<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年 03月 29日
吉備路風土記の丘で春を満喫
 菜の花で吸蜜するモンシロチョウでも撮れないかなと吉備路風土記の丘に出かける。雲ひとつ無い快晴という天気ではないのだが、暖かい。いかにも春ぅという天気である。

d0001300_10253086.jpg 現地に着いて少し歩くと一面に咲く菜の花が目に眩しい。若いカップルや、家族連れなどが多い。菜の花の中に入って写真を撮る子供連れやカップルを見ていると思わず頬が緩む。


 こちらの群落ではモンシロチョウ、モンキチョウ等が一目、5,6頭は飛んでいる。見ているだけで楽しい。絶好のロケーションなのだが、問題が一つ。一面にあまりに綺麗に咲いていて、中に入る余地が無いのだ。蝶もそのあたりを心得ているのか、なかなか射程圏内には来ない(笑)。
d0001300_10215839.jpg
 辛抱強く、菜の花畑の周りを行ったり来たりしながらそれでも、何とかモンシロチョウをゲット。
d0001300_10221191.jpg
 △モンシロチョウ(Pentax istDS+sigma105mmMacro)

 菜の花にモンシロチョウというのは春の定番のイメージなのだが、実際にはそんなに多く見かけるシーンではない。面白いものである。
d0001300_10222444.jpg
 △モンシロチョウ(Pentax istDS+sigma105mmMacro)

 この写真、何のへんてつもない写真なのだが、いかにもモンシロチョウらしい感じがする。本日のお気に入り。

 蝶の成果は今ひとつだったが、春の日差しを浴びて、花畑で乱舞する蝶を見ながら散策するのは本当に気持ちが良かった。この時期の散策ポイントとしては超お勧めである。この時期の定番になりそうである。
 
[PR]

by ryochan_ex | 2008-03-29 23:59 | | Trackback | Comments(14)
2008年 03月 16日
春の食べられる野草を探そう会
 かねてから予定していた倉敷市自然史博物館友の会主催の「春の食べられる野草を探そう会」に参加する。今年の開催場所はマイフィールドの種松山。また、今日は、かねてからお誘いしていた、放送大学パソコンクラブの会長をはじめ、現地での天婦羅係りとしてもう一人のPCクラブ会員の方も参加される予定。楽しい会になりそうである

d0001300_228195.jpg 9時10分、受付場所のライフパーク倉敷入り口に着くと、もうかなりの数の方が集まられている。Ryochanも受付を済ませて、顔なじみの方とお話なんかをしていたらPCクラブの会長も来られた。会長と話をしていたら、もう一人のPCクラブ会員さんとばったり。やはり放送大学生は好奇心が強い人が多いようである。

 右の写真は出発前の様子。後ろに見えるのが種松山。

d0001300_2283848.jpg 右の写真は食料調達中のPCクラブ会長と会員のIさん。実はこの場所は種松山の春蝶ポイントの一つで、正月にモンシロチョウを撮影したのもこのポイントである。今日もモンキチョウとモンシロチョウが飛んでいた。

 折り返し地点の真弓池の横の耕作地では、係りの方が揚げてくれた、揚げたてのハコベの天婦羅を美味しくいただいた。夕食も本日収穫した山菜?の天婦羅だったが、本当に美味しかった。採り過ぎて天婦羅だけでは食べきれず、試しに「おしたし」にしてみたが、こちらもけっこうおいしかった。これがほんとの地産地消かな(笑)。

 春の日差しを浴びて皆さんと楽しくお喋りしながらのハイキング?はとても楽しかった。来年もぜひ参加しよう。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-03-16 23:05 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(4)
2008年 03月 08日
初蝶ゲット
 窓を開けると快晴。暖かい。「これはいけるでしょう」、ということで初蝶を探しに種松山に出かける。

 最初に訪れたのは、先週も訪れた家から一番近い初蝶ポイント。車を降りて、期待を込めて見回すも、飛んでいる蝶は見えない。ムム・・・。花は先週よりも明らかに増えてはいるのだが、例年の初蝶時期と比べると少ない。このポイントの一番奥にあるシロバナタンポポの群落のある所まで歩いてみたが、初蝶はおろか、越冬蝶もいない。昨年の初蝶時にはかなり咲いていたシロバナタンポポは咲き始めといったところ。うーん、少し早いのだろうか・・・。

 その後、先週と同じポイントを一通り回るも状況は同じ。初蝶はおろか越冬蝶も見えない。仕方がないので種松山の暖かそうな所を流していたら、「そうだ、この先にも初蝶ポイントがあったっけ」と思い出した。

 車を降りて歩いていたら、本当に暖かい。汗ばむくらいである。が、蝶は見えない。ま、いいかと、初蝶をあきらめて、草の斜面に寝っころがって日向ぼっこをしていたら、目の前をモンキチョウが飛んで行った。「いた!」、思わず声を上げた。直ぐ立ち上がって探すが、見当たらない。確かこの辺りにとまったはずだが、と探していたら、足元から飛び立った。こんどは見失わないように目で追う。とまったところを慎重に撮影。
d0001300_22272216.jpg
△モンキチョウ(istDS+sigma105mmMacro)

 いい。この感じ、本当に久しぶりである。
d0001300_22273662.jpg
△モンキチョウ(istDs+sigma105mmMacro)

 一通り撮影し、余裕が出来たので、広角でも撮影。あとはしばらくぼんやりと眺めていた。
d0001300_044330.jpg
△モンキチョウ(CapliR5)

 例年だと初蝶を確認する日は1頭だけでなく、越冬蝶を含めてそれなりの数の蝶を見ることが出来るのだが、今年はこの1頭だけだった。

 これでいよいよ今年もシーズンイン。今年はどんな出会いがあるのだろうか。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-03-08 22:28 | | Trackback | Comments(16)
2008年 03月 02日
初蝶はおあずけ
 そろそろXDayである。昨年は3月3日。薄雲がかかって少し日差しは弱いが、風もなくそれなりに暖かい。初蝶を探しに種松山に出かける。

 最初に訪れたのは家から最も近い定番ポイント。車から降りて歩いていると頬をなでる風は完全に春の風である。ホトケノザ、ナズナ、オオイヌノフグリ、タネツケバナといった春の定番の野草は咲いているのだが、蝶の姿は全く見られない。一通り歩いて次のポイントへ。

 次のポイントは正月にモンシロチョウを撮影したポイント。ここも野草だけ見ると完全に春なのだが、蝶の姿は全くなし。うむーっ・・・。山野草の開花状況は昨年と比べると2週間程度遅れているようである。やはり蝶も同じなのだろうか・・・? 蝶を清くあきらめて(笑)、西園地の梅園へ梅を写しに転戦。

 駐車場横の梅園の梅はまさに満開。こうして見ると梅もけっこういける。梅見のお客さんもちらほら。梅を写していたら赤ちゃんづれの若いカップルに「写してください」と頼まれた。微笑ましい風景である。頼まれたこちらも少し幸せな気持ちになった。
d0001300_20512029.jpg
d0001300_20514974.jpg
 植物指標から判断すると初蝶は再来週かな・・・。ま、そんなにあせらなくても春は確実に訪れるか。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-03-02 20:51 | | Trackback | Comments(10)