2008年 06月 14日
終わってみれば久しぶりの大漁旗
d0001300_2292123.jpg いよいよミドリシジミのシーズンである。ミドリシジミの表翔の撮影を狙って、5時10分に家を出る。早起きが苦手なRyochanとしては異例の時間である。

 ポイント到着は6時前。それなりの有名ポイントなのだが誰も来ていない。ひんやりとした朝の空気が心地よい。下草に降りているミドリシジミを探して歩くが、見当たらない。小一時間探しても見つからないのであきらめて帰ろうとしていたら、叩き出し棒を持たれたプロっぽい方がこられた。挨拶をしてお話を伺うと、何と、一度お会いしたいと思っていた、岡山蝶界では有名な方。Ryochanと名乗ると、「あの種松山の・・・」と、このブログをご覧くださっているとのこと、ありがとうございますである。お仕事に行かれる途中に寄られたとかで、あまりお話をすることは出来なかったが、貴重な情報やアドバイスをいただいた。
▲朝日を浴びて美しいハンノキ
d0001300_2295593.jpg
▲叩き出したミドリシジミ(PENTAX・K20D+SIGMA28-300mm)

 表翔は撮影することは出来なかったが、とりあえずミドリシジミはゲットしたので、新見にでも行こうかなと思ったが、歩き回って少し疲れたのと、時間的に時機を逸していると思われたので、弥高山(倉敷市)に行くことにした。狙いはまぐれのゼフとダイミョウセセリ、ムラサキツバメと行ったところか。

 現地に着き、少し早めのお弁当を食べて探索を開始しようとしたら目の前に道らしきものがある。何度も来ているポイントなのだが、気がつかなかった。とりあえず探検と少し歩いていたら、目の前にウラナミジャノメ(私的新種)がとび出した。識別点の後翔の蛇の目の数が現地で判別できるか不安だったが、飛んでいても蛇の目の数の違いが分かるほど雰囲気が異なる。ウラナミジャノメは3年越しで探していた蝶だけに嬉しい。それにしても出会いはいつも突然である。
d0001300_22101888.jpg
▲ウラナミジャノメ(私的新種 環境省RDB絶滅危惧Ⅱ類)(PENTAX・K20D+SIGMA105MACRO)

d0001300_22103252.jpg ウラナミジャノメはヒメヒカゲとセット=湿地というイメージであったが、見つけたところは右の写真のように何のへんてつもない所。近くに湿地も無い。ムムである。

 倉敷市でのウラナミジャノメの記録はいくつかあlり、この場所も記録のある場所である。記録が途絶えて何年になるのか分からないが「まだいましたよ」という意味で記録しておいたほうがいいのかな。

 弥高山から帰って、家で一休みした後、買いそびれていた叩き出し棒を家の近くのレジャックスで買った。長いにこしたことはないが、操作性や価格を考えて、6.3mにした。新兵器を買うと直ぐに使ってみたくなるのが人情というもの。その足で、ミズイロオナガシジミが出没しているという情報のある野草園へ。使ってみた感じは、少し短いかなっという感じはあるが、兵器としての威力は絶大と思った。

 野草園からの帰り、道脇の畑の花で吸蜜中のモンキアゲハ発見。車をそっと急停車させ撮影。用水を挟んで向こう側なので、いまひとつの写真ではあるが、種松山での撮影は初めて。何度も目撃して、種松山に棲息していることは確認していたのだが、撮影できていなかっただけに嬉しい。本当にアゲハは道端で拾うことが多い。
d0001300_22104824.jpg
▲モンキアゲハ(PENTAX・K20D+SIGMA105MACRO)

 第一狙いのミドリシジミの表翔が撮影できなかったので、今ひとつかなっと思っていたが、終わってみると、色んな意味で成果の多い一日だった。久々の大漁旗かな。
[PR]

by ryochan_ex | 2008-06-14 22:10 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/8098528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mutamiya at 2008-06-15 13:40
成果の多い日 良かったですね。
私も あやかりたいです。
風の道には 極端に蝶が少なくて とても淋しいです。
たまに来たナミアゲハも 今年は 私を避けているようです(涙)
Commented by 6422j-nozomu2 at 2008-06-15 14:32
叩き棒ゲットですか。6.3mなら十分な長さだと思いますよ。バシバシ新種ゼフゲットしてくださいませ。ミドリシジミ、裏面ではありますが、忠実に色再現出来ていると思います。新見のクロミ、今年こそはと思っていましたが、諸々の理由があり、厳しそうです。来週あたりが適期だと思いますので、是非新種撮影成功を期待しております。
Commented by かんちゃん at 2008-06-15 19:56 x
こんばんは。

今日も 記事 楽しませて貰いました。

現地での 出会い 良かったですね!

Ryochanは 有名人なので 相手の方も わかったんでしょうね。

新しいカメラ 買われたのですね!

古いのは どうされるのですか?

道端で よく 蝶を 見かけますが なかなか 撮れるに 至りません (泣)
Commented by ryochan_ex at 2008-06-16 21:32
夢民谷さん
>成果の多い日 良かったですね。
 ありがとうございます。この季節はゼフ以外の蝶は端境期になり少ないです。時間が取れるようになったら是非ゼフに挑戦してください。夢民谷さんの近くにもミドリシジミはいますよ。
Commented by ryochan_ex at 2008-06-16 21:33
ノゾピーさん
 やっと叩き棒を買いました。本文にも書きましたが、叩いていて楽しいです。きっと「出るぞ」って期待感だと思います。これって大切ですよね。クロミドリシジミですか…、私には難度が高そうです。実は先週、ベニモン玉砕してきました。また機会がありましたらよろしくお願いします。
Commented by ryochan_ex at 2008-06-16 21:33
かんちゃん さん
 蝶の世界は写真の世界と比べると超せまいですから、お互いに知ってたりするんですよね。かんちゃんさんも「ちゃちゃっとの…」て言われるんじゃないですか。古いカメラ、どうしたものかと思案中です。皆さんどうしてるんでしょうね?


<< 新兵器の訓練      PENTAX・K20D試し撮り >>