2017年 10月 14日
車中泊で行く中部地方一周の旅 10日目
 朝起きると薄曇り。トイレに行っていたら、昨夜、テーブルを広げていた2人が例の音楽をかけてラジオ体操を始めた。「おはようございます」と声を掛けたら、一緒にしないかと誘われたが、丁重にお断りした。
d0001300_14240657.jpg
▲道の駅.三方五湖の朝

 湖に面したデッキに出て朝の清々しい雰囲気を楽しむ。
d0001300_14240598.jpg
▲道の駅.三方五湖の湖面に面したデッキ

 車の中で簡単な朝食をとって出発。当初の予定は10泊だったが、昨日頑張ったので何とか今日中に帰れそう。少し遅くなるかもわからないが、一気に帰ることにした。

d0001300_14240551.jpg
▲福井県若狭町
 富山県の信号機は全て縦型だったが、福井県では田舎は縦、街は横。

 昼食は兵庫県姫路市の、すき家 312号姫路砥堀店。
d0001300_14255640.jpg
すき家 312号姫路砥堀店

d0001300_14240517.jpg
▲兵庫県姫路市内
 姫路というと普段は遠い街なのだが、帰って来たなぁという感じがする。

 いつも見る風景。長かった旅も終わり。
d0001300_14240493.jpg
▲倉敷市笹沖交差点 思ったよりも早く帰れた。

 今回の旅の総走行距離は2371km。遠かったというのが第一声。湘南の海辺から信州の山奥まで本当にバラエティーに富んだコースだった。これまでの旅で最も観光したなぁという思いが強い旅だった。そして楽しい旅だった。どこも印象深かったが、一つだけ挙げるとしたら、やはり上高地かな。

今回の旅の全行程
d0001300_16430645.jpg
▲2017秋.中部地方一周の旅全行程




[PR]

# by ryochan_ex | 2017-10-14 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 13日
車中泊で行く中部地方一周の旅 9日目
 朝起きると雨がしとしと降っている。横を見るとベンツのSUVが止まっている。車中泊のようだ。ベンツの車中泊は初めて見た。車内で簡単な食事をとって出発する。
d0001300_22260900.jpg
▲道の駅.白川郷の朝

 庄川に沿って走る飛騨峡合掌ラインを下って行く。朝霧が山奥感を醸し出している。
d0001300_22302791.jpg
▲飛騨峡合掌ライン

 今日最初の訪問地はJR金沢駅。北陸を代表する駅らしく、個性的で綺麗な駅だ。
d0001300_22260990.jpg
▲JR金沢駅

 いつものように駅前で記念撮影。
d0001300_22321433.jpg
▲JR金沢駅
 新しくて綺麗。適度に大きく、センスもいい。これまでたくさんの駅を訪れたが、一番気に入った。

 次に訪れたのは東尋坊。定番のお土産屋さん通りが続く。
d0001300_22261052.jpg
▲東尋坊の土産物屋通り。 海鮮丼をウリにしている店が多い。

 東尋坊というと、すぐ自殺の名所という言葉がうかんでくるのだが、そんな暗いイメージは全くなく、土産物屋通りを抜けると、雄大な日本海が広がっていた。
d0001300_22273464.jpg
▲東尋坊
 人が立っている先が断崖絶壁になっている。ここに限らず、落ちたら即死みたいなところは他にもたくさんあると思うのだが・・・。都市伝説か?

 次に訪れたのはJR福井駅
d0001300_22261191.jpg
JR福井駅 少し小さめかな。駐車場がどこも満車なのは困った。
d0001300_22261155.jpg
▲JR福井駅前 どことなく岡山駅西口に似ている。

 休憩で寄った、道の駅.河野、若狭湾に沈む夕日が綺麗だった。
d0001300_22261114.jpg
▲道の駅.河野 夕日が綺麗だ。

 今日のお風呂は、みかた温泉.きららの湯。当初の予定では鯖江市で車中泊する予定だったのだが、思いの外予定が早く進んだので、足を延ばした。
d0001300_22261037.jpg
▲みかた温泉.きららの湯 意外と良かった。

