カテゴリ:放送大学( 35 )

2016年 10月 23日
久々の面接授業
d0001300_22534526.jpg 今月は久しぶりのアルバイトで忙しかった。世の中には本当に色んな人がいると思う。そのあたりの、お仕事のこぼれ話でも書けば面白いと思うのだが、守秘義務が絡むお仕事なのでそうもいかない。

 で、放送大学の紹介と宣伝を兼ねて放送大学ネタ。

  最近は向学心もかなり萎えている。思い起こせば13年も放送大学に在学している。さすがに古株になってしまった。面接授業はマンネリ感に少しだけ刺激を与えてくれる。

 今日の面接授業は 心理学実験Ⅰ。放送大学では貴重な心理系の実習授業。最近は、学期ごとに放送授業と面接授業をそれぞれ1科目ずつしかとっていないので面接授業も久しぶり。
d0001300_2324093.jpg
▲事務室の受付窓口

 朝早いということもあり、視聴学習室には誰もいない。
d0001300_23273165.jpg
▲視聴学習室。

 面接授業は22日(土)と23日(日)の2日間。今回は「目撃記憶」と「アイコニックメモリー」と「ミュラー・リヤー錯視」の実習。講師は岡山大学 準教授の 堀内孝 先生。どことなく芸術家っぽい。
d0001300_2341880.jpg
▲授業中

 もう長く心理学を学んでいるので、どれも学習済みのことばかりなのだが、それなりに楽しい。隣の人は今年入学したばかりとのこと。初々しい。
d0001300_23502029.jpg
▲授業中
 今回の授業で驚いたのは、Ryochanがエクセルの基本的な操作(数値にして貼り付け)を忘れていたこと。老化とかボケとかいうよりは、長く使っていないことによる忘れだと思うが、どんなに使わなくてもこのレベルのことは忘れることはないと思っていた。ものすごい衝撃。時々はエクセルを使う機会を意識してでも作らないとだめだなと思う。


d0001300_0874.jpg【最近のマイブーム】
 次なる車中泊の旅に向けてネチネチと愛車の快適化を進めている。テレビ、ラジオ、MP3プレーヤーの導入。小棚の作成、等々。これが楽しい。










[PR]

by ryochan_ex | 2016-10-23 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(2)
2015年 11月 15日
香川学習センターに行く
 面接授業「市民ジャーナリスト講座」を受けに香川学習センターに行く。香川学習センターに行くのは3回目。高松までは家からは瀬戸大橋を渡って1時間半くらい。慣れると高松は近い。あいにくの天気だが、カーステレオから流れる懐メロを口ずさみながら運転していると楽しいドライブ。
d0001300_22575361.jpg

 授業は11/14と15日の二日間。講師は四国新聞・元論説委員の明石安哲先生。先生は四国新聞のコラム「一日一言」を長く担当された方。
d0001300_01462.jpg
 1日目の授業はインタビュー記事の作成実習。1時間ほどの概要説明があった後、いきなり本番。先生が予めお願いしていた、方にインタビューを行い記事を書くというもの。Ryochanは「シネ・コム映画観隊 代表」の石田孝文氏のインタビューを行うことになった。

 もう右も左もわからないうちに、いきなり本番という感じ。先生流のやり方のようだ。何とか50分のインタビューを終えると800字目安の記事の作成。出来たら先生の添削。文章の添削というと「てにをは」に始まり誤字脱字からチェックされるのかと思っていたら「そんなものは・・・」という感じ。「リアリティのある記事にするにはどうするか」といった指導。「石田さんはこんな言い方はしないでしょう・・・」。ムム。何度かの添削を経た最終稿は自分のものとは思えないくらいに仕上がっていた。プチ感動。

 二日目の課題は当日の四国新聞朝刊の記事をもとに800字以内でコラムを書くというもの。当日の朝刊は予想もしていなかったフランスでのテロがトップニュース。何を取り上げてもいいのだが、Ryochanはテロを取りあげた。
d0001300_11584775.jpg
 どうまとめたものかと少し考えたが、以前から思っていたことを書くことにした。昨日の指導もあり、今回はそんなに大きな直しは無かったのだが、ちょっとしたことでずいぶん印象が変わる。さすがである。プロの物書きの方にマンツーマンで文章の添削をしてもらうのは初めて。貴重な経験だった。「タイトルを考えてから書く」は今後も実践していきたい。
d0001300_12491852.jpg

