2007年 07月 22日
高梁川源流探検Ⅰ(源流を求めて)
d0001300_231311.jpg 天気予報によると一日中曇り。雨は降らないようである。来週、再来週と日曜日ごとに試験がある。ここのところ雨模様の日が続いたこともあり、試験勉強がことのほかはかどっている。そんな訳で、かねてから密かに胸にしまっておいた、高梁川(説明へのリンクあり)源流を見に行くことにする。

 今日は第4日曜日なので、7時から1時間ほど公園の草取り。草取りを済ませた後、いよいよ源流探検に出掛ける。目指すは花見山東面にある最北端の源流。昔、KCT(倉敷ケーブルテレビ)で見た番組によると、源流の碑があるらしい。


 右の写真は高梁川最上流のダム、千屋ダム堰堤上から写したもの。ここのところの降雨で満水のようで、上部放流口から放流していた。


 千屋ダムから上流が本日の探検ポイントである。180号線を道なりに北上する。

d0001300_234546.jpgd0001300_23588.jpg
 この辺りまで来ると、高梁川も細くなり、うーん、かなり来たなって感じである。

d0001300_23142587.jpg とにかく車で行けるところまで行き、後は歩き。と書くと簡単に思えるが、とにかく標識というものがない。何度か迷いながら、この道しかないと思うんだよなぁ・・・、とか思いながら歩いていたら、やっと標識を見つけた。標識の示す方向にさらに歩いていたら、一級河川高梁川の立派な看板が立っている。この看板を見るのは、熊か、よほどの物好きだと思う(笑)。が、周りに源流の碑は見当たらない。

d0001300_23151249.jpg こうなったら進むしかない。この辺りまで来ると、さすがに源流の雰囲気はある。さすがの高梁川も、ひとまたぎ。が、まだ最初の一滴とはとても言い難い。前進。
 行く手を阻むブッシュがだんだん高くなって来た。前日の雨でブッシュはびしょびしょ、体もびしょびしょ。とうとうブッシュの高さが背丈を越えた。 ギブアップ!

d0001300_2124352.jpg 写真は身長差から少し早めにギブアップした奥様。よく頑張ったと思います。

d0001300_21291286.jpg で、右の写真が、最終到達点の高梁川。「あきらめる勇気」と言う言葉もあり、今回の決断は正解だったと思うが、それにしても悔しい。でも、正直、あれ以上は無理。草が枯れて、雪が降る前にもう一度挑戦したい。

 でも、本当にあの奥に源流の碑があるのだろうか? この記事を読まれた方で、源流の碑の場所をご存知の方がおられましたら、コメントください。
[PR]

by ryochan_ex | 2007-07-22 23:01 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/5842952
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hamatyan_5 at 2007-07-23 22:05
高梁川の源流を訪ねて来られたのですね。
雨上がりで大変だった様子が伝わってきます。
秋以降にリベンジされるようですね!

私は高梁川の源流には行った事はありませんが、
源流よりも付近の植物に興味はありますね(笑)
ブナ林の無い源流域、ある意味特殊な地域かも?
Commented by 夢民谷住人。 at 2007-07-23 22:59 x
いつかはやってみたい 冒険ですね♪
私も残念ながら 行った事がないので コメントが出来ませんが 雪解けの 早春に行かれると また 楽しいかもしれませんね。
Commented by suzumebachi7 at 2007-07-23 23:06
こんばんは。
凄いですね高梁川の源流探検!!
草が伸び放題の今の時期 本当に大変そうです。
ryochanさん凄い、奥様も本当に凄いです。

ネットで「源流を訪ねて」と言うHPで 高梁川源流を見てみると(http://www.geocities.co.jp/NatureLand-Sky/2778/ichiran/kasensouran6/souran.sub077a.html)千屋花見温泉いぶきの里手前4~500メートル手前に「高梁川源流方面」と表記した看板を道なりに進むと、道の右手に「高梁川源流」の案内看板があり、看板の後ろ側の斜面を下ると 書いてありましたが。
ryochanさんが行かれた所が源流で、その斜面を上がると有るのでは?(でも案内看板と碑は「違いますね)
Commented by ryochan_ex at 2007-07-24 20:35
ハマちゃん さん
 まさか、こんな所を予想していませんでしたから、雨上がりだけど何とかなるわって軽い気持ちで出掛けました。雪が降る直前が狙い目ですかね。ブナ林が無いことをご存知ということは、KCT見られたのかな。
Commented by ryochan_ex at 2007-07-24 20:36
夢民谷さん
 野草好きの方は確かに春がいいかもしれませんね。ただ、森林公園より雪が深いと思いますので、5月初めでも雪が残っているかも分かりません。ただ、苦労に見合う野草があるかどうか・・・。
Commented by ryochan_ex at 2007-07-24 20:36
スズメバチさん
 奥様は、本当によく付いて来たと思います。変な男につくと大変ということでしょうか(笑)。
 源流情報ありがとうございます。まさにこの看板が文中にある熊が見る看板です。この看板の場所からから更に数百メートル奥まで行きました。後で考えると、大雨の後で最も推量が多いときなので、普段は写真の最上部は水が流れてないのかも分かりません。いずれにしても悔しいので、いつかリベンジを果たしたいと思います。
Commented by かんちゃん at 2007-07-24 23:00 x
こんばんは。

楽しく 読ませて貰いました。

下山する勇気も 必要です。

判断は 正しかったと思いますよ。

でも また リベンジして 下さいね!
Commented by ryochan_ex at 2007-07-25 21:03
かんちゃん さん
 ほんと、悔しいです。時期をよく見定めて、再挑戦しようと思います。携帯が圏外なので一人は危ないかもなのが気がかりです。


<< 高梁川源流探検Ⅱ(源流の蝶たち)      岡山遠征 >>