2009年 06月 15日
柳の下のドジョウ
d0001300_20123488.jpg 天気予報は晴れ時々曇り。柳の下のドジョウを狙ってミドリシジミのポイントに行くことにする。出発は4時26分。狙いは言うまでもなく表翅の撮影。
▲4時26分出発。もうかなり明るい。

 現地に着き、車から降りると肌寒い。放射冷却で昨日よりもかなり気温が低い。いい感じである。撮影には少し早いので、下草に降りていないか見て回るが、全く降りていない。早朝に下草に降りているというようなことを書かれているのを本などでよく見るのだが、Ryochanはまだ一度も出会ったことがない。両手でも足りないとは言わないが、片手では足らないくらいは早朝に出掛けているのだが・・・。

 適当な明るさになったので、叩き出しを始める。叩いているとポロポロと飛び出すのだが、全く降りてこない。昇りはしないが、どの固体も水平移動するのみ。時々300㎜ならばなんとかというくらいのところにはとまるのだが、それではなぁ・・・。

 小一時間叩いても成果ゼロ。ま、世の中そんなに甘くないか、諦めが肝心、肝心と、叩き棒をしまいながらふと足元を見ると、唖然!目を疑った。な、なんとミドリシジミが下草の上で羽を広げている。もう写しまくる。逃げないので色んな角度から撮る。見る角度によって色が異なるのがよく分かる。
d0001300_2071167.jpg
▲ミドリシジミ♂(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 最も緑が濃くなる角度。

d0001300_20142218.jpg
▲♂ミドリシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

d0001300_20143828.jpg
▲♂ミドリシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO) 最も輝きが強くなる角度。

d0001300_20145698.jpg
▲♂ミドリシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

d0001300_20152483.jpg
▲ミドリシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

 この後、下草を見て歩くとポロポロとみつかる。本なんかでこういうことがあることは知っていたが、実際に遭遇すると狐につままれたような不思議な感じだ。それにしても、柳の下に2匹目のドジョウがいることもあるようである。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-06-15 20:16 | | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/9864446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by otentoumaru at 2009-06-17 18:20 x
ミドリ、ヒロオビ、ウラゴ
いずれも質感があって素晴らしい写真ばかりです。
本当に素晴らしいです!
早起きのご褒美ですね。
私はまだウラゴも撮れずウロウロしています。
今年もまたゼフ撮影の難しさを感じています。
しかし、あせらず私もいつかこんな写真を撮る事を目標に牛歩で進みます。
Commented by hitomi-kz at 2009-06-17 20:12
美しい色ですね~~、うっとりです♪
見れば見るほどドキドキ!!
私、今年はまだ早朝に出かけてないんです。
ミドリシジミの色合いを拝見してると明日にでも行きたくなりました(笑)

↓のヒロオビミドリシジミの黄緑色のメタリックも美しいですね~~。
一度は見てみたいです。

Commented by ryochan_ex at 2009-06-17 21:46
otentoumaruさん
 お褒めいただきありがとうございます。朝が苦手で、出不精な私ですが、一年の計ここにありって感じで頑張りました。ミドリシジミ(族)の表翅の撮影は5年越しでやっと撮影できました。ほとんど運と思います。頑張ってください。
Commented by ryochan_ex at 2009-06-17 21:47
ヒトミさん
 例の場所です。初めて遭遇しました。なんか、感動的でした。週末は天気がよくないみたいですから、明日辺りがラストチャンスかもですね。内緒なんですが、先週の火曜日に会社に行く前に寄って玉砕しています。影で努力してます(笑)。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2009-06-21 15:31
ヒロオビ、ミドリとゼフ絶好調ではありませんか。 ryochanさんらしく丁寧に撮影されているのがグツドです。
Commented by Ryochan at 2009-06-21 20:35 x
ノゾピーさん
 なんだかんだで5年目になるんですが、初めて遭遇しました。感動的でした。盆と正月が一度に来たとはこのことでしょうか。その反動でしょうか、昨日はかなり回ったのですが、ボウズでした。蝶は水物ですわ(笑)。
Commented by kenken at 2009-06-22 23:46 x
亀レスにて失礼いたします。
ひゃあ~4:00代に撮影地ですかっ!気合が違いますね。
ミドリと言い、前回のヒロオビと言い、これは唸る画像です。
もう完全に「開翅マニア」ではないでしょうか。(爆)
Commented by Ryochan at 2009-06-23 20:59 x
kenkenさん
>ひゃあ~4:00代に撮影地ですかっ!気合が違いますね。
 「皇国の興亡、この一戦にあり」って感じで気合を入れました。仕事もこのくらい・・・当然です(笑)。今回は本当にラッキーでした。でも、この成功体験で、どんな状況のときに行けばいいのが分かりました。とにかく早ければいいというものではないようですね。とか、すぐ分かったような話をします。単純です(笑)。
Commented by squirrelFG at 2009-07-06 21:53
こんばんは。ご無沙汰しております。
各種のゼフの表翅の写真、羨ましく拝見していました。
長いこと、よそにコメントを入れるのをやめていましたが、
すごく刺激を受けてゼフの撮影に行きました。
ただ、表が見えても角度が悪かったりと悲しい思いも多々・・・。
来年こそ、こんな素晴らしい写真が撮影できるように頑張ります!
Commented by Ryochan at 2009-07-07 21:31 x
スクイレルさん
>すごく刺激を受けてゼフの撮影に行きました。
 そう言っていただけると嬉しいです。ミドリシジミ(類)の表翅の撮影は、ずっと憧れでした。初めて満足のいく写真を撮ることが出来ました。でも、ヒロオビの写真は、笹の上というのはいかにも不自然だなぁとか、欲が出るんですよね。お互い頑張りましょう。


<< 忙しい      こういうことがあるからやめられないⅡ >>