<   2009年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2009年 05月 31日
新見は少し早かった。
d0001300_20194831.jpg 快晴。朝日がまぶしい。そろそろアカシジミやミズイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミが出ていてもいいころである。蝶狙いでは今季初の新見に出掛ける。

 いつものように絹掛けの滝でトイレ休憩と、弁当の調達。朝の空気が肌寒いくらいだ。今日は新見のポイントを一通り流す予定である。

 最初に寄ったのはギャンブルで、ひょっとしたらベニモンがいるかもと思っているポイント。ま、ベニモンはともかく、この時期、アカシジミは飛び出すでしょうと、叩くが、何も飛び出さない。むむ。ま、ギャンブルに当たらなかったということで、次のポイントへ。

 次のポイントは○○前。新緑が朝日にまぶしい。いい感じだ。ここはいるでしょうと、叩く、が、出てこない。むーっ。ゼフはおろか不思議なくらい蝶自体がいない。フライング? 

 こうなったら、ここでいなければ今日はだめでしょうと、有名ポイントへ。誰も来ていない。よしよし。期待を込めて叩く。が、やはり何も飛び出さない。どうも完全なフライングのようだ。しかたがないので、あとはポイントの下見。結局、その後2つのポイントを回ったが、ゼフはミズイロオナガシジミらしき蝶を1頭見ただけだった。
d0001300_21344318.jpg
▲イチモンジチョウ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 有名ポイントにいた。
d0001300_21342177.jpg
▲ゴイシシジミ(RICOH・GX200) △△前の草原にいた。何度見ても可愛い。

 帰りに、種松山に寄ったら、ヒメジャノメが発生していた。下の写真はヒメジャノメと信じているのだが、コジャノメと決定的な識別点が分からない。翅裏の線が明らかに直線の個体は明確なのだが、写真の個体のようにコジャノメっぽく外側に曲がっている個体はいつも心が揺れる。図鑑などを見ると、いくつか識別点が書かれているのだが、細かいことはともかく一目で色が違う。でも色は個体差が大きいからなぁ。
d0001300_2235077.jpg
▲ヒメジャノメ(RICOH・GX200)

 期待が大きかっただけに落胆も大きかったのだが、不思議とそれなりに楽しかった。フライングや出遅れも貴重な経験と前向きに思うことにしよう(笑)。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-31 21:35 | | Trackback | Comments(12)
2009年 05月 23日
今季初ゼフィルス
 過去の記事や、ネットでブログ検索をしてみると、そろそろアカシジミが出ていてもいいころだ。叩き棒を持って8時30分に家を出る。行き先は種松山。

 最初に訪れたのは毎年夕暮飛翔を確認しているポイント。何本か叩くがnull。むむ。次に訪れたのは昨年叩いて出てきたポイント。5分も叩かないうちに一頭飛び出した。とまった位置が少し高いが、深追いすると元も子もなくなる可能性がある。逃げる様子はないので常用の105マクロを70-300に付け換え、三脚をセットして撮影開始。距離的には300mmならば十分な距離なのだが、とまっている枝が風でゆらゆら揺れてブレまくり。ISO800に上げて何とか撮影。
d0001300_10122947.jpg
▲アカシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA70-300mm ストロボ) 発生して間もないのか綺麗な固体だ。ストロボを発光させているのだが、それを感じない。いい感じ。

 その後、叩いて回ったが(笑)、飛び出したのはこの1頭だけだった。帰りにコジャノメポイントに寄った。少しくたびれた固体ばかりになっていたが、ストロボの条件出しを兼ねて撮影。
d0001300_10124845.jpg
▲コジャノメ(RICOH・GX200 ストロボ) 自作の新ディフューザー使用。いい感じだ。

d0001300_101364.jpg ずっとイメージを持って狙っている林道での写真。構図が今ひとつなのだが、羽のある相手があることなので、なかなか思うようにならないところがまた面白いところだ。
▲(RICOH・GX200 ストロボ)

 いよいよシーズンインである。来週はどこにしようか悩ましい。それにしても叩くのは疲れる。翌日、なんでこんなに上半身に疲労感があるのかな? と思い返していたら、どうも叩きまわったせいのようだ。歳のせいという人もいるが・・・。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-23 23:59 | | Trackback | Comments(6)
2009年 05月 09日
最近の放送大学
d0001300_23144674.jpg5月9日(土)

 パソコンクラブの例会に出席する。今日は13時から携帯電話講座、19時から新人歓迎会である。
▲初夏の学習センター  ソテツが気になる(笑)。

d0001300_22571411.jpg 携帯電話講座はRyochanの発案。会長が顔で、ドコモの方を講師にお願いして実現した。少しだけ、お姉さまの講師を期待していたのだが・・・。それでも補助席が必要な盛況で、発案者としては安堵。
▲携帯電話講座

 携帯電話講座の後は奉還町のRyouteiで新人歓迎会。2次会はパンプキンでカラオケ、3次会は珈琲館でお茶。人前で初めて松田聖子を歌った。Ryochanは実は松田聖子のファンなのだが、さすがに会社関係では歌えない。ペルソナのひとつかな(笑)。
d0001300_22572637.jpg
▲新人歓迎会(於Ryoutei)


d0001300_22574476.jpg5月16日(土)、17日(日)

 面接授業「美術鑑賞への招待」に出席する。講師は岡山大学準教授の泉谷淑夫先生。先生は岡山県美術展の洋画部門の審査員をされている画家でもある。いい写真を撮るヒントにでもなればと思い受講した。美術の授業は中学校以来ということもあり、結構面白かった。色々と得るものはあったのだが、次の2点が特に印象に残っている。

