<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2016年 05月 13日
中国地方一周車中泊の旅5日目
 中国地方一周車中泊の旅5日目。昨夜は寒くなかった。微妙なものだ。今日はJR広島駅前で写真を撮った後、呉の海上自衛隊呉資料館(愛称:てつのくじら館)に行って潜水艦に乗る予定。その後、特に寄りたいところもないので、一気に家まで帰ることにした。

 まずいつものようにJR広島駅前で写真撮影。やはり広島は大きな街だ。初めてだと原爆ドームとか世界遺産の宮島とか回るとこには事欠かない街だが、ここまで戻ると岡山から日帰り圏内なので、一通り行ったことがある。
d0001300_2242737.jpg
▲JR広島駅 朝早いので人も少ない。
d0001300_23254558.jpg
▲JR広島駅前

 朝食は撮影の後、呉までの道中にあった「すき家」で念願の卵かけご飯を食べた。さすがに広島の街には「すき家」も「吉野家」もあった(笑)。海上自衛隊呉資料館は9時開館なので、先に呉港に停泊している護衛艦を見に行くことにする。

 呉港に着くと、いるいる、いっぱいいる。遠目に見るだけでもテンションが上がる。少し離れた駐車場に車を停めて、今度は一眼レフで撮影する。
d0001300_22422325.jpg
▲おやしお型潜水艦
d0001300_22425272.jpg
▲敷設艦むろと
d0001300_224363.jpg
▲護衛艦あぶくま 護衛艦とね 護衛艦さみだれ

 呉はかっては戦艦大和の母港であり、現在も海上自衛隊の主要な基地である。軍艦がそこらかしこに普通に停泊している。旧海軍工廠や兵学校の碑があったり、今でも町中に戦争の匂いが漂っている。

 呉港の後は、海上自衛隊呉資料館へ向かう。実はここは開館して間もないころ一度来たことがある。本物の潜水艦の内部が見れるということで、もうすごい人で「止まらないでください、止まらないでください」とパンダ見状態で艦内写真撮影禁止だった。その時に平日だったら撮影してもいいとのことだったので、いつか再訪しようと思っていた。
d0001300_22432555.jpg
▲海上自衛隊呉資料館 潜水艦は本物の 潜水艦あきしお 2,250トン

 そんな訳で一般展示物はさらりと流して潜水艦の中へ。艦内には数人の人がいるだけ。全員おじさん。一応「写真いいですか?」と確認。潜水艦は軍事機密の塊であり普通は撮影禁止だ。それが撮り放題なんだからたまらない。
d0001300_22434779.jpg
▲潜水艦あきしお内部 発令所
 説明されていた方は潜水艦に35年館乗られていたとか。何でも聞いてくださいという感じだった。
d0001300_22443012.jpg
▲潜水艦あきしお内部
 実際に操縦席に座って操縦かんを操作してみた。
d0001300_22444572.jpg
▲右の写真はiphoneを接眼部に押し当てて実際に撮ったもの。
 Ryochanも潜望鏡を覗いてみた。本物なので実際に外の景色が見える。リアル。「1番管、2番管発射!」。楽しい時間だった。

 後は帰るだけ。下道だけで広島まで来たことはないが、十分に帰れる時間。国道2号線沿いは本当にこれといった食べる所が無い。結局、昼食はローソンでおにぎり弁当を買って駐車場で食べた。家に着いたのは16時少し前。本日の走行距離は197km。今回の旅の総走行距離は1219kmだった。

 今回の旅はRyochanとしては大冒険、行く前は「本当に走破出来るのか」少し不安だった。同時に「車窓からの風景を含め、毎日が発見」で楽しいだろうなぁと期待に胸を膨らませていた。何より成功したら達成感が素晴らしいだろうなぁと思っていた。
 実際に旅を終えて今感じるのは、「雨の日、晴れの日、出会い、感動、失敗、色々とあったけど、終わってみると、意外とあっけなかったなぁ」ということ。人生はよく旅に例えられるが人生の終わりに感じる思いというものもこんなものかもわからない。