 結構お気に入りの文章が書けた。以前から言いたかったことでもあり、タイミングもいいので、以下に全文を掲載する。

大学に平和学部を
 またパリで大きなテロが起きた。多くの人が血を流して倒れている横をけたたましいサイレンを鳴らして救急車が走り抜ける。緊迫した映像がテレビから繰り返し流れている。フランスのオランド大統領はテレビ演説で「過激派組織『イスラム国』が実行した」と発表し、直ちに報復を宣言した。一方、同組織はフランスなどが同組織に対してシリアなどで続ける空爆への報復として行ったとの声明を発表した。
 このようなテロが起こるたびに繰り返されるのが「報復」という言葉である。報復の連鎖を断ち切らない限り、このようなテロはなくならない。攻撃されても反撃しない、それとも攻撃してくる相手を完全に叩き潰せばこの連鎖は無くなるかもしれない。
 フランスは後者の対応をとるようだが、この対応でテロが無くならないことは歴史を振り返れば自明である。「まことに遺憾である」と声明を発表しただけでことが解決しないことも、これもまた自明である。
 20世紀は「戦争の世紀」と言われる。人類は多くの犠牲を払った。にもかかわらず21世紀の現在もなお世界のどこかで人類は戦争を行っている。歴史を振り返っても人類はたえず戦争を行ってきた。この事実をみれば人類の社会から戦争を無くすことが、どんなに難しいことか分かる。
 これを研究する学問がある。平和学である。しかし平和学の講座を設けているのは私立大学の一部にとどまっており、国立大学には1校もないのが現状である。いかにすれば世界から戦争をなくし、平和な世界を築くことができるかを研究し、成果を発表していくことは人類の発展に大きく寄与するものである。
 国立競技場の整備に2000億円以上を投じる計画があった。税金の無駄遣いとの批判を浴びて頓挫した。学問への国の介入はご法度だが、ひとつくらい平和学部のある国立大学があってもいいのではないか。2000億円もかからないと思うのだが。
[PR]

by ryochan_ex | 2015-11-15 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(2)
2014年 12月 06日
香川学習センターに行く
d0001300_21153239.jpg 放送大学の面接授業を受けるために香川学習センターに行く。家から香川学習センターまでは1時間ちょっと。急ぐこともないので家を8時少し過ぎに出る。朝日を浴びて走る瀬戸大橋は何度通っても本当に気持ちがいい。

 香川学習センターへ来るのは2度目。四国第一の都市ということなんだろうか、岡山学習センターよりも広くて設備も充実している。
d0001300_2116075.jpg
▲ロビー (Nikon COOLPIX P330)
 左が多目的室。岡山学習センターの学生控室にあたる部屋。右が事務室
d0001300_21172180.jpg
▲図書室 (iphone6 Plus)
 奥が視聴学習室、手前が語学学習室
d0001300_21175419.jpg
▲講義室 (iphone6 Plus)
 今日の授業は心理学実験3。講師は香川大学准教授の岡田涼先生。Ryochanは今年の3月に心理と教育コースを卒業している。せっかく心理学を学んだので、その証として認定心理士の資格をいただこうと思い、認定基準を詳細に調べていたら実習が2単位足らないことが分かった。その一つが今回の面接授業である。
d0001300_21183039.jpg
▲岡田先生 (iphone6 Plus)
 岡田先生は自己紹介を聞くと若干33歳。なかなか講義がうまい。アシスタントに連れてきていた生徒さんたちも含め、教室が華やぐ。若いというのは本当にいいなぁと思う。
d0001300_21185627.jpg
▲授業中 (Nikon COOLPIX P330)
 上の写真は学習の転移の測定のため鏡映描写装置を使って図形をなぞっているところ。星形を1周なぞるだけなので普通にすれば10秒とはかからないのだが、4分経っても出来ない人もいて狐につままれたような思い。ちなみにRyochanも最初は数分かかった。

