<   2010年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 11月 19日
岡山県勤労者美術展で入選した。
d0001300_21581343.jpg 第60回岡山県勤労者美術展で入選した。この土日は放送大学の面接授業と重なってしまい、見に行くことが出来ないので、今日、昼から休みをとって見に行って来た。場所は県立美術館の隣にある、天神山文化プラザ。

 天神山文化プラザは県展(岡山県美術展覧会)の書と日本画の展示場所なので、何度か行ったことがあるのだが、勤労者美術展を見に行くのは初めて。第60回を数える勤労者美術展だが、今年の開催をもって終了することになっている。今回が最後ということもあり、また、Ryochanも勤労者である期間もそう長くないということもあり、応募した。
d0001300_21583917.jpg
 会場を見渡すと、デジタルが主流であることがすくに分かる。色が鮮やかだ。Ryochanの写真はネイチャーフォトばかり集めているコーナーに展示されていた。県展と違い、美術館ではないのが少し残念だが、やはり嬉しい。一通り見てまわったのだが、入賞作はさすがにどれも素晴らしく、うならされた。特に全労災岡山県本部長賞の鷺?が飛び立つ瞬間を捉えた写真は、こんな写真が撮れたらなぁと思わず見入ってしまった。
d0001300_21585115.jpg
▲第60回勤労者美術展入選作品 タイトル 「カップル」(PENTAX・istDs+SIGMA105mmMACRO)
 蝶の写真を撮り始めて間もないころ撮った写真。昨年、県展に入選した写真もそうなのだが、生態写真としてではなく芸術という目で見直すと、不思議と古い写真ばかりが目にとまる。最近はなまじテクニックがついて感動が薄れているのかなぁ・・・。

 天神山文化プラザは県立カルチャーセンターのような施設である。いつ行っても大抵、何かの展覧会や発表会が開かれている。今日も2階で「アートの今・岡山2010 -具象表現の現在-」と題した展覧会が開かれていた。時間はあるので覗いてみた。Ryochanとしては抽象よりも具象に引かれるものを感じる。最も感動したのは内尾和正さんのデジタルペイント作品。なんとも不思議な絵である。見入ってしまった。久々に買いたいと思った。

 最近は展覧会を見に行く機会がよくあるのだが、本当に感動する作品に出会ったのは久しぶり。芸術の魅力って理屈ではないんだと思った。
[PR]

by ryochan_ex | 2010-11-19 21:58 | フォトコン入賞・入選 | Trackback | Comments(4)
2010年 11月 13日
広島ドライブ
d0001300_22531797.jpg 広島にドライブに行く。ここのところ、この時期には毎年、夫婦でドライブしている。今年はどこにしようかと少し考えたが、厳島神社、広島焼き、平和公園といったコースでまわることにした。

 朝の早いのは苦手なので、家を8時前に出る。大阪より少し遠いかと思っていたのだが、2時間ほどで宮島口の駐車場に到着。思っていたより近い。駐車場も待つことなく停められた。

 厳島神社は世界遺産ということもあり、もう少し厳かな雰囲気を予想していたのだが、普通の観光地といった感じ。一通り、まわってみたが、特段の感激も無く、ふーん、という感じ。鹿が可愛かったかな。
d0001300_22533451.jpg
▲厳島神社(SONY・α550+SONY DT3.5-5.6/18-55 SAM )
d0001300_22535067.jpg
▲厳島神社(SONY・α550+SONY DT3.5-5.6/18-55 SAM )

 昼食は広島焼き。どこにしようか少し迷ったが、観光客なので観光客らしく「お好み村」に行くことにした。
d0001300_2254567.jpg
▲村長の店(SONY・α550+SONY DT3.5-5.6/18-55 SAM )

 お店は入り口にあった「本家・村長の店」。昼食時を少し過ぎていたせいか、並ぶことなく入店。それでもさすがにいっぱいで、カウンターに通される。目の前で焼いているのを見ていると面白い。しばらく見ていたらRyochanたちのものが出来上がった。頼んだのは「村長スペシャル」。

 広島焼きはソバが入っているのが特徴。岡山でもソバ入りのお好み焼きは「モダン焼き」と称してあるのだが、広島焼きは全くの別物だった。お好み焼きというよりは焼きソバに近い感じ。美味しい。広島焼きはソバ入りのお好み焼きではなく、広島焼きという独自の料理だと感じた。

 午後からは平和公園に行く。駐車場が見つからず平和公園の周りを何度か回ったが、何とか近くのコインパーキングに停めることが出来た。最初に訪れたのは原爆ドーム。
d0001300_2254168.jpg
▲原爆ドーム(SONY・α550+SONY DT3.5-5.6/18-55 SAM )

 前に立つと、すごいリアリティーである。広島中がこんな感じだったのかと思うと胸が熱くなった。これはまさに世界遺産として後世に引き継いでいかなければならない遺構だと思う。

 次に訪れたのは原爆資料館。入ってすぐのところにある一面が瓦礫と化した広島市街の大パノラマ写真は圧巻である。前に立っているとその場にいるような気持ちになる。改めて戦争はしてはならないと思った。
d0001300_22542724.jpg
▲広島に投下された原爆の原寸大模型(SONY・α550+SONY DT3.5-5.6/18-55 SAM )
 こんな小さな爆弾1つで広島市街が壊滅するとは・・・。

 平和公園全体に「ノーモア、ヒロシマ」のオーラが漂っていた。厳島神社は今ひとつだったが、美味しい広島焼きは食べれたし、ヒロシマのオーラは感じられたし、ますまずの一日だった。

 思うところあってSONY・α550を買った。今日は試し撮りということで全てα550で撮った。ファインダー関係がムムーッなのだが、他は大変いいカメラだ。今日の写真は全て「ダイナミックレンジオプティマイザー」を自動に設定しているのだが、いい感じである。
d0001300_22124510.jpg

[PR]

by ryochan_ex | 2010-11-13 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(0)