 もう一つ、今回の旅は自分探しの旅になればと思っていた。でもこちらもこれといったものは見つからなかった。せいぜい、「今のRyochanが潤沢に持っているのは時間、この潤沢にある時間を使ってもう一花咲かせることは出来ないかなぁ」ということくらい。誰かが「自分探しなんてやめればいいのに、どんなに探しても自分の背中なんて見えないんだから」と言っていたが、そうなのかもわからない。

【中国地方一周車中泊の旅の行程図】
d0001300_15131314.jpg

[PR]

by ryochan_ex | 2016-05-13 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 12日
中国地方一周車中泊の旅4日目
d0001300_1094735.jpg 中国地方一周車中泊の旅4日目。昨日同様、寒さで目が覚めた。時計を見ると6時少し前。外に出るとひんやりとした空気と朝日が清々しい。前の車の人が遠慮がちにドアの横にカセットコンロを出してお湯を沸かし始めた。ベテランさんのようだ。
 公共の駐車場でのアウトドア行為は完全にアウトだが、時間も時間だし、これくらいは許されるんじゃないかな。ささっと洗顔を済ませて、今日の最初の目的地「秋芳洞」に向う。

 途中、昨日食べれなかった卵かけご飯が食べたくて吉野家かすき家はないかと探したのだが、道中には無かった。結局、秋芳洞の営業開始が8時30分からなので、時間調整も兼ねてコンビニで買ったおにぎりをたまたま道沿いにあった「道の駅みとう」の駐車場で食べた。

d0001300_9551845.jpg 秋芳洞に着くが、駐車場がよくわからない。うろうろしていたら、閉店しているお土産屋の駐車場に「1回100円」と書いてあったので停めた。駐車場の隅に料金箱があり自主的に入れるようになっていた。なんとものどかなところだ。

 観光地によくある土産物屋通りを通って秋芳洞へ。入るといきなりの大空間。あまりのスケールの大きさにびっくり。Ryochanは岡山県にあるいくつかの鍾乳洞には入ったことがあるのだが、桁が違う大きさ。
d0001300_9252857.jpg
▲秋芳洞 入って最初のポイント 青天井
 右下にある通路の手すりを見るとこの空間の大きさがわかる。こんなにフォトジェニックな場所とは思わなかったので、カメラは記念撮影用のNIKON1・J5しか持ってきていない。一眼レフを持って来なかったのが悔やまれる。もう時間を忘れて撮りまくった。
d0001300_1133485.jpg
▲秋芳洞 傘づくし
d0001300_11351954.jpg
▲秋芳洞 長淵付近
d0001300_1135587.jpg
▲秋芳洞 黄金柱
 記念写真ポイントのようで、プロカメラマンが暇そうに客待ちしていた。毎日一日中、中にいるのも大変だなと思う。
d0001300_11364096.jpg
▲秋芳洞 3億年のタイムトンネル
 出口に続いている人工の通路。ここも幻想的で良かった。

 素晴らしいの一言。一眼レフを持ってもう一度来たい。それにしてもNIKON1・J5よく撮れる。改めていいカメラだと思う。

 秋芳洞の次は秋吉台。ここもスケールの大きさに圧倒された。Ryochanが蝶の撮影によく行く草間大地もカルスト台地なのだが、もう次元が違う。
d0001300_126149.jpg
▲秋吉台
 韓国からのツアー客でいっぱいだった。顔だけ見たのでは全く分からない。でも日本のおばさんはあんな派手な服は着ないかな。
 歩いていたら小奇麗なご婦人に撮影を頼まれた。身振り手振りでも通じるのが面白い。日本人ならカメラ目線でピースが決まりポーズなのだが、横を向いてポーズを決めたショットを頼まれたのにはちょっとした文化の違いを感じた。最後の「アリガトウゴザイマシタ」にはどこか心が和んだ。

 秋吉台の次はJR山口駅。山口駅へ来るのは初めて。「えっ、これ県庁所在地の駅?」と思うような小さな駅だった。併設された商業施設といえばキオスクとうどん屋くらいだった。
d0001300_138461.jpg
▲JR山口駅