 今日の宿泊場所は、道の駅.三方五湖。急遽予定変更したのだが、いい感じ。
d0001300_22260966.jpg
▲道の駅.三方五湖
 どこがどうということもない道の駅なのだが、落ち着く。アットホーム感というか不思議な魅力を持った場所だ。写真左奥の2台はテーブルを出して談笑していた。マナー的にはどうかと思うが、妙なアットホーム感を醸し出していた。
d0001300_22260920.jpg
▲道の駅.三方五湖
 道の駅の建物は湖に面している。建物のデッキで一人でボーっと真っ暗な湖を眺めていると心が和む。何なんだこの感覚は。不思議な場所だ。






[PR]

# by ryochan_ex | 2017-10-13 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 12日
車中泊で行く中部地方一周の旅 8日目
 朝起きると雨。嫌だなぁと思う反面、今日のメインは白川郷なので、雨に煙る白川郷もまたおつなものかなと思い直す。
d0001300_11532105.jpg
▲道の駅.小谷の朝

 姫川沿いにへばり付くように続く国道148号線(糸魚川街道)を延々と下って行く。落石防止か積雪防止かわからないが、洞門が延々と続く。
d0001300_11532176.jpg
▲国道148号線(糸魚川街道)から見る風景 渓谷の僅かな平地に民家が点在している。

 道の駅.不知火ピアパークで休憩。何とか日本海まで下って来たという感じ。
d0001300_11532193.jpg
▲道の駅.不知火ピアパーク きっと不知火のビューポイントなんだと思う。

 今日、最初の訪問地は、JR富山駅。ま、こんなものかな。ミッションなので(笑)。
d0001300_11532033.jpg
▲JR富山駅

 SDカードがいっぱいになったので、100満ボルトWAO家電&パソコン館富山店でmicroSDカードを買う。SDカードの予備はいつも持っているのだが、Nikon1.J5はmicroロSDだった。ついでに8番ら-めん黒瀬店で昼食。

 次に訪れたのは、世界遺産.相倉集落。白川郷の少し手前にある。この辺りにはいくつかの合掌造りの集落が残っていて、一括して世界遺産に認定されている。

 思っていたとおりり、雨に霞んで趣がある。
d0001300_11532019.jpg
▲相倉集落

 歩いていたら、ちょうど行われていた衆議院選挙の看板が立っていた。まさに全国津々浦々。
d0001300_11522053.jpg
▲相倉集落に立つ衆議院の看板 ここで人が生活している何よりの印。

 白川郷に到着。駐車券を取って駐車場に。広い駐車場だ。お土産物屋さんがいっぱい。えっ?という感じ。
d0001300_11532063.jpg
▲白川郷の入口にある駐車場 一回1000円。

 思っていた以上に広く規模も大きい。よくこれだけの数の合掌造りの建物が残ったものだと思う。と、同時に平日だというのに、思っていた以上の観光客の数。何だこれはという数。
d0001300_11532052.jpg
▲白川郷 すごい人。
d0001300_11531906.jpg
▲白川郷

 ひととおり周ってみたが、どの建物もお土産屋さんや飲食店になっている。倉敷美観地区の白壁の建物が合掌造りになった感じ。一般開放されていた2軒には一応入ってみたが、広いなぁと思っただけ。生活感は無し。受付やショーケースがあるし。

 ひととおり回って駐車場に帰ったら、すごいバスの数。一台40人と考えると、人の数の多さがうなづける。
d0001300_11521985.jpg
▲白川郷

 白川郷は今回の旅で最も楽しみにしていた場所のひとつ。残念のひとこと。ただ不思議に思ったのは、どの家もものすごく大きいということ。山奥の寒村というイメージとはかけ離れていた。

 お風呂は天然温泉.白川郷の湯。なかなか趣のある建物。外人さんが100円を入れるタイプの脱衣ロッカーの使い方が分からず悩んでいたので教えてあげた。
d0001300_11531964.jpg
▲天然温泉.白川郷の湯 なかなか雰囲気のいいところだった。

 食事もここでする予定だったのだが、食堂の営業時間は終了したとのこと。むむ。

 宿泊は、道の駅.白川郷。
d0001300_12422106.jpg
▲道の駅.白川郷 テレビもラジオも一局も入らない。これだけは秘境感を感じた。

 近くにコンビニがあったので、夕食は車の中でコンビニ弁当。白川郷にコンビニがあるのもなぁ。
d0001300_11531966.jpg
▲本日の夕食







[PR]