 いつものように2日間の詰め込みなので少し疲れたが、楽しい2日間だった。

【最近のモモ】
 セーターを買った。去年のセーターは全くちんちくりん。大きくなった。
d0001300_21195648.jpg
▲モモ (iphone6 Plus)
[PR]

by ryochan_ex | 2014-12-06 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(2)
2014年 03月 21日
放送大学学位記授与式(卒業式)に出席する(本編)
 放送大学学位記授与式(卒業式)に出席する。場所はNHKホール。前日に上京して東京観光を楽しんだ。今日は宿泊した目黒のホテルから直行。少し早く着いたので代々木公園を散策して戻ると、エントランスの前で大勢の人が記念撮影をしている。快晴の空のもと、華やいだ雰囲気があふれている。
d0001300_23373674.jpg
▲NHKホール (Nikon COOLPIX P330)

 開場は10時ということなので、ブログ用の写真なんかを撮っていたら、岡山学習センターの岡田所長と事務職員の方がおられた。挨拶をして少し談笑。
d0001300_2338532.jpg
▲NHKホールの前で開場を待つ人々 (Nikon COOLPIX P330)

 放送大学アナウンサーの鷹嘴さんが、放送大学生用の情報番組「大学の窓」の取材に訪れていた。
d0001300_23383631.jpg
▲「大学の窓」の取材中の鷹嘴アナウンサー(Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 中に入ると、中は中で記念撮影をする人、談笑をする人等で、やはり華やかな雰囲気があふれている。軽い緊張感と高揚感。卒業式の実感が少しづつ身を包んでいく。
d0001300_2339031.jpg
▲式典前(Nikon COOLPIX P330)

 席は地区ごとに指定されていて、岡山は二階席の右側。既にかなりの席が埋まっていたが、最前列に一つ空きがあったので゛「すみません、すみません」と入れてもらう。
 最前列なので一階の様子がよく見える。たくさんの人が入れ替わり立ち代わりステージの前で喜びを全身から発散させて記念撮影をしているのだが、下の写真の方の嬉しさと誇らしげなしぐさに少し胸がきゅんとなった。
d0001300_23392115.jpg
▲式典前に記念撮影する人たち (Nikon COOLPIX P330)

 式典は国歌演奏、来賓紹介、学位記授与、学長式辞・・・と凛とした雰囲気で進行していく。毎年、文部科学大臣が臨席くださり祝辞を述べられるのだが、今年は大臣政務官の代読だったのが少し残念。学位記は卒業生代表が受け取るのだが、どのように選考されているのかなぁ? 素朴な疑問。

d0001300_23394239.jpg
▲学長式辞 (Nikon COOLPIX P330)
 学長式辞では来季から放送大学に博士課程が新設されることに絡めて、教養とは何かといったことについて掘り下げた話があったのが印象的だった。

 卒業生総代による謝辞は毎年、感動的なひとこまなのだが、今年は特に感動的だった。Ryochanも目頭が熱くなった。放送大学のひとつの大きな役割がここにあると思う。岡田所長も泣いたと仰られていた。
d0001300_2340231.jpg
▲卒業生総代 謝辞 (Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 最後は岡部学長の指揮による学歌斉唱。楽しそうに指揮棒を振る学長の姿がいい。「開かれた大学、放送大学~」という歌詞が印象的だった。
d0001300_23401720.jpg
▲岡部学長指揮による学歌斉唱 (Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 式典を終え外に出ると、いただいたばかりの学位記を持って、看板の横で記念写真を撮る人がいっぱい。多いときは10人くらいの行列が出来ていた。アカデミックガウンを着ている人、羽織袴の人、和服の人・・・、それぞれに目いっぱい卒業式を楽しんでいる。
d0001300_23405390.jpg
▲卒業証書・学位記を持って記念撮影する人々 (Nikon COOLPIX P330)

 Ryochanも列に並んで記念撮影。頭にかぶっているのは、うけ狙いで自作した角帽。
d0001300_2254585.jpg
▲卒業証書・学位記を持って記念撮影するRyochan (Nikon COOLPIX P330)

d0001300_21465346.jpg 右の写真はRyochanが苦節?11年かかっていただいた卒業証書・学位記。

 放送大学に入学して11年。この間、本当に色んなことがあった。Ryochanの人生で最も大きく動いた11年だったように思う。奥様をはじめとする様々な方の支えでこの日を迎えることが出来たと思う。感謝したい。