 山口駅で撮影を終えたのは昼過ぎ、まだまだ時間はある。どこか面白いところはないか少し考えたが、思い浮かばない。結局、当初の予定で萩の前に寄ろうと思っていたが、時間の都合で寄れなかった津和野に行くことにした。

 津和野でもまた駐車場を探して少しうろうろ。ナビに○○観光駐車場というのがあるといいと思う。駐車料金を払うとき、管理人のおじさんが案内図をくれた。津和野といえば鯉くらいしか思い浮かばないので、とりあえず鯉のいる通りを目指す。
d0001300_1382170.jpg
▲津和野 鯉のいる通り
 津和野というとよく山陰の小京都といわれるが、ミニ倉敷という感じだった。

 津和野の後は特に寄りたいところも思い浮かばないので、本日の宿泊地を目指すことになるのだが、車中泊wikiを見ても適当な所が無い。このあたりになると9号線と違い幹線道路沿いに道の駅がほとんど無い。車中泊wikiには公共公園なんかが車中泊スポットとして紹介されているが、初心者のRyochanとしては気が進まない。結局、廿日市市にある2号線バイパスにある佐方PAで宿泊することにした。

 お風呂は道中にある「道​の​駅​む​い​か​い​ち​温​泉ゆらら」。
d0001300_13342612.jpg
▲道​の​駅​む​い​か​い​ち​温​泉ゆらら
 綺麗だし、露天風呂もいい感じなのだが、湯場の戸を開けた瞬間、不潔臭が鼻をついたので、うーんという感じ。ここでの宿泊も少し頭をよぎったが、時間的に少し早過ぎるのと、明日の日程が大変になるので予定通り宿泊は佐方PAですることにした。

 ここから佐方PAまでが遠かった。延々山の中の道を走った。岡山でいうと勝山から旭川ダム湖沿いの道を福渡まで下っているような感じだなぁと思ったら本当にダム湖沿いの道だった。

d0001300_13344560.jpg 佐方PAはRyochan的には「うーん」という感じだが、明日の日程を考えるとここしかなく、「ま、いいか。これも経験」とここに宿泊することに決めた。それでも5台くらい車中泊と思われる車がいた。本日の走行距離は234km。
[PR]

by ryochan_ex | 2016-05-12 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 11日
中国地方一周車中泊の旅3日目
 中国地方一周車中泊の旅3日目。寒さで目が覚めた。家の車庫で車中泊の練習をしたときに、最初は毛布で寝てみたのだが、今日と同じように寒さで目が覚めたので寝袋にしたのだが、それでも朝は寒かった。就寝中にエンジンをかけるのは車中泊のマナー違反のようだが、どうにも寒くてエンジンをかけてヒーターを入れた。お隣さんも同様だった。そんな訳で、ささっと洗顔を済ませて6時20分に出発。目指すは萩。後で知ったのだが、萩も世界遺産に登録されたらしい。

 旅に出て以来、毎食外食なのでさすがに飽きてきた。家庭料理は難しいので、せめて「吉野家」か「すき家」で卵かけご飯を食べようと探すのだが、一時間以上走っても影も形も雰囲気すら無い。仕方がないので萩に着いてから食べることにした。萩の郊外まで来たところで車を停めてナビで検索してみたら、なななんと、最も近い「すき家」まで40km以上ある。なんということでしょうである。しかたがないのでどこかないかと車を走らせていたら「ガスト」があったのでガストでモーニングセット(トースト)を食べた。どこにでもあると思うなファストフード。倉敷は街だと再認識した。

 萩も全く下調べしていないのでどう回っていいのか全く分からない。観光駐車場の入口に案内図があったので見ると、萩城城下町コースが最も近いようなので、このコースを歩くことにした。
d0001300_1446165.jpg
▲萩の城下町
 最初に訪れたのは木戸孝允旧宅。Ryochanはわりと○○邸のようなところは行っていることもあり、「ふーん」といった感じ。一通り見て隣の、木戸孝允の兄の旧宅、高杉晋作の生家と回るが同様。家並は石見銀山同様に当時の雰囲気を出来るだけ残した手入れがされている。でも、Ryochanは倉敷の華やかさが好きだな。倉敷の観光客の多さが分かった気がする。

