<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 25日
思わぬ副産物
d0001300_1819613.jpg 今ひとつ気が乗らないのだが、シーズンに一度も新見に行かないのも如何なものかと出掛ける。

 そんな訳でポイント到着は8時少し前。先客がいるかと思ったが、誰もいない。曇り、昼から雨との予報だったが日が照っている。途中の道路脇の温度計は24℃を示していた。

 叩くとそれなりに飛び出すのだが、全く降りてこない。そうこうしていると岡山ナンバーの四駆が来た。話を伺うと、詳しい方で、「20℃を超えたら降りてこない」とか。一通り叩いてそくさと引き上げられた。その方が帰った後も、かなり叩いたのだが、全く降りてこずギブアッフ。結局この日の岡山の最高気温は36℃で酷暑日。昨日の夜は熱帯夜。真夏である。

 この時期どこへ行っても多いのがヒカゲチョウ。第2化の時期なのか、どの固体も綺麗だ。
d0001300_18194884.jpg
▲ヒカゲチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

d0001300_20271240.jpg その後、いくつかのポイントを回ってみたが、どこも同じ。しかたがないので、新ポイントでも開発するかと回っていたら、なかなかいい雰囲気の所を見つけた。これといった収穫はなかったが、とりあえずマイポイントに追加しておこう。
 こんな雰囲気なので叩けば何かは飛び出すだろうと思ったが、飛び出したのはミドリヒョウモンだけ。不思議なものである。まだまだポイントというものがが見えていないのかな。少なくとも、昔はゴマシジミとかウスイロヒョウモンモドキがいたのではないかと思うのだが・・・。
d0001300_18204533.jpg
▲ミドリヒョウモン (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

 途中、オオムラサキとおぼしき蝶に何度か出会った。少し早いように思ったが、帰りにポイントによって少し待っていたらオオムラサキが現れた。
d0001300_18205921.jpg
▲オオムラサキ 環境省RDB準絶滅危惧種 国蝶(SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

 目的のゼフは収穫ゼロだったが、オオムラサキというビックなお土産と結構お気に入りの写真も撮れた。あちこちまわったので疲れたが、まずまずの一日だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2011-06-25 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 19日
雨の合間に
d0001300_20584145.jpg ここのところ休みの朝はベランダに出て空模様を見るのが日課のようになっている。今日もどんよりとした曇り空。天気予報によると10時ころから雨。雨が降り出さないうちにと、ミドリシジミ狙いで総社市のポイントに出掛ける。

 ポイントに着くと見覚えのある車。歩いていると遠くに叩き棒を持った方。昨日もこのポイントでお会いした(笑)岡山県を代表する蝶屋さん。昨日は一生懸命に撮影されていたのであまりお話出来なかったのだが、今日は叩かれていたので少しお話することが出来た。なんと拙ブログを見られているとのことで光栄の至りである。マル秘叩きテクニックを教えていただいた。その先に降ろしたミドリシジミがいると教えていただき撮影。
d0001300_20593250.jpg
▲ミドリシジミ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 総社市
 マクロでの撮影なのだが、雰囲気が良く出ていて、いい感じである。昨年、一年間使用してみた180mmは論外としても、それまで使っていた105mmと比べても明らかに違う。これからが楽しみだ。

 その後、叩いて回ったのだが、ポロポロと飛び出すものの、全く降りてこない。くだんの蝶屋さんは降ろしている模様。やはりマル秘テクニックの成果なのだろうか?ムム。
d0001300_210270.jpg
▲ツバメシジミ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 総社市
 叩いていたら飛び出した。綺麗な固体だ。

 ミドリシジミをあきらめて、種松山に戻って叩いていたら、なんとか今年もアカシジミゲット。
d0001300_2102188.jpg
▲アカシジミ (SONYα550+SONY・DT 18-250mm F3.5-6.3 ) 種松山  

d0001300_2105259.jpg 昼食は「ふるいち」で冷ぶっかけ。最近は、ぶっかけは全国展開している「はなまる」でもメニューにあるので岡山でなくても食べられると思うのだが、「ふるいち」のぶっかけとは別物。ご当地グルメ一押しである。


[PR]

by ryochan_ex | 2011-06-19 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 12日
ミズイロオナガシジミ
 いよいよゼフのシーズンである。例年のペースだと早期に発生するゼフのシーズンは過ぎているが、今年は動植物の発生が1週間から10日くらい遅れているような感じなのでミズイロオナガシジミ、アカシジミあたりがいけるのではないかと、種松山に出掛ける。

 ここのところいかにも梅雨らしい天気が続いている。今日も天気予報によると9時ころから雨。今にも降り出しそうな感じである。雨が降るまでの一発勝負、どこにしようかと少し考えたが、前々からここはいるのではないかと思っていたYKポイントに行くことにした。

 ポイントについて4、5回叩いただろうか、ミズイロオナガシジミが飛び出し、近くの下草にとまった。スレのない綺麗な固体だ。
d0001300_20143661.jpg
▲ミズイロオナガシジミ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 写していたら突然開翅した。予想していなかったので少し驚いた。初めて見る表翅、黒一色ではあるが、深みがあり、意外と綺麗だ。
d0001300_20145572.jpg

 一通り撮り終えたのでGX200で広角撮影。写真としてはぼちぼちなのだが、少し不自然。自然状態でこのような場所にとまっていることがないことは無いと思うので全くの嘘ではないのだが、やはり少し不自然。叩き出しはやむ得ないとしても、出来れば元々とまっていた(コナラ)葉上にとまっている状態を撮りたいなぁと思う今日この頃である。
d0001300_20165655.jpg
▲ミズイロオナガシジミ(RICOH・GX200)

 広角を撮り終えた辺りから雨が降り出したので撤収。また新しいミズイロオナガシジミのポイント発見。種松山は懐が広い。
[PR]

by ryochan_ex | 2011-06-12 23:59 | | Trackback | Comments(0)
2011年 06月 04日
面接授業(脳と心-精神の実体にせまる)
d0001300_2032455.jpg 面接授業(脳と心-精神の実体にせまる)に出席する。講師は放送大学客員教授(岡山大学名誉教授)の酒井正樹先生。先生は動物行動学がご専門と聞いていたのだが、自己紹介によると元々、心というものに非常に興味があり、当初、心理学を学ばれていたのだが、心理学では物足りなくなり、理学部に転部されたとか。

 Ryochanは人工知能というものに以前より興味があり、面白そうなので受講した。内容的には脳科学の知見を概括的に紹介されたという感じでRyochan的には今ひとつ新鮮味にかける内容であったが、乾電池が神経伝達の仕組みの研究の過程で発明されたという話は知らなかった。科学の世界には本当にこんな話が多いと改めて思った。
d0001300_20325894.jpg
▲岡山学習センター(RICOH・GX200)
d0001300_20322373.jpg
▲講義中(RICOH・GX200)

d0001300_2033856.jpg 震災以降、にわかに仕事が忙しくなり帰宅の遅い日が続いている。ブログの更新もままならない。最後のご奉公と思って頑張るしかないかな。

 最近の昼食は「すき家」のカレーがお気に入り。大学の正門を出てすぐのところにあることに気がついて以来、通っている。まさに、安い、速い、美味い。ちなみに右のカレーは注文してから50秒で出てきた。脱帽。

[PR]

by ryochan_ex | 2011-06-04 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(0)