<   2012年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2012年 04月 21日
倉敷美しい森(種松山)
d0001300_20162784.jpg 倉敷美しい森(種松山)に行く。風は少し強いが完全に春の風である。暖かい。コバノミツバツツジが綺麗だ。

 今日のメインターゲットはミヤマセセリ。ちょっとだけコツバメ。遊歩道を歩いていると目の前を小さな蝶が高速で飛んでいった。えっ、コツバメ?。少し立ち止まって待っていると少し先にとまった。コツバメである。
 
 コツバメは種松山では希少種である。ほぼ毎年目にはするのだが、1チャンス/年 のような状況で、なかなか満足な写真が撮れないでいた。慎重に寄って撮影。
d0001300_2016258.jpg
▲コツバメ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 逆光で独特の模様が一部つぶれているが、雰囲気的にはいい感じである。久しぶりに「やったー」という快感。。コツバメは一般的には普通種とされている。特段珍しい蝶ではないのだが、その普通種でもこの快感が味わえるところがこの趣味が続いているゆえんだ。

d0001300_2016124.jpg また戻ってこないかなと待っていたら、今度は少し大きめの黒い蝶。ミヤマセセリである。こちらは寄らせてくれず、証拠写真だけ。それでも今年も見ることが出来たので、ま、いいかな。

 遊歩道を歩いているとワラビ採りの一行とよく出会う。皆さんの手元を見ると今年は豊作のようである。少しワラビでもないかなと林に分け入ったらコツバメがテリを張っていた。GX200で撮影。なかなかいい感じに撮れて、本日のお気に入り。
d0001300_20163749.jpg
▲コツバメ (RICOH GX200)
 倉敷美しい森(種松山)はこの時期毎年通っている。もう7年目になるかな。通い始めたころは「森」とは程遠い感じだったが、木もいくらか大きくなり、「森」とは言えないまでも散策にはいい感じに育ってきた。あと10年もすると本当にいい市民の森になるのではないかと思う。大半が植林の作られた自然なので蝶相に偏りがあるのが玉に瑕ではあるが、今後が楽しみな場所である。
[PR]

by ryochan_ex | 2012-04-21 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 08日
春蝶を探して
 春蝶を探して総社市に出掛ける。

 最初に訪れたのはKDポイント。狙いはコツバメ、ツマキチョウ、スジグロシロチョウあたり。車を降りて歩いているとモンシロチョウ? よく見るとスジグロっぽい。そっと近づくとスジグロシロチョウである。Rypchanは春型のスジグロシロチョウが好きだ。黒い筋のくっきりと出た翅裏は本当に美しいと思う。
d0001300_21461993.jpg
▲スジグロシロチョウ春型 (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 春らしい雰囲気を感じる写真が撮れた。お気に入り。

 林道を歩いているとテングチョウが多い。絵になるシチュエーション。なんとか林道の雰囲気を入れた写真を撮ろうと頑張るが、24mmでは画角的に難しい。なんとか無理をして撮影。
d0001300_21485793.jpg
▲テングチョウ(RICOH・GX200)
 24mmあれば十分と思っていたが、今回のような場合はもう少し広い画角が欲しい。ワイコンでも試してみるかな。

 この時期、総社市というと備中国分寺の菜の花とモンシロチョウのコラボ。これも数年前から狙っているイメージなのだが、なかなか思ったような写真が撮れないでいる。菜の花は満開。絶好のシチュエーションなのだがいつものように全くとまらない。今年もギブアップ。何か作戦を考えないとだめな気がしてきた。
d0001300_21493994.jpg
▲備中国分寺の菜の花畑 (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 モンシロチョウをあきらめて帰っていたらキタテハがいた。チョイ撮りしたのだが、意外といい感じに撮れた。
d0001300_21491062.jpg
▲キタテハ (RICOH・GX200)

 春の陽気の中で、久しぶりに一日撮影を楽しんだ。今日、見えてきた課題は宿題かな。

[付録]
d0001300_21515738.jpg
▲半田山から見た岡山市街 2012.04.07放送大学パソコンクラブお花見にて (RICOH・GX200)
[PR]

by ryochan_ex | 2012-04-08 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 01日
モンシロチョウ ゲット
 晴れたり曇ったりの天気。風は強く、肌寒い。今春はまだモンシロチョウを見ていない。春蝶という雰囲気ではないのだが、もう4月である。いくらなんでもモンシロチョウが発生しているだろうと種松山に出掛ける。

 この時期、春蝶を探してまわる順番は決まっている。まずは家から一番近いIDポイント。タンポポは先週よりは増えているが、肌寒い。それでもルリタテハがいたので撮影。今年初めての腹ばい撮影。久しぶりに味わうこの感覚がいい。
d0001300_21433777.jpg
▲ルリタテハ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 次に訪れたのはODポイント。花はたくさん咲いていて写真を撮ると春ぅという感じなのだが、実際は風が冷たくそんな雰囲気ではない。蝶は全く見られない。天気予報によると午後からは快晴とのことなので午後に期待して撤収。
d0001300_21441533.jpg
▲春色 (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 吉野家で昼食をとったあと、先週、モンキチョウを確認しているWDポイントへ。天気は相変わらず晴れたり曇ったり、うーんと思いながら歩いていると風に飛ばされるように目の前をモンシロチョウ。写真は撮れなかったが、今年初確認。

 少し晴れ待ちをしていると雲間から日が差しだした。歩いているとモンキチョウ。慎重に寄ってなんとか撮影。少ない陽の光を全身で浴びようとほとんど地面と平行状態に体を倒している。
d0001300_21443296.jpg
▲モンキチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 習い性で真上から写してしまったので、真横になっているのが全く分からない(笑)。

d0001300_2145924.jpg 逃げないので今年初めての広角撮影。

 マクロ撮影に比べると一生懸命陽を浴びようとしている様子が分かるが、言葉で説明して何とか分かるといった感じ。もう少し左から撮ればよかったと思うが、その場ではなかなかそこまで考えが及ばない。
▲モンキチョウ(RICOH・GX200)


d0001300_21445792.jpg モンシロチョウは確認したし、広角も撮れたので気を良くして車まで帰っていたらモンシロチョウが遠くにとまった。慎重に寄って何とか撮影。かなり痛んでいるので1週間くらい前には発生していた感じである。

 とりあえず本日の目標は達成した。少し不完全燃焼感はあるのだが、ゆっくりいこう。あわてなくても季節は確実に進んでいるのだから。
▲モンシロチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mm)

[付録]
 Ryochanは土筆が好きだ。土筆を食べないと春が来た気がしないというくらい。昨年、絶好のポイントを見つけた。絶対に秘密(笑)。今年も奥様と二人で30分ほどで750gの収穫。本当に美味しかった。
d0001300_2050645.jpg

[PR]

by ryochan_ex | 2012-04-01 23:59 | | Trackback | Comments(6)