2007年 05月 03日
サカハチョウ ゲット
d0001300_1831682.jpg 快晴。今年のGWはよく遊んだ。少しおとなしくしていてもいい時期だと思うが、明日から天気は下り坂とか。となれば出掛けなければなるまいと(笑)、倉敷市自然史博物館友の会主催の公園の樹木を見る会に参加する。場所は真備総合公園、講師は博物館の狩山俊悟学芸員である。

 やはり現物を前にして教えていただくとよく分かる。例えば、ハナミズキは知っていたが、ハナミズキがソメイヨシノのお礼に米国から贈られたとは知らなかった。一度にたくさんは頭に入らないので、今日の収穫はニガナとオニタビラコが区別できるようになったことかな。狩山俊悟先生、ありがとうございました。
 12時に見る会は終了した。このまま帰るのはもったいない晴天である。予定通りサカハチョウを探しに北上する。この時期狙える私的新種はないか?と昨晩、図鑑等を見ながら検討した結果、狙えるとすればサカハチョウだなと決めていた。

 サカハチョウって、県北へ行けばいることは分かっている。ただ普通種ゆえ、ここにいるという情報もない。「岡山の蝶(難波通孝)」によると渓流沿いの白い花がポイントとか。渓流というと川だよなー、川というと谷だよなー、とか考えながら、途中のコンビニで買った弁当を食べる日陰を探しながら車を走らせる。かなり走ったところであまり雰囲気は良くないが、とりあえず日陰の空き地を見つけて車を停める。弁当を出しながら前を見ると、見慣れない小さな蝶が車の前にとまった。サカハチョウ? そんな美味しい話はないよなーと思いながら双眼鏡で覗くと、なんと本当にサカハチョウである。とても渓流沿いではないし、白い花もない(笑)。初めての出会いって意外とこんなのがよくある。
d0001300_18272263.jpg
[サカハチョウ吸水 CaplioR5]
d0001300_18273310.jpg
[サカハチョウ吸水]
 とは言え「いつまでもあると思うな・・・」ということもよく経験しているので、弁当は後回しにして、撮りまくる。なんとも不思議な模様というか美しさである。サカハチョウというと表翔のイメージしかないのだが、この子は最後まで表翔を撮らせてくれなかった。

 この辺りにいることが分かったので、セオリーに則り渓流沿いの路を探して歩くが見当たらない。うろうろしていたら、沿いというイメージではないが、渓流近くの開けた場所でなんとか見つけることが出来た。ただ、ゼフのように樹上を飛んでばかりで降りてこない。なんか、またまたイメージが違う。粘って何とか交尾に降りてきたところで表翔を撮影。なぜか?桜が一面に散っている。こんな遅い桜あったっけなー?
d0001300_18541228.jpg
 粘っている間に撮ったジャノメさんを少し。羽化したてのせいだと思うのだが、ここのジャノメさんは妙に色が濃かった。最初は、ん、と思ったくらい。
d0001300_192448.jpg
[ヒメウラナミジャノメ訪花]
d0001300_1921888.jpg
[コジャノメ静止] なんかミスマッチな気がする・・・。
 今シーズン初の私的新種ゲット。狐につままれたくらい、出来すぎの一日だった。ちなみに場所は総社市、なんか倉敷市にもいる気がしてきた。
[PR]

by ryochan_ex | 2007-05-03 18:31 | | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/5318632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kmkurobe at 2007-05-03 22:06
いやいやこのサカハチと桜の花びらすばらしいではありませんか・・・・
この種類がこのようなシチュエーションで撮影できるとは・・・・・すごい!恐れ入りました。
Commented by 夢民谷住人。 at 2007-05-03 22:52 x
サカハチョウ シックで綺麗な蝶ですね。
このGWは 色々と収穫が有ったようで 良かったですね。