# by ryochan_ex | 2017-10-12 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 11日
車中泊で行く中部地方一周の旅 7日目
 朝起きるとやはり車が増えている。一体何なんだ。写真の奥に写っている車はどう見ても車中泊。寝る時はなかったはずだが・・・。とか思いながら、いつものように車の中で簡単な食事をとって出発。
d0001300_21184845.jpg
▲軽井沢.湯川ふるさと公園駐車場

 最初に訪れたのはコインランドリー。着替えが無くなったので洗濯。洗濯は自然体で出来るようになったが、畳むのはまだまだ。
d0001300_21184145.jpg
▲コインランドリー洗たく名人.上田店

 次に訪れたのはJR長野駅。大きくて綺麗な駅だ。木をテーマにしたデザインがお洒落。
d0001300_21183365.jpg
JR長野駅

d0001300_22365864.jpg 次に訪れたのはオートバックス長野店。自分なりに決めているオイルとエレメントの交換時期が来たので交換。

 初心者マーク付けた若い男の店員さんがレジだったのだが、ミス連発。誰でもどんな仕事でも初めての時はあるので・・・。


▲オートバックス長野店(写すのを忘れてたのでgoogleマップから転用)

 次に訪れたのは黒部第四ダム。通称クロヨン。駐車場に着くと車がいっぱい。
d0001300_21182540.jpg
▲黒部第四ダム.観光駐車場

 階段を上がると、ダム堰堤行のトロリーバスの発着駅。
d0001300_21181603.jpg
▲ダム堰堤行のトロリーバスの発着駅
 建物の中に入ると、お土産屋さんと食堂が併設されていた。いい時間だったのでここの食堂で、元祖ダムカレーを食べた。

 ダムの堰堤までは工事の時に資材運搬用に掘ったトンネルの中を走るトロリーバスで行く。映画やテレビで必ず出てくるあのトンネルだ。バスなのだが、改札口なんかもあって鉄道の雰囲気。
d0001300_21180837.jpg
▲ダム堰堤行トロリーバス

d0001300_21175700.jpg
▲トンネルの中を走るトロリーバス
 難工事だった破砕帯の場所はブルーのライトで照らしていた。堰堤駅まで約20分。

 トロリーバスのダム堰堤駅を降りると、展望台まで220段の急な階段が続く。結構きつい。
d0001300_21174961.jpg
▲展望台に続く階段

 階段を抜けるとレストハウス。普通の観光地の感じ。レストハウスを出ると雄大な景色が眼下に広がる。思わず「おーっ」と声が出る。でかい。紅葉が綺麗。
d0001300_21173614.jpg
▲黒部第四ダム
 写真を見ると、ふーんという感じだが、とにかくでかい。こんな山奥によくもまあこんな巨大なものを造ったものだと思う。堰堤の上のゴマ粒みたいに見えるのが人間。風がものすごく強い。

 今度は堰堤を目指して、細い階段を降りる。堰堤を歩いていたら建設時の工事で亡くなられた方々の慰霊碑があった。調べてみると、なんと171名もの方が労災で亡くなられている。クロヨンというと難工事を成し遂げたことが美談として語られることが多いが、これだけの尊い命が犠牲になっていることはあまり語られない。まさに中島みゆきの歌「地上の星」で歌われる人々だ。慰霊碑に手を合わせた。
d0001300_21172812.jpg
▲黒部第四ダムにある工事の犠牲者の慰霊碑

d0001300_21172107.jpg
▲堰堤からトロリーバス駅に続くトンネルを望む

 トロリーバスの堰堤駅に着くとたくさんの人。どこにこんなにいたのかと驚く。行きはすいていたが、帰りは5台のトロリーバスが全て満員だった。
d0001300_21171442.jpg
▲トロリーバス堰堤駅でバスを待つ人々

 ものすごい山奥。当時は電力は国力の源、そんな使命感に燃えて造ったのだと思うが、今は水力発電の存在意義はそんなに大きくない。今は観光施設としての存在意義の方が大きい気がする。なんだかなぁ。

