだ。

 次の目的地は「道の駅-たるみず」。休憩で寄った「道の駅-ねじめ」から見る開聞岳が綺麗だ。
d0001300_21314030.jpg
▲道の駅-ねじめ から見る開聞岳 この時は桜島だと思っていた。

d0001300_21331141.jpg 食事も 道の駅-たるみず でする予定だったのだが、レストランは既に閉店していた。

 売店に何か食べるものは置いていないか探したのだが、干物や佃煮のようなお土産ばかり。仕方がないので車の中でこんなこともあるかもわからないと用意していた、なべ焼ききつねうどんを作って食べた。意外と美味しかった。お風呂は入れた。
d0001300_21332018.jpg
▲道の駅 たるみず
 後ろに見える車は全て車中泊。隣のホンダ・シャトルの人と15分くらい話をした。奥の軽四の人は3年くらい車中泊を続けているとか。それにしても我ながらフレンドリーだと思う。

 本日の走行距離は296km。よく走った。
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2016-11-11 23:59 | 車中泊 | Trackback | Comments(2)
2016年 11月 10日
車中泊で行く九州一周の旅 4日目
d0001300_15222493.jpg 朝6時に起床。昼から雨の予報なので少し早く起きたのだが、何だかんだしていると1時間くらいかかる。6時起床、7時出発というパターンがこれからもいいみたいだ。

 今日は 道の駅.よっちみろ屋を出発し、高千穂峡、JR宮崎駅と周る予定。お風呂はホテル青島サンクマール、宿泊は 道の駅.フェニックスの予定。


d0001300_1515256.jpg 最初に訪れたのは高千穂峡。今回の旅で最も楽しみにしていた場所のひとつ。小さな町並みの中にあった。
 
 駐車場は50台がどうかなという広さ。平日だし朝早いので駐車場にはすんなりと停められたが、休日なんかは駐車場待ちの列が出来そう。このあたりも車中泊の旅のメリットかな。

 いつものことだが、下調べしていないのでポイントがよくわからない。駐車場にいた係のおばさんに聞いたら「橋を渡って左側」と教えてくれた。

 橋を渡っていたらお目当ての滝が見える。「えっ、ここから撮るの?」と思いながらも三脚を広げて撮影。写していたら滝が右側にあることに気がついた。? 確かよく見る写真は滝が左側だった気がする。iphoneで確認するとやはり滝は左側。おばさんが言っていたように橋を渡った先にポイントがあるようだ。

 橋を渡って少し歩いていたら、整備された滝見のスポットがあった。
d0001300_15471876.jpg
▲高千穂峡の撮影スポットの滝

 ボートを絡めるのが定番のようなので、ボートを絡めて色々撮るのだが、いまひとつピンと来ない。ボートを外して滝をアップで撮る。
d0001300_15542727.jpg
▲高千穂峡の撮影スポットの滝 タイトル「神の宿る滝」
 うーんRyochan的にはこちらがいいなぁ。来月の例会に両方持って行ってみよう。

 高千穂峡というと上のような滝の写真になるのだが、撮影場所の全景が下の写真。
d0001300_1603570.jpg
▲高千穂峡の滝の撮影スポットの全景
 まさに写真のマジックという感じ。

 撮影していたら倉敷から来られたという夫婦づれに声を掛けられた。聞くと隣の町内。何という偶然。こんなこともあるんだと偶然というものの不思議さを感じた。

 高千穂峡、撮影スポットとしては第一級だと思うが、滝以外に撮影対象がないとしたら、わざわざ倉敷から来る価値があるかどうか、遠いだけに考えてしまう。

 次に訪れたはJR宮崎駅。
d0001300_1612823.jpg
▲JR宮崎駅

d0001300_16251493.jpg 宮崎は電車で行こうと思うと倉敷から丸一日かかる。時間距離では東京よりも遥かに遠い所だ。陸の孤島とか揶揄していた人もいたが、意外と大きな駅舎に大きな街並みだ。


d0001300_16123368.jpg 本日のお風呂は ホテル青島サンクマール。なかなか綺麗なホテルだ。雨だったので残念だったが、主浴は全面ガラス貼りで素晴らしい眺望だった。

泉質も、お湯は透明なのだが、Ryochanが経験した中では最もヌルヌルしていていかにも温泉という感じで良かった。疲れがリセットされた。

 宿泊は 道の駅.フェニックス。
d0001300_16124244.jpg
▲道の駅フェニックス
 到着したときは雨が降っていたのだが、天気予報を見ると11時頃から晴れるとのこと。目覚ましをセットして寝た。

 目覚ましで目が覚めて外に出ると満天の星空。写真を撮りまくった。これは車中泊の楽しみのひとつ。
d0001300_16552723.jpg
▲道の駅フェニックスから見る星空

 本日の走行距離は202km。
.
.
.
.
.
[PR]

# by ryochan_ex | 2016-11-10 23:59 | 車中泊 | Trackback | Comments(2)