<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010年 06月 12日
やっとゼフのシーズンがやってきた
d0001300_2217338.jpg ゼフの発生が遅れている。色々な情報を総合すると10日遅れくらいか? 今日は12日、10日遅れで平年に換算すると6月2日。そろそろウラゴやアカシジミは発生していてもいい頃だ。ウラゴ、アカシジミ、ちょっぴりベニモン狙いで新見に行く。

 実はベニモンはここのところ毎年のようにそれらしいところを探索しているのだが、見つからない。先週は本州で初めてベニモンが見つかった場所と思われるところや、有名ポイント、自力開拓ポイントを巡ってみたのだがnull。今日も途中にある記録のある場所を探索してみたのだが、それらしい雰囲気すらない。むむ。

 ベニモンはあきらめて今日の目的のポイントに着くといつものように、愛媛、神戸、京都と県外ナンバーが停まっている。こんな山奥に遠くからご苦労様である。それでもこのポイントは広いのでネットマンは見当たらない。叩き出しを開始すると、早々にアカシジミが飛び出した。綺麗な固体だ。
d0001300_10341958.jpg
▲アカシジミ (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
 これまでで最もきっちりと撮れた。お気に入り。

 この分なら今日はばっちりでしょうと思ったのだが、後が続かない。叩いても、叩いても、何にも出ない。だめかなと思っていたら足元からヒロオビが飛び出した。
d0001300_22221958.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ♂ (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
 表翅を狙うまでもなく逃げられてしまった。欲を言えばヒロオビはやはりナラガシワの葉の上にいないとなぁと思う。

 その後、ナラガシワがあると、せっかく来たのだからとご挨拶だけはするのだが、なしのつぶて。半ばゼフをあきらめて林道を歩いているとヒカゲチョウとクロヒカゲがぽろぽろと飛んでいる。ヒカゲチョウは写真写りがいいので好きな蝶だ。絵になりそうないい場所にとまってくれたので、気合を入れて撮影する。この緊張感がたまらなく好きだ。林道に這いつくばって撮影していると写真を撮ってるなぁという妙な快感を感じる。
d0001300_2224727.jpg
▲ヒカゲチョウ (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
 水槽の中をガラス越しに撮ったような不思議な感じに撮れた。お気に入り。
d0001300_22251321.jpg
▲ヒカゲチョウ (RICOH・GX200)
 オーソドックスだが、雰囲気が良く出ていると思う。本日一番のお気に入り。
d0001300_029932.jpg
▲クロヒカゲ (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
 この辺りはモドキもいるのでいつも気にして見るのだが、見つからない。今年はモドキさんに会いたいものだ。

 いくらなんでもウラゴとアカシジミあたりは完全にシーズンインしているだろうと思っていたのだが、まだ早かったようである。現地でお会いした4日前から毎日このポイントに通っているという、蝶の写真歴20年以上と仰る方によると昨日から飛び始めたとか。異常気象といわれて久しいが、本当にどうなっているのだろうか。蝶的には今ひとつの成果だったが、写真的には久しぶりにお気に入りの写真がたくさん撮れて、「やっぱり新見はいいなぁ」と思う一日だった。

 最近、竹内まりやの「人生の扉」という曲が気に入っている。歌詞のひとことひとことが心に響く。


[PR]

by ryochan_ex | 2010-06-12 22:25 | | Trackback | Comments(8)