 そんな訳で萩はさらりと流して予定していた本日2番目の目的地、角島大橋に向う。萩を出たときには降っていた雨が、山口県に入ったあたりで上がった。車窓からの景色が岡山と同じような感じだ。岡山の○○といっても全く分からない。ただガードレールの色が黄色なところが岡山との違い。

 角島大橋に着いたのは昼過ぎ。昼食はすぐ近くに最近出来た「晴ル家」というカフェでなぜか塩ラーメン。意外と美味しかった。昼食後は皆さんが撮られているポイントへ移動して撮影。天気がいまいちなのと工事中で更にいまいち。やはり角島大橋は真夏のカンカン照りの時でないと絵にならないようだ。
d0001300_14463347.jpg
▲角島大橋

 まだ昼過ぎ。宿泊予定の場所に向うには早すぎる。さてどうしたものか。ここにきて無計画さが露呈。「そうだせっかくここまで来たのだから関門トンネルを通ってみよう」ということに決定。まず目指したのはJR下関駅。下関市に入るとビルが大きく高く、完全に都会の雰囲気。大きな街だ。
d0001300_152991.jpg
▲JR下関駅

 JR下関駅の後はいよいよ関門トンネル。Ryochanの年代だとやはり橋ではなくトンネルを通りたい。関門トンネルは前払いで150円だった。 
d0001300_14472553.jpg
▲関門トンネル

 関門トンネルを抜けるとそこは九州。九州は中学校の修学旅行以来。Ryochan号は初めての九州。近場でということで門司港レトロ地区を散策。
d0001300_228554.jpg
▲門司港レトロ地区

 いい時間になったので車中泊wikiの管理人さんがAランクと太鼓判を押す温泉・食事付の車中泊スポット「ドライブインみちしお 」を目指す。

d0001300_1448213.jpg 「ドライブインみちしお 」に着いてみると、どうもRyochanの肌には合わない感じ。グルメスポットと同じで人の好みは様々だと思う。そんな訳でお風呂だけ入って宿泊はここからだと少し遠いのだが、「道の駅きららあじす」ですることにした。

 「道の駅きららあじす」に着いたのは19時少し前。夕食は施設に併設されている「レストラン倭寇」でいただいた。
d0001300_14481783.jpg
▲道の駅きららあじす
 ここ、車中泊スポットとしてはAランクだと思う。広いし、綺麗だし、静かだし。車中泊の車は10台以上。車中泊の旅も折り返しを過ぎ、ずいぶん慣れてきた。本日の走行距離は268km。
[PR]

by ryochan_ex | 2016-05-11 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日
中国地方一周車中泊の旅 2日目
 中国地方一周車中泊の旅2日目。まずはJR松江駅を目指す。

 JR松江駅前でいつものように撮影。雨は短時間なら傘無しでもOKといった感じの小雨というよりは霧雨。撮影後は駅構内にあるドトールコーヒーで朝食。頼んだのはモーニングセット。Ryochanの朝は基本はトーストとコーヒーなので、食べたかったメニュー。
d0001300_15591648.jpg

 JR松江駅の後は世界遺産の石見銀山を目指す。当初の予定では松江駅の次は萩へ直行するつもりだったのだが、少し時間に余裕があるようなので昨夜車の中でスマホをしていて思いついた石見銀山に寄ることにした。思いつきでの予定変更も車中泊旅の良さの一つかな(笑)。

 休憩で立ち寄った9号線沿いの道の駅「キララ多伎」。水平線が見えるたびに見入ってしまう。
d0001300_15593577.jpg
▲道の駅「キララ多伎」と多伎の展望台から見る水平線

 石見銀山まではかなりの距離がある。途中、いくつかの市を通過するのだが、ほとんどFMが入らない。ラジオ好きのRyochanには少しつらい。仕方がないので車の中は持って行った懐メロSDでひたすらひとりカラオケ状態。大きな声を出して歌っていると覚醒度が高まるので安全運転にはちょうど良いのだが・・・。

