2007年 04月 15日
種松山の春蝶Ⅱ
 天気予報によると一日中曇り。今日はのんびりと雑務をこなすかな、と思っていたら昼前から薄日が差してきた。考えてみると、昨日は色々と廻ったが、メインルートを廻っていない。メインルートでも昨年はツマキチョウらしき飛翔を確認している。状況確認に出掛ける。

 ミズイロオナガシジミの撮影ポイントの林道を歩いていたらクロコノマチョウが飛び出した。
d0001300_21232620.jpg
 この場所でこの構図は前から狙っていたのだが、なかなか思う所に蝶が現れず見送りとなっていた。クロコノマは予想していなかったが、結構イメージどおりの写真が撮れて幸先良し。

 本日の目的地についてツマキチョウを探していたら、アゲハチョウ。春ぅって感じでいい感じ。
d0001300_2129445.jpg
d0001300_2131489.jpg で肝心のツマキチョウは、ポロポロと飛んでくるのだが、とまらない。何とか証拠写真だけ。せめて飛び方で識別できるようになりたいと思うのだが・・・。①小さい、②羽ばたきが多く少し蛾的、くらいかなー。
 ツマキチョウの飛翔を見ながら、飛んで来たベニシジミを撮影。
d0001300_21465292.jpg
d0001300_214771.jpg
 のんびりしていると、タンポポはいっぱい咲いているし、蝶もあきさせない程度に飛んでくる。やっぱりメインルートはいい所だと再認識した。広角は全てCaplioR5であるが、こうして並べてもそんなに色に違和感がなくなった。ほぼ乗りこなしたかな(嬉)。

d0001300_21485143.jpg 帰りにミドリシジミポイントに寄ってみたら、やはりツマキチョウがポロポロいる。鮮度のいいベニシジミがいたので撮影しようとしたら、横に小さな蝶がとまった。えっ! なんとコツバメである。あわててシャッターを切ったとたんどこかへ飛んでいってしました。回りにはアセビはないし、一瞬だったので目の錯覚かとカメラを見直したらちゃんと写っていた。 これで種松山で4回目の確認。場所はばらばら。昨日と今日で、ツマキチョウは数は多くはないが、種松山全域に分布していることが確認できた。コツバメも数は極少ないが、種松山全域に分布しているのかな。

 天気予報は土日とも今ひとつの予想であったが、過ぎてしまえば2日ともいい天気で、種松山の春を満喫することが出来た。天気予報に限らないかも分からないが、同じ外れても、悲観的な予想からいい方へ外れると腹が立たない。勝手なものである(笑)。
[PR]

by ryochan_ex | 2007-04-15 22:10 | | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/5167998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 夢民谷住人。 at 2007-04-15 22:17 x
種松山の蝶を愛する ryouchanへ

種松山以外では 興味ないかもしれませんが 私が確認できる唯一の場所は M公園です♪
思い出したら 早くM公園へ 行きたくなりました♪
Commented by yama at 2007-04-15 23:22 x
蝶の季節も本番になりましたね!
クロコノマチョウの1枚目、とっても素晴らしいです!
広角で背景が生き生きとして、枯葉に擬態したこのチョウの
生態まで・・・最高です!
Commented by ダンダラ at 2007-04-16 08:30 x
広角写真良いですね。
それぞれその場の雰囲気が良く出ていて素晴らしいです。
色にこだわるだけあって良い発色ですね。
Commented by grassmonblue at 2007-04-16 12:42 x
はじめまして
あまりに良く似た方で、勝手に親近感をもたせていただきました。
私、中1まで採集、長いブランクの後04年6月デジカメを買ってから、チョウ撮影を思いつきました。現在の機材はistDS、tamron28-300と90マクロです。
環境と撮影の腕はだいぶん劣りますがどうぞよろしく。
また訪問させていただきます。
Commented by ryochan_ex at 2007-04-16 20:53
夢民谷さん
 昨年の夢民谷さんのblogを見てみたら、M公園で種松山では希少種の春蝶を一通り撮影されていたことを思い出しました。私も来週あたりM公園に行きたくなりました。でも天気が微妙ですねぇ。
Commented by ryochan_ex at 2007-04-16 20:53
yamaさん
 お褒めいただきありがとうございます。クロコノマチョウは本文にも書きましたが、狙っていました。「こんな写真が撮りたい」とイメージしていた写真が撮れるとホント嬉しいですね。擬態までは読んでいませんでした。言われて初めて気がつきました。なるほど読みが一段深いですねぇ。
Commented by ryochan_ex at 2007-04-16 20:53
ダンダラさん
 お褒めいただきありがとうございます。CaplioR5の調教中なのですが、何とか乗りこなせそうな気がしてきたところです(笑)。このカメラの光学系の設計はすごいと思います。画像処理系他はイマイチですが、ここまで一芸に秀でると、百難隠すですわ。
Commented by ryochan_ex at 2007-04-16 20:54
grassmonblueさん
 初めまして。本当によく似ていますねぇ。驚きます。90マクロはオートフォーカスが利かないことがたびたびあったので断念しました。世の中には3人似た人がいるといいますが、ひょっとしてそのお一人かもしれませんね。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by suzumebachi7 at 2007-04-17 01:05
一昨日は失礼しました。
広角のクロコノマチョウ生態が良く分かるし凄く良い感じですね、枯れ葉に擬態してるから気が付かず、いきなり飛び立ち分かるんですよね。
此処まで近づけない私、どうしようもない(だから望遠で我慢してます)
Commented by ryochan_ex at 2007-04-17 21:31
スズメバチさん
>一昨日は失礼しました。
 こちらこそ失礼しました。どうも人の顔を覚えるのが苦手で・・・。
>広角のクロコノマチョウ生態が良く分かるし凄く良い感じですね、
 お褒めいただきありがとうございます。ほんと、この蝶は枯葉の中に逃げ込まれると見つけるのに苦労します。ただ擬態によほど自信があるのか(笑)、近づいても逃げない蝶の代表格なんで、見つけさえすれば撮るのは楽な蝶なので、またこのパターンを挑戦してみようと思っています。
Commented by otentoumaru at 2007-04-17 22:39
こんばんは!
ポイントを熟知しているフィールドが有るのは良いですね。

