<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2009年 02月 15日
種松山の古墳Ⅱ
d0001300_2345357.jpg 快晴。昨日に比べると風が少し冷たいが、それでも十分に暖かい。ひょっとして初羽化蝶が見られないかと、昨日のポイントへ行く。昨日と違い快晴なので期待していたのだが、状況はあまり変化していない。初羽化蝶という雰囲気ではない。そんな訳で以前から気になっていたことを確かめるべく林の中に踏み込む。

 写真では分かり難いが、人の手が入った痕跡や雰囲気が満ちている。妙に平坦であったり、不自然な段差があったり、人の手で加工されたような雰囲気の石がぽつんとあったり。
d0001300_19555170.jpg

d0001300_19561547.jpg 尾根筋の少し平坦な部分を縦走的に歩いていたら、明らかに人工物と断定できる遺物を見つけた。何だろう? 井戸の跡?
d0001300_19562811.jpg さらに歩いていたら、明らかに人手の加わった石を見つけた。何だろうと近づいて石の下の隙間を覗いて驚いた。なんと石室である。それもかなり大きい。
d0001300_19564367.jpg 何とか表に回ると石室の入り口が見える。明らかに古墳である。

 近づくと、大きい! 見事な石室である。以前見つけた下浦田2号墳よりも大きくて保存状態もいい。石室は深くて真っ暗なので中をうかがうことは出来ない。入ってみようかと思ったが、あまりにリアルなので、入れなかった。
d0001300_1956573.jpg

d0001300_19571121.jpg 古墳のあった場所は少し出っ張った小さなピーク(約60m)に当たる場所で、墓としては絶好の場所ではあるのだが、ここまであの巨石を運ぶには道も人もいるだろう。何よりこれだけの古墳に葬られるのだからそれなりの人口のある集落の長であっただろう。あの巨石を運ぶのには数十人の人手が必要と思われる。そんなことを考えながら辺りを見回すと、明らかに人工的な地形である。今は見てのとおり、道も何も無いが、おそらく昔はこのあたりは段々畑であり、畑に通う道もあったのではないだろうか。


 家に帰って、以前、倉敷市埋蔵文化財センターでいただいていた倉敷市遺跡地図を見ると、見つけた古墳は調査済みで、「古城池2号墳」だった。最初に見つけた井戸の跡のような遺構は古城池1号墳の石室の一部と思われる。地図を見て改めて驚いたのだが、春蝶ポイントの一つにしている尾根の耕作地は旧石器時代の鏃などが出土している、3~1万年前の遺跡とのこと。蝶的にはめぼしい成果は無かったが、面白いものを見つけることが出来た。種松山はまだまだ奥が深い。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-02-15 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(6)
2009年 02月 14日
初蝶(越冬種)ゲット
 晴れたり曇ったりで特別にいい天気ではないのだが、とにかく暖かい。朝から片付けものなどをしていたのだが、このぶんならひょっとするかなと、片付けが一段落したところで近くの春蝶ポイントに様子を見に行く。

 ポイントに着いたころから日が翳り曇り空。ぱっと見、蝶は飛んでいない。それでもハコベやオオイヌノフグリはそれなりに咲いていて、春の香りもそれなり。さすがにだめかなぁと思いながら歩いていたら遠くにキチョウが飛んでいる。近づくとツマグロキチョウぽい。そっと近づくとやはりツマグロキチョウである。このポイントでは5年ぶり、種松山では希少種である。近くの耕作放棄田に生えているカワラケツメイで発生しているのだと思うが、危うい生息環境である。久しぶりに湿っぽいところで腹ばい撮影。少し気持ち悪くもあり、ひさしぶりの快感でもある(笑)。
d0001300_2152370.jpg
▲ツマグロキチョウ(環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

d0001300_21282619.jpg 逃げないのでGX200でも撮影。何枚か撮っているうちに絞りを変えられることに気がついた。R8はオートモードしかついていなかったので、意識が無かった。少し絞って撮影。うん、いい感じである。それにしても24ミリは予想以上にいい。撮る前にアングル的に少しきついかなと思っていたのだが、いい感じである。

 今日はムラサキシジミも見つけたのだが、こちらは撮影できなかった。天気予報によると明日はいい天気なようなので、そろそろかな。

d0001300_22513555.jpg


▲ツマグロキチョウ(環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類(RICOH・GX200)

[PR]

by ryochan_ex | 2009-02-14 21:45 | | Trackback | Comments(10)
2009年 02月 07日
写真展「蝶の道」と海遊館
d0001300_10342999.jpg 先々週、先週といろんなことがあり、大変だった。色んな意味でよくやったなぁと思う。今月いっぱいは、まだまだ色々とやらなければならないことがあるのだが、とりあえずは一区切りついた。自分へのご褒美と奥様の慰労を兼ねて、ニコンプラザ大阪で開かれている海野和男さんの写真展「蝶の道」を見に行く。

 家を7時30分に出て、SAで時々休みながら、JR大阪駅裏の予定していた駐車場に着いたのが10時30頃。JR大阪駅のすぐ裏で30分150円はありがたい。ニコンプラザ大阪のあるヒルトンプラザウエストまで歩いていると、まるで早朝の街を歩いているように人が少ない。休日のオフィース街ってこんなものなのだろうか?
▲休日のオフィース街を歩く奥様(RICOH・GX200)

d0001300_103527.jpg 右のビルがヒルトンプラザウエスト。ニコンプラザ大阪はここの13階にある。ちなみに左のビルはヒルトンプラザイースト。
▲ヒルトンプラザ前の横断歩道にて(RICOH・GX200)

 ニコンプラザ大阪に着いたのは11時少し前。オープンは11時とのことなので、下に降りて少し時間をつぶしてから出直した。
d0001300_10354457.jpg
▲ニコンプラザ大阪(RICOH・GX200)
d0001300_1036765.jpg
▲ニコンプラザ大阪(RICOH・GX200)

 一通り見終わって思ったのは、海野さんは想いを大切にする人なんだなということ。そして、想いのこもった写真はやはり人をひきつけるものなんだということである。それにしても、広角での蝶の写真を30年近く前に始められていたということにはすごいことだと思う。

d0001300_1842763.jpg 今日はもうひとつ予定がある。とりあえず駅前の飲食街で腹ごしらえ。適当に雰囲気で入ったのだが、リーズナブルなお値段で美味しかった。お勧め。
d0001300_20374859.jpg
▲とんかつ がんこ(RICOH・GX200)

 もうひとつの予定は海遊館。大阪市街を縦に抜けなければならないのだが、ナビの言うとおりに運転していたらきっちりと到着した。ナビ偉い。
d0001300_18572387.jpg
いやー、もうすごい人である。でも、ここは楽しい。大水槽は迫力満点。
d0001300_1843022.jpg
▲イワシの回遊水槽(RICOH・GX200)

 ジンベイザメやマンボウも良かったが、Ryochanはこのイワシの水槽が一番気に入った。

 海遊館に併設されているショッピング施設を歩いていたら、昭和40年代を再現したコーナーがあった。最近、色んなところでちらほら見かけるのだが、やはり郷愁をかられるもので、歳をとったということかな(笑)。
d0001300_18431640.jpg
▲昭和レトロ(RICOH・GX200)

 さすがに帰りは遠かったが、どちらも前々から行きたいと思っていたこともあり、楽しかった。たまにはプライベートな大阪もいいものだ。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-02-07 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(6)