 ナビのおかげで迷うことなく石見銀山には着いたものの、全く下調べなしの思いつきで来たため、どこを見ればいいのか、それがどこにあるのか全く分からない。とりあえず駐車場の隅にある観光案内所で「初めてなんですけど・・・」と言うと、観光案内図に見どころと道順を蛍光ペンで書きこんでくれた。「メインの見どころは「龍源寺間歩」という坑道で、ここから約3kmの所にあります。往復約2時間の観光となります」とのこと。もうびっくりポンである。しかしここまで来てやめるわけにもいかず、雨の中、傘をさして山道を登った。

 説明どおり約1時間で「龍源寺間歩」に到着。入口の受付で観覧料を払って入坑する。
d0001300_1603110.jpg
▲石見銀山「龍源寺間歩」入口

 中に入るとひんやりと湿った空気が体を包む。少し肌寒い。客はRyochanだけのようだ。
d0001300_1605565.jpg
▲石見銀山「龍源寺間歩」の内部
 説明によると石見銀山は何百年も続いた銀山で、常時公開されているのはこの「龍源寺間歩」だけだが、ほかにも数百の坑道があるとのこと。腰につけたサザエ殻の燈明だけを頼りに、狭くて真っ暗な坑道の中を、毎日、毎日、這いつくばって手掘りで掘り進む。ものすごい過酷な労働だと思う。生きるということ、働くということの意味を改めて考えさせられた。

 昼食は「龍源寺間歩」までの道沿いにある「住留」というカフェでハンバーグカレーをいただいた。そんなに期待していなかったのだが、「久しぶりに旨いカレーを食べた」と口に出るほど美味しかった。
d0001300_1612915.jpg
▲カフェ住留
 古民家を改装したカフェは倉敷にもたくさんあるが、どこも小綺麗でひと目でお店と分かる。ここの商業施設は外からではそれと分からないものが多い。このあたりが世界遺産の指定を受ける理由の一つなのかもわからない。

 食事の後はもう一つの見どころの往時の面影を留める家並の見学。古い家並は岡山県にもたくさんあるが、規模も風情も全く違う。カフェ同様に出来るだけわからないように手を加えている。この写真の中の何軒かは商業施設なのだが、どれかわからない。
d0001300_1615699.jpg
▲石見銀山の古い家並
 岡山県にも古くから鉱山で栄えた「吹屋」という集落がある。雰囲気は似ているのだが、規模がこちらのほうがかなり大きい。

 萩近くの道の駅で宿泊する予定だったのだが、石見銀山見学で一日が終わってしまった。予定変更でお風呂は「リフレパークきんたの湯」
d0001300_22414295.jpg
▲リフレパークきんたの湯
 広くて、綺麗で、食事もできる。なによりボディーソープもシャンプーも置いてある(笑)。ここはいい。

リフレパークきんたの湯で夕食を摂ろうと思ったのだが、時間的に少し早いので、明日のことを考えて少しでも足を延ばしておこうと、夕食は道の駅「ゆうひパーク浜田」で天ざる蕎麦。失礼ながら意外と美味しかった。
d0001300_16275230.jpg
▲道の駅「ゆうひパーク浜田」

 お泊りも、「ゆうひパーク浜田」では少し時間的に早いので更に少し足を延ばして、道の駅「ゆうひパーク三隅」。
d0001300_1622151.jpg
▲道の駅「ゆうひパーク三隅」
 ここ、わりと小さな道の駅なのだが、それでも車中泊の車が5台。急な予定変更でスケジュール調整に頭を悩ませたが、何とか無事2日目が終了した。本日の走行距離は212km。
[PR]

by ryochan_ex | 2016-05-10 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 09日
中国地方一周車中泊の旅 1日目
 かねてから計画していた下道を使った中国地方一周車中泊の旅に出る。下道というところがポイント。予定は5泊6日。夢は日本一周。その証として47都道府県全ての県庁所在地のJR駅前で写真を撮るのが目標。