 放送大学には多くの税金が投入されている。今後は放送大学で学んだことを社会に還元していくことが恩返しになると思いつつ、さて、何をしたものかと思う今日この頃である。

 放送大学は学歌の歌詞にあるように、全ての人に開かれた大学です。入学試験はありません。みなさんも、もういちど学んでみませんか? Ryochanは社会と産業コースに再入学しました。

 学位記授与式(卒業式)の様子を16分にまとめた動画です。よかったらご覧ください。感動の卒業生総代の謝辞のさわりも聞くことが出来ます。


[PR]

by ryochan_ex | 2014-03-21 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(11)
2014年 03月 20日
放送大学学位記授与式(卒業式)に出席する(東京観光編)
 放送大学学位記授与式(卒業式)に出席するために上京する。21日の朝一番の便に乗り、卒業式に出席し、一泊して翌日、東京観光をする予定だったのだが、スーパー早得を発売翌日に買いに行ったらなんと売り切れ。何それ? 前日の朝一番の便も売り切れ、仕方がないので残っていた前日朝2番の便を購入。確かにスーパーお得ではあるのだが、こんなに人気とは思わなかった。そんな訳で前日に東京観光、翌日に卒業式ということした。

 3時30分起床。家を5時に出発。雨。車で岡山駅に行き、パーク&ライドの駐車場に車を置いて、岡山6時20分発のぞみ106号東京行きに乗る。
d0001300_1453257.jpg

 9時43分東京駅着。雨が降っていないことを少し期待していたのだが、岡山と同様に雨、寒い。山手線で新橋駅へ。荷物をコインロッカーに預けて地下鉄都営浅草線で押上駅へ。押上駅からスカイツリーまでは歩いてすぐだった。
d0001300_14101237.jpg
 当日チケットが買えるのか少し心配していたのだが全く並ぶことなく購入出来た。チケット販売カウンターに展望台に設置したカメラのモニターが置いてあり「こんな状況(全く景色は見えない)ですがよろしいですか?」と念を押されるが、いまさらやめる訳にもいかない。

 展望台へは超高速エレベーターで上がる。テレビなどで知ってはいたが本当に速い。感覚的には岡山学習センターのエレベーターで5階に昇るくらい。


 展望台はモニターで見たとおり真っ白で何にも見えない。時折雲が薄くなったときに薄らと近くの街並みが見えるだけ。せっかく2000円も払って上ったので、何層かある展望デッキを全て一周して降りた。
d0001300_14112585.jpg
▲東京スカイツリー展望デッキ (Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)
※上の写真をクリックすると動画を再生します。

 昼食は東京ソラマチで。何にしようかと歩いていたら奥様が蕎麦屋を見つけた。当初の予定では神田の蕎麦屋で昼食を摂る予定だったので、ちょうどいいやと入ることにした。
d0001300_1724178.jpg
▲東京ソラマチ 小松庵 (Nikon COOLPIX P330)
 Ryochanは十割の天ザル。雨天は大盛りサービスということで大盛りをいただいた。蕎麦は岡山ではなかなか食べられない味。美味い。天婦羅はいまいちかな。

 スカイツリーの次は、都営浅草線で押上駅から人形町駅へ。人形町で東京メトロ日比谷線に乗り換え秋葉原へ。
d0001300_17423237.jpg
▲秋葉原 (Nikon COOLPIX P330)

 秋葉原で行ったのは、あろうことかメイド喫茶(笑)。ミーハーなもので一度行ってみたかった。行ったお店は「ふぉーむカフェ秋葉原本店(リンクしてます)」。出口を間違えて少し迷ったのだが、iphoneのナビのおかげで何とか到着。
 客はパソコン遠隔操作容疑で捕まっている人のような「いかにも」っぽい人ばかりかと思っていたのだが、大違い。男性客よりも女性客の方が多い感じ。受付にはシニア割引も明記してありびっくり。付いてくれたのはお店一番の美人の「めろんちゃん」。めろんちゃんと目が合うと、なんか気恥ずかしいのだが、開き直って楽しんだ。店内撮影禁止なので残念ながら写真は無し。

