カテゴリ:最近の出来事( 102 )

2005年 09月 17日
倉敷観光
 倉敷に確実に生息していて、そんなに珍しくもないはずなのに見つけられていない蝶にコムラサキがある。先週の日記のコメントで「大阪市とその周辺の蝶」の上山さんから美観地区に30年前は生息していたとの情報をいただいたので確認に行く。

 芸文館の地下駐車場に車を停め探索(観光?)を開始する。いつもながら観光客が多い。とりあえず白壁の町並みでも写しておくかと、コンデジを取り出しシャッターを切る。「カードが入っていません」。ガーン。PCに挿したまま、カメラに入れるのを忘れていた。仕方がないので蝶用のレンズ(オークションで安く買ったシグマの105㎜マクロレンズ)で撮影する。一通り歩くがコムラサキはおろか蝶自体がいない。ま、この状態では無理からぬことか。

d0001300_2323257.jpg 時間はあるので、久しぶりに大原美術館に入ることにする。「学生一枚」と学生証を出す。少し怪訝な顔をされるも学割で600円(一般1000円)。絵画の趣味はないが、たまにはこういう雰囲気も悪くないななどと思いながら一通り見て歩く。しかし超一級の美術品をこれだけ見て600円は、なんともお得である。学生の特権かな(笑)。

d0001300_2351635.jpg 大原美術館の前には怪しい芸術家がいる。ここでづっと営業?しているカリスマ大道絵師さんである。何気に眺めていると、目の前をコムラサキらしき蝶。すぐ目で追う。ボロボロの個体ではあるがコムラサキである。柳の上の方をせわしなく飛んで降りてこない。撮影をあきらめて他にいないかと探していると、鮮度の良さそうな個体が掘割の上を飛んでいるのを見つける。目で追っていると「すみません、写真撮ってください」。振り向くと若いカップル。カップルの写真を撮り終えた時にはコムラサキはどこかに消えていた。この人ごみの中での撮影は極めて困難とは思われるが、いつか広角接写で白壁とコムラサキを撮りたいものである。上山さん貴重な情報をありがとうございました。

d0001300_2311539.jpg その後40年ぶりに倉敷昆虫館を訪れた。全く変わっていない。標本を見ていると小野館長が声を掛けてくれた。一時間ほど昆虫談義。倉敷昆虫同好会発行の「岡山県の昆虫(1978年)」を買って昆虫館を後にする。コムラサキの写真は撮れなかったが、それなりに収穫のあった一日だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-09-17 23:54 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(4)
2005年 03月 27日
春の食べられる野草を探す
 倉敷自然史博物館・友の会主催の「早春の食べられる野草を探そう」会に夫婦で参加する。9時30分倉敷市役所前駐車場を出発。向山山頂公園まで食べられる野草を探して歩く。「向山なんかに食べられる野草なんかあるのかなーッ」。
 10分ほど歩いた倉敷川沿いの護岸緑地で早速食べられる草発見。どれどれと見ると、蝶を探しているときにいくらでもある「普通の草」。名前は「ホトケノザ」に「ハコベ」。「エッ、こんなもん食べれるんですか?」って感じ。講師の先生曰く「天婦羅にすると美味しい」らしい。でも今日この日まで名前知りませんでした(恥しい)。以下この調子で山頂公園まで歩く。
 山頂公園で講師の先生がまとめのお話をしている時に蝶発見。一瞬ヤマトシジミかと思うが少し違う感じ。失礼は承知で蝶の方へ。
d0001300_1974820.jpgムム、待望のルリシジミっぽい。持っていたオリンパスで撮る。少し使っていないと使い方がすぐに思い出せない。カメラをいじっているうちに逃げられる。昨年から探していた私的新種なんだけど、あまりにあっけない遭遇。でも、ま、こんなもんでしょう。(家に帰って図鑑でルリシジミと確認)(キチョウ初見(向山))

d0001300_19131460.jpg そんなこんなで、ビニール袋いっぱいのおかずを手に観察会終了。講師のの先生(武田満子先生、他)ありがとうございました。日本中に食料があふれていることが良く分かりました。天婦羅は本当に美味しかったです。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-03-27 19:14 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(4)