<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2009年 08月 14日
夏の蒜山
 久々の快晴。ゴマシジミ狙いで蒜山に出掛ける。

 帰省ラッシュで混んでるかな?と思っていたのだが、全く渋滞無しで、現地到着8時30分。朝の空気がすがすがしい。少し歩くと.ルリシジミが多い。大きさが違うので慣れるとだいたい見分けがつくのだが、慣れるまではゴマシジミと紛らわしい。
d0001300_8165733.jpg
▲ルリシジミ(RICOH・GX200)
d0001300_21484938.jpg
▲ホソバセセリ(RICOH・GX200)

d0001300_2234661.jpg ゴマシジミ探しは草むらの中を歩かなければならないのだが、朝露で濡れているため下半身はびしょ濡れ。水の中を歩いているのとなんら変わらない。
▲手を伸ばしてGX200で自己撮り(笑)。

 探していると、ポロポロ見つかるのだが、いつものようになかなかとまらない。少し時期が遅いのかスレが多い。何人かの人とお会いしてお話を伺ったのだが皆さん「今年は少ない」と仰られていた。それでも最後にお会いしたネットマンの方に「採れましたか?」と声をかけたら「10匹くらい」とのこと。Ryochan的には経験を積んできたせいか、確認数は今年が一番多かった。それにしても、いつも思うのだが、何でゴマシジミって逆さまにぶら下がるのが好きなんだろう(笑)?
d0001300_22322162.jpg
▲ゴマシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類)(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
d0001300_2225894.jpg
▲ゴマシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類)(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

d0001300_22254547.jpg 遠くから何とか撮れた表翅。目一杯のトリミング。Ryochanはシグマの105mmマクロを常用レンズにしているのだが、こういうこともあり、最近、望遠系を物色しているのだが・・・。

 いくつかのポイントを回ってみたのだが、2ヶ所でクロシジミ(私的新種)を見つけた。1ヶ所は既知のポイントで、少し期待していたのだが、もう1ヶ所は「えっ」と思う所。RDB絶滅危惧Ⅰ類なのだが、蒜山にはそれなりに生息しているようである。
d0001300_2324582.jpg
▲クロシジミ(私的新種 環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類)(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
 何でクロシジミっていうんだろうかと思っていたが、確かに黒いシジミである(笑)。飛んでいるときは一瞬、ヒメウラかと思った。思っていたより大きい。
d0001300_23234619.jpg
▲クロシジミ(私的新種 環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類)(RICOH・GX200)

 どこに行っても目に付くのが、ツマグロキチョウ。多いところだと一目10頭といった感じ。本当に絶滅危惧種なのかと思うが、全国的にはやはり珍しいようである。
d0001300_1258074.jpg
▲ツマグロキチョウ夏型(環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類)(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
d0001300_23371163.jpg
▲コミスジ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
d0001300_23374112.jpg
▲コミスジ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
d0001300_2338413.jpg
▲キタテハ夏型(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 綺麗な個体だ。

 今年もゴマシジミは「何とか写せた」域を出ることが出来なかったが、クロシジミ(私的新種)というビックなお土産もあり、楽しかった。蒜山はいい所だ。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-08-14 23:59 | | Trackback | Comments(6)