 秋葉原の次は、山手線で秋葉原駅から新橋駅へ。新橋でゆりかもめに乗り換え台場駅へ。お台場でのお目当てはフジテレビとガンダム。
d0001300_21482017.jpg
▲フジテレビ本社 (Nikon COOLPIX P330)
 毎日、「めざましテレビ」を見ているのでフジテレビのビルはよく見ているのだが、実際に見ると「でかい」。東京のビルはどれも高くてでかいのだが、このスケール感を写真で表現するのは難しい。一応、最上階の球体展望室に昇ってみた。

d0001300_21491887.jpg ガンダムはRyochan的にはお台場のシンボルなので、お台場の一番目立つところにでーんとあるのかと思ったのだが、駐車場の裏の空きスペースみたいなところにあったのは意外。後ろの建物はダイバシティー。

 夕食はダイバシティーのフードコートで摂った。雰囲気はアリオ倉敷のフードコートと似ているのだが、なんかお洒落。はなまるがテナントとして入っていたのには驚いた。

 お台場の次は、ゆりかもめで台場駅から新橋駅へ。新橋駅でコインロッカーの荷物を回収。山手線に乗り換え、本日の最終目的地の目黒駅へ。ホテルは目黒駅から徒歩5分のアベスト目黒。よく歩いたのでへとへと。疲れたぁ。
d0001300_22273921.jpg
▲ホテル・アベスト目黒 (Nikon COOLPIX P330)

 朝起きると快晴。窓から外を見ると遠くに富士山が見える。目黒から富士山が見えるとは思わなかった。朝食のバイキングは本当に美味しかった。

d0001300_11393693.jpg 翌日は卒業式出席のため、山手線目黒駅から渋谷駅へ。渋谷では忠犬ハチ公前で記念撮影した後、歩いてNHKホールへ向かった。忠犬ハチ公像が駅の隅っこにあったのと、卒業式前に寄った代々木公園の広さが印象に残った。

 卒業式後は歩いて渋谷駅へ。渋谷駅から山手線で東京駅へ。
d0001300_122393.jpg
▲東京駅・丸の内口 (Nikon COOLPIX P330)
 最近は新幹線が止まる駅はどの駅も同じようで、もう少し駅ごとに特色があればと思っているのだが、丸の内口の駅舎は伝統と新しさが融合した素晴らしいデザインだと思う。

 東京駅からは歩いて東京メトロ千代田線・大手町駅へ。途中、丸の内のビル群の中を歩くのだが、地方から出てくると、いつも、ビルの高さよりも大きさに圧倒される。
d0001300_123473.jpg
▲丸の内のビル群 (Nikon COOLPIX P330)

 東京メトロ千代田線・大手町駅から国会議事堂前駅へ。ここでも出口を間違えて議事堂前に出る予定が、首相官邸前に出る。あちこちに機動隊のお巡りさんが盾を持って立っている。ちょうどいいやと道を尋ねたら親切に教えてくれた。

 言われたとおりに歩いていたら国会議事堂が見えてきた。残念ながら祭日につき閉館。写真だけ撮って、皇居外苑を散策しながら東京駅まで歩いた。
d0001300_15215820.jpg
▲国会議事堂 (Nikon COOLPIX P330)
d0001300_15223853.jpg
▲皇居 (Nikon COOLPIX P330)

 少し迷ったりしたので、昼食を摂る時間が無くなってしまった。帰りの新幹線の時間もあり、東京駅で軽く小腹を満たして、夕食は新幹線の中で駅弁を食べることにした。

 帰りは東京駅17時10分発、のぞみ53号で帰途についた。車窓から見える富士山が卒業を祝ってくれているように思えた。
d0001300_1545476.jpg

 少しタイトな予定だったが、行きたかったとこへは全て行けた。楽しい旅行だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2014-03-20 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(4)
2013年 12月 08日
学術情報の検索と管理
d0001300_1440819.jpg 面接授業「学術情報の検索と管理」を受講する。講師は放送大学教授の三輪 眞木子先生。この授業の本来の目的は卒業研究等で論文を書く時に必要な先行研究調査のスキルを身に付けることだと思うのだが、Ryochanは蝶に関する情報収集の一助になればという不純な動機で受講した(笑)。