ジャコウアゲハですが ちょっと場所が違ってました。
昨年 ひらひら飛んでいた その下の海岸でした。
でも 昨年より 少なかったです(汗)
Commented at 2007-05-03 23:09
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yama at 2007-05-03 23:47 x
サカハチョウ、幾何学的な模様がたまらないですね。
それときっちり寄られて虫の目写真を撮られているのがさすがです。
↓の海辺の蝶、めちゃ素晴らしい、最高です!
思わず栗林さんが撮られたのかと思いました。(笑)
Commented by suzumebachi7 at 2007-05-04 00:58
サカハチチョウの春型とっても綺麗です、何時もながらRyochanさんの蝶の色のこだわり、シャープさが凄いと拝見させていただいています。
私もサカハチチョウはウツギとかコンロンソウで良く見かけます(白い花が好みなのですね)。

今日は倉敷自然史博物館の観察日だったのですね、私も植物は狩山さん、昆虫は奥島に同定でお世話になって居ました。

大山のギフチョウに海バックのサトキマダラヒカゲ凄いですね、見入ってしまいました。
Commented by 6422j-nozomu2 at 2007-05-04 17:42
これこれ、私も昨日はサカハチの裏面をR5で撮影する予定だったのです。一枚目しびれます。やはりこの蝶は春は裏ですね。自らポイントを捜されたところが凄いです。ヤリーですね。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-04 21:11
kmkurobeさん
>いやいやこのサカハチと桜の花びらすばらしいではありませんか・・・・
 桜は全くの偶然です。この辺りはとうの昔に散っているはずなんですが・・・、春~って感じの写真になりました。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-04 21:11
夢民谷さん
>サカハチョウ シックで綺麗な蝶ですね。
 サカハチョウって私の頭の中では翔表のイメージしかなかったのですが、翔裏がこんなに綺麗とは知りませんでした。奥様に見せたらステンドグラスみたいと仰られていました。
>ジャコウアゲハですが ちょっと場所が違ってました。
 情報ありがとうございます。おかげでエエ写真を撮ることが出来ました。感謝です。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-04 21:11
yamaさん
>サカハチョウ、幾何学的な模様がたまらないですね。
 サカハチョウというと翔表の写真しか見たことがなかったので、翔裏の何とも不思議な綺麗さに驚きました。
>↓の海辺の蝶、めちゃ素晴らしい、最高です!
 過分なお褒めをいただきありがとうございます。どこかの木に登らないといけないような気がしてきました(笑)。裏話をさせていただくと、この写真は私としては初めて、計算づくで撮りました。例えば前の発泡スチロールをどけるとか(笑)。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-04 21:12
スズメバチさん
 サカハチョウは意外な所にいました。飛び方もダイミョウセセリをイメージしていたのですが、目にも止まらぬスピード。色んな意味で全くイメージを覆されました。
>大山のギフチョウに海バックのサトキマダラヒカゲ凄いですね、・・
 ありがとうございます。最近広角にハマっています。でもまさか、広角のギフチョウが撮れるとは思ってもいませんでした。昨年は寄らせてもくれませんでしたから。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-04 21:12
ノソピーさん
>私も昨日はサカハチの裏面をR5で撮影する予定だったのです。
 サカハチョウは「棚からぼた餅」って、こういうことをいうんだろーなーって感じてした(笑)。ヤリーです。サカハチョウって生態写真は翔表の写真しか見たことなかったので、美しさに感動しました。今回のポイントは、「棚ぼた」のおかげで、この辺りに必ずいるという確信があったから探せました。でなければカエデの上の方を飛んでるのは見つからなかったと思います。いい経験をしました。
Commented by ダンダラ at 2007-05-06 12:06 x
広角の写真と言い、桜の間の求愛シーンと言い素晴らしいですね。
こんな求愛シーンに出会ってシャッターが押せたら万歳と言ってしまいそうです。
Commented by ryochan_ex at 2007-05-06 21:18
ダンダラさん
 この日はほんとうに出来過ぎでした。桜のシーンは、写しているときは、もう少しいい所に降りてくれないかなーっと思っていたのですが、帰って写真で見ると、いかにも春ぅって感じの写真となっていました。この偶然性が蝶撮影の面白さかも分かりませんね。


<< ジャコウアゲハ      海辺の蝶 >>