カテゴリ:最近の出来事( 101 )

2005年 03月 27日
春の食べられる野草を探す
 倉敷自然史博物館・友の会主催の「早春の食べられる野草を探そう」会に夫婦で参加する。9時30分倉敷市役所前駐車場を出発。向山山頂公園まで食べられる野草を探して歩く。「向山なんかに食べられる野草なんかあるのかなーッ」。
 10分ほど歩いた倉敷川沿いの護岸緑地で早速食べられる草発見。どれどれと見ると、蝶を探しているときにいくらでもある「普通の草」。名前は「ホトケノザ」に「ハコベ」。「エッ、こんなもん食べれるんですか?」って感じ。講師の先生曰く「天婦羅にすると美味しい」らしい。でも今日この日まで名前知りませんでした(恥しい)。以下この調子で山頂公園まで歩く。
 山頂公園で講師の先生がまとめのお話をしている時に蝶発見。一瞬ヤマトシジミかと思うが少し違う感じ。失礼は承知で蝶の方へ。
d0001300_1974820.jpgムム、待望のルリシジミっぽい。持っていたオリンパスで撮る。少し使っていないと使い方がすぐに思い出せない。カメラをいじっているうちに逃げられる。昨年から探していた私的新種なんだけど、あまりにあっけない遭遇。でも、ま、こんなもんでしょう。(家に帰って図鑑でルリシジミと確認)(キチョウ初見(向山))

d0001300_19131460.jpg そんなこんなで、ビニール袋いっぱいのおかずを手に観察会終了。講師のの先生(武田満子先生、他)ありがとうございました。日本中に食料があふれていることが良く分かりました。天婦羅は本当に美味しかったです。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-03-27 19:14 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(4)