<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2008年 12月 29日
非越冬蝶の終見日?
 正月休み3日目。暇である。大掃除とかすればいいのだと思うが、体がいやいや言っている。ベランダに出てみると暖かい。こんな日に家の中にいるのも何だかなぁということで、昼食がてら今年最後の蝶見に出掛ける。

 東塚の「ふるいち」で食事の後、いつもの春蝶ポイントへ。午前中は快晴だったが、着いたころから雲が出始めたが、それでも十分に暖かい。いつものポイントで少し待っているとベニシジミが現れた。前回来たときも思ったのだが、飛び方が、ベニシジミらしくない。どちらかというとセセリぽい。他個体が現れると激しく追飛する。ベニシジミってこんなに性格きつかったかな?って感じ。
d0001300_18383742.jpg
▲ベニシジミ(PENTAX・istDs+SIGMA105mm MACRO)

d0001300_2028840.jpg ウラナミシジミはかわいそうなくらいにボロボロの固体が多い。ベニシジミに追い回されて神経質になっているわけではないだろうが、なかなか近づかせてくれない。しつこくトライを繰り返してなんとか広角を写すことが出来た。
▲ウラナミシジミ(RICOH・GX200)

 明日から奥様も正月休み。ということは明日からは家のことをしなければならないと思われるので(笑)、今日が今年の終見日(という言葉があるのか少し疑問なのだが)となると思う。それにしてもこの時期まで、非越冬蝶が見られるのは、うれしいような悲しいような、複雑な思いである。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-12-29 18:40 | | Trackback | Comments(8)
2008年 12月 13日
RICOH GX200を買った
d0001300_0311931.jpg ちょっとした臨時収入があったので、広角接写用にRICHO・GX200を買った。コントラストAF可能なデジイチも検討したが、Ryochanの撮影スタイルを考えると、現時点ではGX200が最も理想に近いと判断した。

 RICHOのカメラはこれで3台目だが、Ryochanとしては決してRICHOファンな訳ではなく、現時点ではRICHOのカメラ以外でRyochanの要求仕様を満たすカメラがないのでしかたなくRICHOを使っていたという部分もあったのだが、GX200を使ってみて、とうとうRICHOのシンパになってしまった(笑)。GX200、素晴らしいカメラである。これまで使用してきた、R6、R8で「なんとかならないかな~」とか「ここがこうなればな~」と思っていた部分が全て具現化されている。特にカスタマイズ性の高さは特筆に価すると思う。

 ネット注文していたものが、一昨日、届いたばかりで、まだ使用法を完全には理解できていないのだが、試し撮りに出かけた。うす雲はかかっているのだが、風がなく暖かい。今年の正月にモンシロチョウを確認したポイントに行くと、いつものように季節を見まがうようにホトケノザが咲いている。かなり痛んだ固体が多いが、ベニシジミがいたので早速撮影。
d0001300_9405071.jpg
▲ベニシジミ(RICHO・GX200) この写真だけ見るととても12月に撮ったとは思えない。来春にこのパターンで新鮮なベニシジミが撮れればお気に入りの一枚となりそう。少しバックがうるさいかな。
d0001300_036258.jpg
▲ベニシジミ(PENTAX・istDs+SIGMA105mm MACRO)
d0001300_039148.jpg
▲ヤマトシジミ(左)とウラナミシジミ(右)(PENTAX・K20D+SIGMA105mm MACRO)

 写真には撮ることが出来なかったが、モンシロチョウとキタテハも確認した。今年はここで1月3日にモンシロチョウを初見したのだが、来年は究極の初見日(1月1日)に挑戦してみるかな(笑)。

d0001300_041291.jpg[12月12日分]
 CMでお馴染みのクラレちゃん(クリックするとクラレちゃんが見れます)が来るというので、クラレのクリスマスファンタジーの点灯式に行った。クラレちゃんに触ってみたが、本当にもこもこだった。ツリーはクラレ倉敷事業所の正門前にある本物のヒマラヤスギに電飾したものだが、思ったより綺麗だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-12-13 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(8)