<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 01月 09日
伊丹市昆虫館
 以前から行きたいと思っていた伊丹市昆虫館に行く。

 トイレ休憩で寄った龍野SAでサーターアンダギーを売っていた。サーターアンダギーは沖縄出身の知人がよく口にするのだが、食べたことがなかったので一度食べてみたいと思っていた。ひと口食べた感じはパサパサして今ひとつの感じだったが、コーヒーと一緒に食べると別物のように美味しい。考えてみるとスタバに置いてあるフード類もパサパサのものが多い。パサパサのものはコーヒーと合うみたいだ。
d0001300_22101049.jpg
▲左・龍野SAのウシさん。  右・サーターアンダギーを売っている売店。

 2時間くらいで行けるかと思っていたのだが、意外に遠く3時間くらいかかった。
d0001300_22102215.jpg
▲左・伊丹市昆虫館入口。  右・巨大ミツバチ。

 伊丹市昆虫館のウリはなんといっても冬でも蝶が飛んでいる温室なのだが、写真展ほか、他の展示も充実しており、いいところだと思った。ただ、標本がほとんどないのが少し残念だった。
d0001300_22104679.jpg
▲蝶の飛ぶ温室

 まさに蝶の楽園である。楽しくて3巡してしまった(笑)。このようすをお見せしたくて動画を撮ってみた。初めての動画のアップである。


▲伊丹市昆虫館の蝶温室 動画(RICOH GX200)

d0001300_2211110.jpg
▲オオゴマダラ
d0001300_22131647.jpg
▲ここならではの光景

 帰りに、せっかくここまで来たのだから明石焼きが食べたくなった。全くの思いつきなのであてはない。ナビで「明石焼き」と検索すると何件かヒットした。どこにしようかと少し考えたが、名前が気に入った明石駅前の「たこちゅう」に行くことにした。名前だけで選んだのだが、雰囲気も味も正解だった。
d0001300_22111771.jpg
▲たこちゅう 

 家に着いたのは9時半。「疲れたー」と言うのが第一声なのだが、結構楽しかった。

 全然関係ないのだが、最近、ふとしたことで見つけた「水色の街」という曲が気に入っている。若いころよく口ずさんだなぁ。名曲だと思う。



▲リンクしているだけなので、少なくともRyochanは著作権に抵触していないと思うのだが、どうなんだろうか? とりあえずOKということで。
[PR]

by ryochan_ex | 2010-01-09 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(0)
2010年 01月 01日
喪中につき年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
新年のご挨拶を申し上げるべきところですが、喪中につきご遠慮申し上げます。
旧年中に賜りましたご厚情を深謝致しますと共に、本年も変わらぬご交誼のほどお願い申し上げます。

今年の年初の一枚は、やはり岡山県美術展覧会で入選した写真です。
d0001300_22133693.jpg
▲「秋空に舞う」 県展(岡山県美術展覧会)入選作品 (RICOH CaplioR6 )

さて、恒例の昨年の総括と本年の抱負です。

昨年の総括
 
 昨年は激動の一年でした。色々とあったけど、何とか一年を乗り切ったなぁというのが実感です。

①一月に母が他界した。人生って何なんだろうって考えました。
②ヒロオビミドリシジミとミドリシジミの表翅の撮影に成功した。蝶の撮影を始めて以来の目標の一つだっただけに本当に嬉しかったです。
③叩き棒を振り過ぎてテニス肘になってしまった。最初は少し筋を痛めた程度に考えていたのですが、いつまでも痛みがなくならないので整形外科に行ったらテニス肘(上腕骨外側上顆炎)とのこと。まだ完治していません。皆さん気をつけましょう。
④人事異動でこれまでと全く異なる仕事をすることになった。やっと慣れたが、小ぜわしい日々が続いている。
⑤岡山県美術展覧会で入選した。楽しくないことが続いていただけに嬉しかったです。
⑥信号無視の車に衝突された。怪我が無かったのが幸いでした。

今年の抱負

 昨年は楽しくないことが多い年でした。「人生、万事塞翁が馬」。中島みゆきの「時代」の歌詞のようでありたいと思います。昨年の紅白のテーマは「歌力」でしたが、歌の力って本当に大きなものがあると思います。
 今年のフレーズは、こういうときこそ、「笑顔で」でいきたいと思います。蝶的にはとりあえず私的新種に一種は出会いたいと思います。
[PR]

by ryochan_ex | 2010-01-01 00:00 | その他 | Trackback