#1の写真素敵です♪
私もこんな写真いつか撮りたいなァ~

ところで、ギフチョウ(?)の情報とお願いです。
太田市の大江高山に行ってきました。
私の今日のブログ覗いてみて下さい。
ギフチョウか否か、判断していただけないでしょうか?
Commented by ryochan_ex at 2007-04-18 21:40
otentoumaruさん
>ポイントを熟知しているフィールドが有るのは良いですね。
 そうですね、種松山の蝶についてはひょっとすると世界一詳しいかも分かりません(笑)。
 広角の場合はちょうよりも先に景色ありってところがあるので、登山する人はいい写真が撮れると思いますよ。
 これからちょっと伺います。
Commented by grassmonblue at 2007-04-21 11:42 x
こんにちは
90マクロはオートフォーカスが利かないことがたびたびあったとのこと、私もオートではシャープにいかないので、被写体が動かない場合はマニュアルを使うようにし苦労していました。
Tamron90mmマクロにかわる、おすすめのレンズがありましたら教えてください。また現在は何をお使いでしょうか。
当方、メカにはからしき弱いカメラ音痴ですので(その点はryochanさんと全然似ていません)よろしくお願いします。
Commented by Ryochan at 2007-04-21 20:52 x
grassmonblueさん
 リンクさせていただいている蝶専門の方のほとんどがTamron90mmを使用されています。素晴らしいレンズだと思います。ただ、Pentaxとは相性が悪いみたいで、私の知っている全ての方が、AFが不十分と言われています。私はDs+sigma105を使用しています。AF不能となった経験はありません。K10は超音波モーターに対応しているみたいなので、AF命の私としては興味深々です。
Commented by otentoumaru at 2007-04-22 21:49
こんばんは
先日はありがとうございました。

レンズの事ですが、90mmや105mmなんですか?
山野草はT社の90mmで撮っていますが、蝶は200mmで撮っています。200mmでも近づくと逃げられるので、300~400mmがいるかな、って思っていました。
トリミングするのでしょうか?
Commented by ryochan_ex at 2007-04-22 23:15
otentoumaruさん
 ご存知のようにどのレンズを使うかは撮影目的や撮影スタイルによって決まります。蝶屋さんの多くがタムロンの90mmを使用しているのは、結果としての事実です。野草や野鳥系の方は望遠を使う方が多いようです。私も最初はそうしていました。携帯性、機動性、ブレ、被写界深度、解像力、撮影倍率、明るさ、ボケ等を総合的に考えると結果として多くの蝶屋さんが中望遠マクロに落ち着いたということだと思います。最近は180マクロに手を出す蝶屋さんも増えてきましたが、メンイレンズではないようです。私はトリミングOK派ですが、人それぞれです。kenken(リンクしている新・日記蝶)さんのモットー「いかに自然と一体化して蝶に近づくか」が蝶屋と他の方の違いかも分かりません。蝶屋は近づくこと、そのこと自体に喜びを感じるものです。この気持ちは私も同じです。


<< 三度目の正直(大山遠征)      春の種松山をぷらぷらと >>