2005年 03月 27日
春の食べられる野草を探す
 倉敷自然史博物館・友の会主催の「早春の食べられる野草を探そう」会に夫婦で参加する。9時30分倉敷市役所前駐車場を出発。向山山頂公園まで食べられる野草を探して歩く。「向山なんかに食べられる野草なんかあるのかなーッ」。
 10分ほど歩いた倉敷川沿いの護岸緑地で早速食べられる草発見。どれどれと見ると、蝶を探しているときにいくらでもある「普通の草」。名前は「ホトケノザ」に「ハコベ」。「エッ、こんなもん食べれるんですか?」って感じ。講師の先生曰く「天婦羅にすると美味しい」らしい。でも今日この日まで名前知りませんでした(恥しい)。以下この調子で山頂公園まで歩く。
 山頂公園で講師の先生がまとめのお話をしている時に蝶発見。一瞬ヤマトシジミかと思うが少し違う感じ。失礼は承知で蝶の方へ。
d0001300_1974820.jpgムム、待望のルリシジミっぽい。持っていたオリンパスで撮る。少し使っていないと使い方がすぐに思い出せない。カメラをいじっているうちに逃げられる。昨年から探していた私的新種なんだけど、あまりにあっけない遭遇。でも、ま、こんなもんでしょう。(家に帰って図鑑でルリシジミと確認)(キチョウ初見(向山))

d0001300_19131460.jpg そんなこんなで、ビニール袋いっぱいのおかずを手に観察会終了。講師のの先生(武田満子先生、他)ありがとうございました。日本中に食料があふれていることが良く分かりました。天婦羅は本当に美味しかったです。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-03-27 19:14 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/68910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ippo923 at 2005-03-28 07:31
ryochan_exさん、おはようございます。
蝶っている所にはいるのですね。
シジミ蝶は種類が多くて確認が難しいですね。

>「早春の食べられる野草を探そう」会、野草観察、私の近くでもこんな企画ないかしら。
食糧不足になっても生きられますね(笑)
異常気象でどうなるか分からないので?、主な名前教えて下さい。(笑)
本で確認しますから・・・
Commented by Ryochan@管理人 at 2005-03-28 21:38 x
ippo923さん
>異常気象でどうなるか分からないので?、主な名前教えて下さい。
 講師の武田満子先生も食糧難になっても生きていけるって言っていました(笑)。とにかくほとんどの草って食べられるみたいです。実際、美味しかったですよ。で、主な名前ですが、天婦羅にすると美味しいらしい草は、カラスノエンドウ、ウシハコベ、カスマグサ、カンサイタンポポ、コハコベ、スズメノエンドウ、セリ、ハコベと当日もらったテキストに書いてあります。
Commented by qwqgs8823 at 2005-03-28 22:54
昨日、私も今シーズン初の蝶をカメラに収める事が出来ました。菜の花を撮っていて出会いモンシロチョウをゲット出来ました。
近いうちにアップします。
でも、そちらではたくさん蝶が見られるようですね?
今後も蝶の写真、期待していますよ。
Commented by ippo923 at 2005-03-28 23:45
確認しましたが、見たことのある草でした。
ウシハコベ、コハコベの二つが確認できませんでした。
本当に食べれるの?って感じ・・・。
挑戦するにはまだ早いですね(笑)
本にチェック入れましたのでありがとうございました。


<< モンシロチョウ      モンキチョウ2 >>