 講義の内容は情報検索ツールを使っての検索実習と論文への引用作法の説明といったところ。放送大学では有料の電子ブックや電子ジャーナル等を法人契約している。このこと自体は以前から知っていたのだが、大学の端末からアクセスしないと使えないと思っていた。ところが何年か前から自宅のPCでもアクセスできるようになっているとのこと。知らなかったなぁ。これはいい。学割以上にお得な特典かもしれない。
d0001300_1441738.jpg
▲授業中 (iphone4s)
 英語ベースのデータベースはRyochan的には無用の長物なのだが、日本語ベースのものもいくつかあり、予想以上に使える。朝日新聞とアエラの創刊号から全ての記事が全文読めるのには驚いた。なんたって朝日新聞の創刊は明治時代である。

 ちなみに、ベニモンカラスシジミの吉備亜種発見の原著論文を初めて読んだ。原著論文には発見場所がピンポイントで記載されているのかと思ったら小字までしか書かれていない。がっかり。

 評価課題はテーマや様式は自由、学習内容を反映したレポートをA4で5ページ以内で書けというもの。隣に座っていた方のレポートを見たら表紙も付いた論文形式のもの。これ見ちゃうとRyochanのレポートなんて散文か駄文でしかないなぁと思いつつ、「先生を笑かしたら勝ち」と、「モモのしつけ」というタイトルで書いた。先生が、ユーモアを解してくれることを祈るのみである。

【別件】
d0001300_14413178.jpg(1) 最近、ふとしたことから知った「ココロオドル仕事を見つける方法」という本を読んだ。若い頃からずーっと持っていたモヤモヤしたものが半分くらい晴れた。ずいぶん気持ちが軽くなった。お勧め。


(2) 我が家もクリスマスイルミネーション
d0001300_18261714.jpg
▲我が家のクリスマスイルミネーション (Nikon COOLPIX P330)
 手持ちでこれだけ撮れれば、なかなかのものと思う。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-12-08 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(2)
2013年 11月 04日
放送大学岡山学習センター大学祭
d0001300_22102611.jpg 放送大学岡山学習センター大学祭に参加する。昨年までは岡山大学の大学祭に参加させていただいていたのだが、色々とあって今年からは独自に行うことになった。

 パソコンクラブは今回は不参加。もう一つ入っているカメラクラブは1階のロビーで写真展をすることになったので、今日はこちらに参加。目玉は今年の岡山県美術展覧会で山陽新聞社賞を受賞した会長の写真。Ryochanはこれまでの入賞作品を展示した。
d0001300_22111158.jpg
▲カメラクラブ写真展 (Canon PowerShot S110)
 手前に写っている方が会長さん。

 どのクラブもそれぞれの特徴を出した催しを行っていた。
d0001300_2244373.jpg
▲左:英会話クラブ 右:日常の心理クラブ (Canon PowerShot S110)
 左写真、奥から2番目の人は岡山大学名誉教授で現役放送大学生の佐橋謙さん。右写真、右奥の人は、日常の心理クラブ会長であり、NPO法人マザーリーフ理事長の藤恵子さん。放送大学の学生さんには面白い経歴の方がけっこういる。

d0001300_22441929.jpg
▲左:インドネシア語クラブ 右:いきいき科学クラブ (Canon PowerShot S110)
 面白い経歴というと、右写真の左端に写っている人は元.岡山学習センター事務長で現役放送大学生の方。

 昼食は岡山大学の大学祭の見学かたがた、模擬店で焼きそば。学祭の模擬店の味としてはぼちぼちかな。それにしてもたくさんの人だ。
d0001300_22113067.jpg
▲岡山大学 大学祭 (iphone4s)

 歩いていると、若者のにおいがあふれている。この脳天気な雰囲気の中にいると、脳天気が伝染して意味もなくこちらも楽しくなる。
d0001300_22451390.jpg
▲脳天気な若者たち。 この若者たちが次代を担う。(iphone4s) 

 今回の岡山学習センター大学祭は、降って湧いたような話で準備不足のところもあったが、写真展の方はそれなりにお客さんも来られて、まずまず成功だったかな。今回が第一回。こうして伝統といわれるものが生まれ、作られていくのだと思う。

【最近のモモ】
d0001300_21292055.jpg
▲モモ (iphone4s)
 とにかく元気。家の中を息を切らして走り回っている。可愛い。トイレと甘噛みさえなんとかなれば最高なんだが・・・。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-11-04 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(0)
2013年 09月 22日
平成25年度第2学期入学者の集い
d0001300_23312380.jpg 放送大学岡山学習センター第2学期入学者の集いのクラブデモに参加する。これまで何度か入学者の集いは記事にしているが、式典の様子は記事にしたことはない。今年は許可をいただき式典の様子をプチ掲載。