 下道を使って日本一周というと、途方もないように聞こえるが、中国地方一周が出来たら同じような距離の四国地方一周も出来るだろうし、九州地方、近畿地方も同様にみえてくる。そう考えると、あながち叶えられない夢でもないと思えて来る。

d0001300_2316238.jpg 朝起きると天気予報どおり雨。8時少し前に出発する。どうしても今日出発しなければならないわけでもなく、なにも雨の日にとも思うが、決めたらやるのがRyochanのやり方。

 予定通り、国道2号線でJR岡山駅へ。岡山駅の次は国道53号線でJR鳥取駅。
d0001300_2322998.jpg


 鳥取からは国道9号線で「ベタ踏み坂」を目指す。途中、道の駅「神話の里・白うさぎ」で休憩。
d0001300_23391382.jpg
 瀬戸内海沿岸に住んでいるので海は日常的に見ているのだが、瀬戸内海では水平線は見えない。水平線を見るとそれだけでテンションが上がる。
d0001300_23381439.jpg
▲道の駅「神話の里・白うさぎ」から見る日本海。晴れてたらなぁと思う。

 国道9号線沿いのこの風景は瀬戸内に住んでいる者には新鮮だ。
d0001300_23493349.jpg
▲一直線に伸びる国道9号線と風車
 こういうその土地ならではの風景が見られるのも下道ドライブの醍醐味。それにしても9号線沿いには道の駅が多い。平均すると30分に1ヶ所はある感じ。景色はいいし、渋滞はないし、下道ドライブには楽しい道だ。

 「べた踏み坂」は事前にネットで調べて、境港から七類へ渡る橋だと思っていたのだが、現地に着いてみると普通の橋があるだけ。えっ? 改めてネットで調べてみると別の場所だった。カーナビに調べた場所を入力し直して何とか到着。こちらもイメージしていた場所とは全く違う雰囲気のところだった。実際に来てみなければ分からないものだ。
d0001300_9514487.jpg
▲ベタ踏み坂
 Ryochanが撮っている間、誰も来なかったのでよかったが、撮影ポイントはシビアで、一人しかベストポジションには入れないような場所だった。ポジションを探して歩いていたら、スマホで撮っていた若い二人連れの女性に声を掛けられた。スマホでは少し厳しいと思う。それにしても電線がうるさいなぁ。

 本日の撮影予定は終了。あとは宿泊予定の安来市にある道の駅「あらエッサ」を目指すだけ。途中、皆生温泉「OUランド」で入浴と食事。
d0001300_10293246.jpg
▲皆生温泉OUランド
 ここ、安くて広くて綺麗で食事まで出来ていいんだが、石鹸もシャンプーも置いてないのには困った。ウロウロしていたら常連らしい方が「これどうぞ。ここ石鹸置いてないんですよねぇ」と小さな使い切りの石鹸をくれた。人の優しさを感じた一瞬だった。Ryochanも見習わないとと思う。
 食堂は食券方式なのだが、「焼きソバ」券を買うつもりが間違って「焼きサバ定食」券を買ってしまうとか、色々失敗もあったけど、いい思い出。

 色々と回ったせいで、道の駅「あらエッサ」に着いた時は真っ暗。車を車中泊モードに整えた後はしばしスマホなんかをしてゆったりと過ごす。Ryochanの車はセダンなのだが、後席を倒してトランクスルーにすると180cmくらいのフラットスペースが出来るので、結構快適。
d0001300_10443820.jpg
▲車中泊中のRyochan号
 マットレスの上に敷いた寝袋に入って寝る。目隠しをしているので外から中は見えないこともあり、思っていたた以上にくつろげる。秘密基地の感じかな。

 それにしても、車中泊の車の多さには驚く。平日だというのに7、8台の車がある。お隣は本格的に車中泊仕様にしたワンボックスの夫婦連れだった。


 色々と小さなトラブルはあったが、無事、車中泊の旅1日目は終了。本日の走行距離は308km。少し欲張り過ぎた。反省。明日からの旅に生かそう。
[PR]

by ryochan_ex | 2016-05-09 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)