①.美術(芸術)とは文脈から観賞のために切り出したもの。当たり前と言えば当たり前なのだが、鑑賞されるということが芸術の成立要件ということだ。芸術を目指す写真は鑑賞されて(見てもらって)なんぼということかな。

②写真機の発明が絵画を写実から抽象に移行させることになった。写実では写真にかなわない、ならば抽象へということだ。逆に考えると、絵では決して描けない写真が面白いのかなと思う。例えば見たことのない、あるいは見えない景色。


おまけ
 5月9日(土)のパソコンクラブの例会に出席する前に総社の宍粟に寄って撮った写真。最近は蝶と仲好しだ(笑)。
d0001300_22562816.jpg
▲コジャノメ(RICOH・GX200) 
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-09 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(0)
2009年 05月 05日
シルビアシジミを満喫
 薄曇。シルビアシジミの撮影に出掛ける。先週のぞいたときにはミヤコグサは咲き始め、シルビアは見当たらなかったが、そろそろ発生していてもいい頃だ。

d0001300_2326829.jpg ポイントに着くと、ミヤコグサがいい感じに咲いている。ぱっと見、シルビアらしき蝶は見当たらない。モンキチョウがちらほら。ミヤコグサを踏まないように歩いていると、スレヤマト?と思う蝶が飛び出した。目で追っていると少し遠くにとまった。双眼鏡を出すまでもなくシルビアっぽい。そーっと近づくとシルビアである。最初の頃は現場でヤマトと区別がつくのだろうかと思っていたが、ぱっと見で違う。当たり前だが、全くの別種である。
▲ポイントに咲くミヤコグサ

d0001300_11303276.jpg
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 待望のミヤコグサでの吸蜜シーン。本日のお気に入り。羽化直のようで綺麗な固体だ。
d0001300_2327675.jpg
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) こちらも待望の半開翅。♀だが、シルビア独特の紫がうまく写っている。
d0001300_23272430.jpg
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)
d0001300_23273941.jpg
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) シルビアを特徴づける翅裏が綺麗に写っていて、本日のお気に入り。

 シルビアはこれまで「なんとか写せた」という感じだったのだが、今日は待望のミヤコグサでの吸蜜をはじめとして、シルビアを満喫することが出来た。楽しかった、ただその一言だった。


d0001300_1114042.jpg 帰りに小腹がすいたのでイオンモール倉敷に寄った。ドトールコーヒーで軽く食べて、大勢の人で賑わう店内を歩いていたらふとBOROの「大阪で生まれた女」の一節を思い出した。・・・・♪大阪は今日も活気にあふれ、またどこからか人が来る~♪・・・・。なぜかこの部分を聞くといつも少し胸が熱くなる。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-05 23:28 | | Trackback | Comments(14)
2009年 05月 04日
フレンドリーなクロヒカゲ
d0001300_23475291.jpg 薄曇。昨日、久しぶりに楽しませてくれたので、今日も種松山のコジャノメポイントへ行く。

 昨日と同じ林道でコジャノメの撮影を楽しんでいるとクロヒカゲが目の前を飛んでシダにとまった。絶好のシチュエーションである。慎重にに少しづつ寄っていくが逃げる気配がない。なかなかいい子だ。色々と条件を変えて撮影する。
▲種松山のコジャノメポイントから見た倉敷市街
d0001300_914505.jpg
▲クロヒカゲ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO ストロボ) 本日一番のお気に入り。やはりストロボを発光させたものが実際に目で見た感じに最も近い。内臓ストロボなので、ハイスピードシンクロが使えないのが少しつらいところ。
d0001300_22205552.jpg
▲クロヒカゲ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 愛機istDsにとまったところ。このクロヒカゲは本当にフレンドリーだ。Ryochanの周りから離れない。
d0001300_22355865.jpg
▲クロヒカゲ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) とうとう着ている撮影用のベストにとまった。歩いても逃げないのでしばしデートを楽しんだ(笑)。
d0001300_2220393.jpg
▲コジャノメ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO ストロボ) 少し「いかにも」感があるが、まずまずかな。ふと思ったのだが、なんだか図鑑の写真ぽい。こうしてみるとプロはやはりストロボ使ってんだと思う。

 今日の蝶はみんな本当にフレンドリーだった。なんだか蝶と心が通じたような気持ちになれて嬉しかった。久しぶりに時間を忘れて撮影を楽しんだ。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-04 22:20 | | Trackback | Comments(4)
2009年 05月 02日
ジャノメの季節
d0001300_220926.jpg 連休4日目、いよいよ5月に突入。過去のブログを見直すと、そろそろコジャノメが発生しているはずである。コジャノメ狙いで種松山に出掛ける。

 コジャノメポイントの林道を歩いていると新緑が気持ちいい。今年は全体に蝶が少ないのでどうかなと思っていたが、ぼちぼちと見つかる。早々撮影。
▲コジャノメポイントの林道(RICOH・GX200)

d0001300_2225472.jpg
▲コジャノメ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO ストロボ) ちょうど電池マークが空になっていたせいかも分からないが、いい感じである。
d0001300_22295835.jpg
▲ヒメウラナミジャノメ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) ヒメウラの開翅もまた味のあるものである。
d0001300_184829.jpg
▲クロヒカゲ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 羽化直のようで綺麗だ。

 里山の蝶というと、人により、地方により様々だと思うが、Ryochan的にはやはりジャノメである。ジャノメを見ると山に来たなと思う。いよいよジャノメの季節、里山歩きが楽しくなる季節だ。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-05-02 22:21 | | Trackback | Comments(0)