<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 10月 23日
クロツバメシジミ新産地?
d0001300_1333528.jpg そろそろツメレンゲが咲いているころである。ツメレンゲで吸蜜中のクロツバメシジミが撮れないかなぁと出掛ける。どこにしようかなと少し考えたが、先月に行った高梁市のポイントに行くことにした。

 谷間の狭い道を走っていたら、落石のため全面通行止の看板。迂回路を走っていたら今度は幅員減少の標識。今でも十分狭いのに嘘でしょって感じ。久しぶりに〇〇〇〇が縮む感じを体感しながら運転していたら、やっと民家が見えた。ホットしながら石垣に目をやるとなんとツメレンゲがいっぱい生えている。これはいるでしょっと車を停めて確認すると、バッチリ。スレが多いが結構いる。高梁市には崖や古い石垣がたくさんある。クロツのポイントもたくさんある。それらしい所を走るときは気にしながら走るのだが、何の情報もない場所は初めて。帰って調べてみたが記録は見つからなかった。ひょっとして新産地? 小一時間くらい撮影していたが軽トラが一台通っただけだった。
d0001300_13334177.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)

d0001300_14415013.jpg 何とか目的のポイントに着き、歩いていると遠くに人影。双眼鏡で見ると、なんと採取者の方。既知ポイントではあるのだが、人目のあるこのポイントに採取者の方が来るとは思わなかった。他で時間をつぶして、採取者の方が帰った後にポイントに行ったのだが、1頭も見られなかった。絶滅することは無いとは思うが、何だかなぁ・・・。来年はここはやめよう。

 それにしても、こういうのを見ると、見つけたポイントが新産地だとしても公表は控えたいと思う。

[PR]

by ryochan_ex | 2010-10-23 23:59 | | Trackback | Comments(4)
2010年 10月 16日
人口減少社会の展望
d0001300_15111960.jpg 面接授業・人口減少社会の展望を受講する。場所は岡山学習センター、講師は放送大学教授の宮本みち子先生。宮本先生は放送大学の先生では中東問題が発生するたびにテレビに出演される高橋和夫先生に次いで一般の方の認知度の高い先生ではないだろうか。ご専門はワーキングプアに代表される若者の労働問題である。テレビ等でのご発言を耳にするたびに、一度、先生の講義を受けたいと思っていた。

 今後、日本の人口が減少することは最も確実な予測である。どこまで減少するかは分からないが、減少過程においては、縮小を続ける経済社会の中で労働市場をリタイアした人の社会的扶養が問題となる。この問題をどのように考え、対応していくかの切り口を示すのが今回の講義のテーマであった。
d0001300_151137100.jpg
 非婚、晩婚、少子化、非正規雇用、無縁社会、等々、全般的に暗い話題が多かったのだが、「DV駆け込み寺に駆け込んでくるのは・・・、多くは女性なのですが」というのには笑ってしまった。

d0001300_15115034.jpg 昼食は最近はもっぱら学食のカレー。偏食の多いRyochanだが、カレーだけはどんな味でも食べられる(笑)。これで324円、値段はぼちぼちなんだがなぁ・・・。

 最後のレポートは「人口減少過程をソフトランディングするために、何をなせばよいか」というものだった。Ryochanは、「経済の縮小にあわせて所得は減少するだろうが、所得が少ないことイコール不幸ではない。貧しくとも豊かに暮らせる社会の実現を目指すべき」というようなことを書いた。そう遠くない将来、年金生活者になるRyochanとしては、そのようにありたいと切実に思うのだ。


 蝶の写真がないとさびしいので。10月に撮ったお気に入りを一枚。
d0001300_17473724.jpg
▲ウラナミシジミ (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG) 2010.10.2 由加山
[PR]

by ryochan_ex | 2010-10-16 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(0)