 今日の宿泊場所は、道の駅.小谷(おたり と読む)。温泉とレストランが併設されている。俗にいうワンストップ。こういう施設が増えるとカーネラーとしては大助かりなのだが。食事も美味しかった。
d0001300_21170407.jpg
▲道の駅.小谷 車を車中泊モードにしていたら雨が降り出した。



[PR]

# by ryochan_ex | 2017-10-11 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
2017年 10月 10日
車中泊で行く中部地方一周の旅 6日目
 朝起きるといい天気。この時期、雨に降られることも多いのだが、いい感じである。
d0001300_20525314.jpg
▲諏訪湖駐車場の朝 いつものように朝起きると車が増えている。

 朝の湖畔の散策は気持ちが良い。いつものように車の中で簡単な朝食を食べて出発する。
d0001300_20510898.jpg
▲朝の諏訪湖湖畔

 今日の最初の目的地は上高地。自家用車は乗り入れ禁止なので、沢渡駐車場に車を停めてみんなバスに乗る。
d0001300_20511775.jpg
▲沢渡バス乗り場 行くまでは「さわわたり」と読んでいたが、「さわんど」と読む
d0001300_20523857.jpg
▲上高地バスターミナル

 着いたとたん紅葉の鮮やかさと空気の透明度に驚いた。「なんだこれは」という感じ。案内図を見ると、一周すると一日かかるようだ。ほとんどの方がリュックを背負ったトレッキング格好な訳が分かった。私のようなカメラを首から下げた物見遊山は少数派。少し考えて、2時間程度のコースを周ることにした。

d0001300_20521390.jpg
▲河童橋 この橋を右から左に渡って左折して歩く。

d0001300_20522299.jpg
▲河童橋から穂高岳方面を望む
 綺麗という言葉しか浮かんでこない。絵葉書やテレビで見るような景色が目の前に広がっている。日本にこんなに綺麗なところがあるんだ! と感動してしまう。素晴らしいの一言。

d0001300_20565017.jpg
▲上高地西糸屋山荘

 歩いていると遊歩道沿いに、ホテルや山荘がいくつか建っている。これがまた景観とうまくマッチして違和感を感じないから不思議だ。田代池まで行こうと思っていたのだが、時間を考えて田代橋を渡って引き返すことにした。

d0001300_20505964.jpg
▲田代橋を渡って引き返して中間地点くらいの所

 上高地の写真は全て、Nikon1.J5で撮っている。一眼レフと三脚は車の中。腰を据えて、朝・夕とか、霧とか、夜の星空とか、本気で撮ったら素晴らしい写真が撮れるんだろうなと思った。


 次の目的地は、今日の宿泊地でもある軽井沢。上高地で思いのほか時間を使ったので、今回の旅で初めて高速を使った。

 軽井沢は高原にある別荘地と思っていたのだが、着いてみると普通の町。確かに少しお洒落な感じもするが、普通に大きなスーパーもあれば、ホームセンターもある。完全に予想外。
d0001300_20504367.jpg
▲軽井沢の町並み

 ネットで軽井沢の観光名所を検索すると、旧軽井沢銀座商店街が見どころとのこと。ナビにセットして車で流してみたが、「ふーん」という感じ。
d0001300_21013483.jpg
▲旧軽井沢銀座商店街 倉敷美観地区の洋風版といった感じ。

 今日のお風呂は、リブマックスリゾート軽井沢。
d0001300_20514673.jpg
▲リブマックスリゾート軽井沢 名前はリゾートだがビジネスホテル。いまいち。

 お風呂に入った後は、食事もかねて夜の旧軽井沢銀差を散策した。
d0001300_20513655.jpg
▲チャーチストリート 観光スポットの一つだと後で知った。
 いい感じなのでここで食事にしようと思ったら閉まっていた。まだ6時過ぎだというのに大抵の店が、閉店準備をしていた。

 開いている店を探してうろうろ。結局、食事は蕎麦処.川上庵で信州蕎麦をいただいた。
d0001300_20512888.jpg
▲蕎麦処.川上庵 ぼちぼち。

 今日の宿泊地は、軽井沢の町中にある、湯川ふるさと公園駐車場。車中泊の車は私の車を入れて3台。一台はキャンピングカー、少し寂しい。






[PR]

# by ryochan_ex | 2017-10-10 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)