<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 20日
ブログ製本とフォトブック
 最近、ブログ製本とフォトブックをという2種類の本を作成した。

【ブログ製本】
 MyBooksを使って拙ブログを製本した。一昨年に続いて2回目である。今回はVol2として2007年から2009年までの3年間を製本した。ページ数は397ページ。仕上がりは2回目なので思ったとおりで不満は無いのだが、どことなくVol1よりも安っぽい感じ。どうも表紙カバーのベースが白色なのがチープ感の原因のようだ。次は考えよう。製本した理由はいくつかあるのだが、これまで書き溜めてきた日記(思い出)の確実な保存というのが大きい。
d0001300_9404097.jpg
▲MyBooksを利用したブログ製本

【フォトブック】
 甥の結婚式でカメラマンを頼まれた。結婚式のカメラマンは久しぶりなので少し緊張したが、無事お役目を果たすことができた。撮影した写真をキタムラのフォトブックにして差し上げたら、好評で4冊の追加注文が来た。喜んでもらえてなによりだった。作成したのはスクエアタイプ・ビッグタイプ・ハードカバーというもの。いろんな種類があり、こういうものは実際に手にとって見ないとよく分からない。キタムラのフォトブックは店頭で実際に手にとって見られるのでよい。

 レイアウトの自由度が心配だったのだが、ネット専用の「直行便EX」というソフトを使うとほぼ自由なレイアウトで作成できる。下の写真を見ると自由度の高さが分かると思う。写真集なんかにも使えそうである。
d0001300_9412118.jpg


【付録】
 最近、種松山で撮った写真。秋が感じられる写真が撮れた。お気に入り。
d0001300_122352100.jpg
▲イチモンジセセリ 10/16 種松山 (RICOH・GX200)
[PR]

by ryochan_ex | 2012-10-20 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 01日
クロツ(クロツバメシジミ)
 秋恒例のクロツ(クロツバメシジミ)を見に行く。クロツは多化性で春から秋までいつでもいるのだが、秋になると他に撮るものがなくなるので「秋はクロツ」ということになる。場所は高梁市の生息地。

 いつでもいるとはいえ、端境期や鮮度ということもありどうかなと思いながら歩いていたら、鮮度のいいクロツが現れた。1頭見つけると次々と見つかる。
d0001300_1758570.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 クロツは岡山県には広く分布していたのだが多くの生息地で絶滅してしまった。倉敷美観地区、下津井、足守などだ。他にも絶滅した生息地はたくさんあるのだが、どの場所でも今も食草のツメレンゲはたくさん生えている。なぜ絶滅したかよく分からない。Ryochanが蝶の撮影を始めた頃(7年前)、たくさんいた生息地に先日行ってみたのだが、全く見られなかった。昨年も同様だった。ツメレンゲは依然としてたくさん生えている。絶滅したとは思いたくないが、どうなんだろうか? 採集圧だけでここまで減るものなんだろうか? 本当に不思議な現象だ。

 クロツの撮影の後は吹屋へ行く。伝統的建築物保存地区の町並みを散策。立ち寄った土産物屋に高橋英樹さんの写真と色紙が飾ってあった。
d0001300_2113731.jpg
▲吹屋の町並み (SONYα550+SONY・DT 18-250mm F3.5-6.3 )
 絵画風に仕上げてみた。けっこういい感じになってお気に入り。

 クロツと吹屋の散策、いい組み合わせとなった。来年は吹屋小学校が公開されているときに行きたい。
[PR]

by ryochan_ex | 2012-10-01 23:59 | | Trackback | Comments(0)