<   2005年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2005年 05月 29日
リベンジ
5月28日(土)
 先週のアカシジミが今一つだったのでリベンジに出掛ける。先週見つけたポイントも考えたが、偶然ぽいので、種松山にゼフィルスがいるとしたらこの辺りしかないと目星をつけていた種松山最深部へ行く。

 種松山はミカン畑が多いため、農作業用に軽トラ用の道が最深部でも走っている。私の車はカローラなので、多少擦ることを覚悟すれば、軽トラ用の道でも何とか通れる。前から車が来るとどうにもならないが、ま、来ることはまずない。昼でも暗いところも多く、夜なんかに来るとすごいだろうな~、などと考えながら、目星をつけていたポイントをいくつかはしごする。

 結果としては、3ヶ所回って、どのポイントでも1~3頭のアカシジミを確認。数は多くはないが種松山全域に生息しているようである。棲息確認という意味では目的を達したが、肝心の写真の方は先週よりも少しばかりましなものが撮れただけで、今一つの成果であった。

 帰り道、先週のポイントにダメモトで寄ってみると、なんと、いるではないか。先週のは偶然ではなかったようである。とにかく高い所にしかとまらないので脚立でもほしいところであるが、目一杯背伸びして、何とかものになる写真を撮ることが出来た。
d0001300_21122243.jpg

 前の葉がなんとも目障りであるが、背い高して、なんとかぎりぎりの雰囲気はよく出ていると思います(笑)。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-29 22:22 | | Trackback | Comments(3)
2005年 05月 21日
初ゼフィルス
 私がホームグランドにしている種松山は四方を市街地に囲まれた周囲10km高さ250m程度の山体なのでそんなに蝶相が濃いところではない。棲息種は多く見積もって70種程度ではないかと思っている。春蝶はあらかた撮影したので、この時期は夏蝶まで端境期の感がある。とは言っても黒系アゲハは全く撮影出来ていないので、黒系アゲハでも撮れればと午後からサトキマ(ダラヒカゲ)ポイントへふらりと出掛ける。

 ポイントへ着くとヒメウラナミジャノメが多い。次いで多いのがサトキマダラヒカゲ。先週まで見たこともなかったのであるが、こんなにいたっけって感じ。遊びに少し撮るが、こう多いとなーって感じで食傷感が漂う。

 少し歩いていると新しい道発見。細いが明らかに人手が入っている。探検探検。10分位歩いて出た所はなんと以前から知っている別のポイント。こんな調子でかなり歩くが目ぼしい獲物は無し。何とか迷わず元のポイントに戻って、クロヒカゲを撮っていると、毒々しいまでにオレンジ色の蝶?が脇をかすめて後方の木にとまる。あまりに派手な色なので蛾かな?と思いながらファインダーで覗くと、なんとアカシジミ。全くノーマークだっただけに、えーって感じ。とまった場所が木の上の方なのだが300㎜一杯で何とか撮影する。
d0001300_21233597.jpg

 これがゼフィルスかと思って改めて見ると本当に美しい(笑)。夕方になると活発に活動すると本に書いてあったので5時過ぎまで粘ったが、この一頭以外は見えなかった。写真は今一つのものしか撮れなかったが、とりあえずゼフィルスを見ることが出来たことで満足満足。なにより種松山にゼフィルスが棲息していることが確認出来たことが嬉しい。

d0001300_2328429.jpg アカシジミが小さくしか撮れなかったので、帰り道、でかい飛ぶものを撮って帰った(笑)。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-21 23:13 | | Trackback | Comments(4)
2005年 05月 15日
サトキマダラヒカゲ、ゲット
 昨日見つけたサトキマダラヒカゲのポイントに行く。あまりいい写真が撮れなかったのでリベンジである。

 ポイントに着くと、いるいる。本当にいっぱいいる。サトキマダラヒカゲはRyochan的新種である。希少種と思っていたのだが、一日で普通種になってしまった。いっぱいいるので、どれを撮ろうかと迷っていると、上手い具合に木漏れ日が当たっている個体が目に入る。
d0001300_9463565.jpg

 木漏れ日がスポットライトのように当たったいい雰囲気の写真になった。今日もストロボを試してみたが、やはり自然光が一番であることがよく分かった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-15 20:47 | | Trackback | Comments(2)
2005年 05月 07日
出会いは突然
 2時ごろからちょっと撮りに出掛ける。ちょっと撮りのポイントはいくつかあるのだが、今日はクロヒカゲポイントにする。
 
 このポイントは家から近くていいのだが、車を停める場所がない。いつもは半分無理やりって感じのところへ停めているのだが、交通マナーを考えて、少し歩くが安全な場所に車を停める。