 受付の女性陣に「ブログに載せるので撮らしてください」と声を掛けると、カメラ目線でチーズをしてくれた。それはちょっと・・・。

 今回は動画もちょっとだけ。
d0001300_23315020.jpg
▲平成25年度第2学期入学者の集い (Canon PowerShot S110)
※上の写真をクリックすると動画を再生します。

 入学者の集いの式典に参加するのは2003年4月に入学以来10年ぶり。数年前まではクラブデモに参加するたびにそれなりに思うものもあったのだが、最近は自然体。いいのか悪いのか。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-09-22 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(2)
2013年 09月 07日
パソコンクラブ例会(名刺作成講座)
d0001300_13233689.jpg 放送大学パソコンクラブ例会に出席する。いつもは岡山学習センターのパソコン実習室で行うなのだが、今日は岡山県生涯学習センターでの開催。

 例会の内容は名刺作成講座。講師はRyochan。場所がいつもの場所と違うのでどうかなと思っていたのだが、思いのほか盛会。

 RyochanはTPOに応じていくつかの名刺を使い分けている。山の中で会った人にお仕事名刺はいただけない。これまでたくさんの人と山の中で名刺交換させていただいたが、多くの方が、素敵なプライベート名刺を持たれている。

 放送大学の学生さんは現役を引退されている方も多く、「ちようどプライベート名刺を欲しいと思っていた」と仰られる方も多かった。
d0001300_13244637.jpg
▲ 講座中(Canon IXY410F)
 思っていた以上に好評で、皆さん真剣だ。
d0001300_13241648.jpg
▲ 講座中(Canon IXY410F)

 最後にせっかくの機会なので出来立てほやほやの名刺で名刺交換をさせていただいた。皆さんの人の輪の広がりにお役にたてれば幸いである。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-09-07 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(4)
2013年 04月 21日
自分発見学~個性を知る~
d0001300_2343986.jpg 面接授業「自分発見学~個性を知る~」を受講する。講師は岡山大学教授の塚本真也先生。

 普通、この手の話は心理系の先生がするものと相場が決まっているのだが、塚本先生は工学部の先生。専門は精密研削工学とか。なんでまたと思うが、先生によると「最近の学生は単語しか話さない、「先生、はんこ」ですから」とのこと。そんな訳で就活指導のひとつとして始められたらしい。

d0001300_23554427.jpg  内容は工学部の先生だけに、まさに実学、もっと言えば処世術。これまでのこの手の話は、要するに「答えは全てクライアントが持っている」というものだった(とRyochanは理解している)。ところが今回の講義は違う。「あなたのその信念が大きな間違いを生む」、「その全く根拠のない自信があなたの最大の長所」といった具合に一刀両断のごとく言い切る。
d0001300_2344620.jpg
▲講義中(Canon IXY410F)

d0001300_11585580.jpg 講義の中で教科書(右の写真)の中にある個性判定テストを行い、同じ個性と判定された者同士でグループを作ってWS(ワークショップ)を行ったのだが、波長が合うというのはこういうことなんだと実感した。ある意味、不思議な体験だった。逆に自分たちと異なる個性のグループの感性がここまで異なるのかと驚いた。

 人はともすると自分の物差しで人を測り、判断してしまう。それが人間関係のトラブルの大きな原因なのだということがよくわかった。そんなことは言い古されてはいるけれど、こうして実際に体験して本当によくわかった。面接授業の大切さを痛感した一日でもあった。

 大学で処世術を教えるのもどうなのかという考えもあると思うのだが、どんなに優れた才能も社会で認められなければ実際のところ役に立たない。そう考えるとこういう教育を大学で行うことは意義のあることだと思う。40年前にこの講義を受けていたらRyochanの人生も変わっていたかも知れない(笑)。授業で使用した教科書はアマゾンで購入できる。お勧めである。

【最近撮った写真】
d0001300_164047.jpg
▲スジグロシロチョウ 4月16日 総社市FA(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
d0001300_16403374.jpg
▲ツマキチョウ♂ 4月19日 種松山KK(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO ) 今年は当たり年なのか、種松山全域でよく見かける。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-04-21 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(0)