 車を降りて歩いていると、民家の庭先に植えてあるノースポールにセセリチョウのような蝶がとまったのが目にはいる。よく見ると少し大きい。ムラサキシジミ? ん、コツバメ?、半信半疑でよく見るとやはりコツバメである。あれだけ探して種松山美しい森でかろうじて確認できたRyochan的希少種がこんな場所にいるとは、本当に「うそーっ」て感じである。

 ノースポールが咲いているのは門柱から50㎝ほど入った所なのだが、事情が切迫しているので失礼して越境撮影をする。どこぞのJRのボウリング大会とは違い、こうゆうのが臨機応変な判断というものである・・・。
d0001300_9481260.jpg

 全国的には普通種なんだが、本や資料で棲息しているらしい場所を調べ、この春の目標にしていた蝶だけに本当に嬉しい。アクシデントはあったが、蝶的には満足の連休であった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-07 22:03 | | Trackback | Comments(2)
2005年 05月 05日
コジャノメ
 明日は事情があって出勤しなければならない。ま、天気予報は雨だとのことなので、ちようどいいと言えば、いいのだが。で、暇なので2時ごろからふらりと近くのジャノメチョウポイントへ行く。このポイントは家から近いし、アップダウンもほとんどないので、ちょっと撮りには好適の場所である。

 ポイントに着くとすぐにコジャノメとヒメウラナミジャノメが出迎えてくれた。ここのコジャノメは妙に色が濃くて綺麗である。近くにとまったコジャノメにそっと近づきまず一枚。次第に近づいていくが飛び立つ気配すらない。よしよしと、色々と条件を変えていっぱい撮る。30枚くらい撮っただろうか、さすがに満足してひきさがる。カメラのLCDで確認すると、当たり前だが色んな感じで撮れている。結局、F8、EV-1.0、ストロボ同調の写真が一番良かった。
d0001300_16262041.jpg

 バックの抜けたところでストロボを使うと夜に撮ったような不自然な写真になるので、構図が限定されるが、使い方によっては良いアイテムである。結局のところブレが最大の敵であることがよく分かった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-05 19:26 | | Trackback | Comments(2)
2005年 05月 04日
スローライフ
 リハビリも二日目となると、少し強度を上げるというのが理屈だろうと、久しぶりに種松山に行く。狙いはヒメウラナミジャノメに決める。Ryochanはジャノメチョウ科の蝶が好きである。この蝶を見ると「山に来たなー」という感じがする。ゼフィルスがほとんどいないこの辺りではジャノメチョウ科のチョウはRyochan的にはゼフィルスなんだと思う。

 ポイントに着くと、予定どおりヒメウラナミジャノメがたくさんいる。d0001300_18282075.jpgいくらでもいるんだが、近づくとすぐ飛び立つ。何枚か撮るがどうも満足な写真が撮れない。ま、今日はのんびりといこうと、散策に切り替える。散策していると今まで気にも止めなかった、食痕が目に付く。食痕のある葉を裏返すと幼虫がいる。何の幼虫かさっぱり分からないが、その気で探すとあちこちに見つかる。これはこれで結構楽しいものだ。

 少し疲れたので、休憩がてらノゾピーさんと上山さんに教えていただいた○秘作戦を行ってみる。小一時間、ウグイスの鳴き声を聞きながら休憩していると、飛んで来たクロ系アゲハに黒い中型の蝶がスクランブルをかける。とまったところでクロヒカゲと確認。そっと立ち上がって撮影。○秘作戦は空振りに終わったが、クロヒカゲは満足の写真が撮れた。

d0001300_16292421.jpg

 怪我をしてゆっくりと歩いたおかげで、これまで見えなかったものが見えるようになった。スローライフとはこういうことなんだなーっ、と実感した一日であった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-04 18:33 | | Trackback | Comments(4)
2005年 05月 03日
コジャノメ、ゲット
 痛みもずいぶんひいた。そろそろ社会復帰に向けてリハビリでもと、妻の買い物に付き合う。買い物が済んだので、近場で楽に歩けそうな円通寺公園に行く。

 駐車場に車を停めて、休憩所に続く階段を少し登る。ツツジが満開で美しい。遊歩道を少し歩くとヒメウラナミジャノメらしき蝶が現われる。今年の初見なのでとりあえずカメラを向ける。コジャノメ? ヒメジャノメとの違いは覚えていないが、全体に丸みが強い感じである。とりあえずシャッターを切り、本格的に撮ろうとすると背後からオバサン連れの声。逃げられる。少し待っていると別の個体。撮ろうとするとまたオバサン連れ。逃げられる。遊歩道なので(でなくても)文句も言えず、うーん。そんなことを何度か繰り返して何とか撮影することが出来た。
d0001300_16311610.jpg

 オバサン連れをかわしながら撮ったのだが、なかなか上手く撮れた。満足満足。家に帰るまで確信がなかったが、家に帰り、図鑑でコジャノメと確認。またまた私的新種ゲットである。リハビリにしては出来すぎの一日だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-05-03 18:53 | | Trackback | Comments(0)