2006年 01月 08日
通生園
 正月休に妻の実家に新年の挨拶に行った帰りに、夕日ポイントと言われている三百山に夕日を撮りに寄ってみた。
d0001300_21481935.jpg
ポイントと言われるだけあって、撮影者は多いのだ゛が、私的には「どこがいいの?」って感じで平凡な写真しか撮れなかった。で、今日はつつじの名所として有名だけど、コツバメはいなかった通生園に行って見た。
d0001300_21341179.jpg
かなり撮ったのだが、どれも同じようで、やはり今一つピンと来ない。やっぱ、風景は向いてないのかな。でも三百山よりはいいように思うのだが? 途中から一人だけ撮影に来られました。ま、つなぎということで。
[PR]

by ryochan_ex | 2006-01-08 21:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/2497885
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by yama at 2006-01-08 23:03 x
はじめまして。
こちらにリンクされているハマちゃんやmosyupaさんにお世話になっているyamaと言います。m(_ _)m
下の通仙園(つうせんえん)からの夕日、きれいに撮られていますがこれは何日の写真でしょうか。
三百山は太陽の沈む位置と空の状態によっては、おっしゃるとおり平凡な風景になると思います。
冬場は天使の梯子や雪雲の切れ間から覗く光、また太陽柱がでた時など面白い写真が撮れると思います。
僕もピーカンの日にはここへは行きませんが、荒れた天候の日ほど面白い写真が撮れます。(笑)
また、機会があればいらしてください。
Commented by ze_ph at 2006-01-09 11:21 x
こんにちは。
某有名サイトの掲示板でRyochanさんの書き込みをたまたま見つけてしまいました(笑
僕も今、GX8とR3の購入をちょっと考えています。(R2はRyochanさんの建てたスレッドを見て候補から外れました)

近所の店にR3が置いてあったので、マクロの広角側を試してみました。
多分28mmからマクロに出来ているのだとは思うのですが、クローズアップレンズをかけた時のように少し写りが大きくなったように思います。(近くが大きく写るマクロレンズの特性のせいかもしれません)
そのときは別の目的でカメラ屋に行っていたので、あまり細かく試せませんでしたが、近いうちにまた行ってR3を試すつもりです。
大きさやデザインの感じは気に入りました。
Commented by 6422j-nozomu at 2006-01-09 18:02
私も風景写真はあまり興味がありません。生物が写っている写真ならすべて好きです。でも、2枚目の写真は雰囲気があってすばらしいと思います。また新ジャンルに挑戦しなくては。
Commented by ze_ph at 2006-01-09 20:06
何度もすみません。
今、R3を触ってきました。
結論から言うと、広角マクロの開始点は28mmではありませんでした。ただ、35mmよりはワイド側で、32mm程度の画角のようでした。
また、(マクロモードを切った状態の)28mm広角でも30cmまでは近づけるので、今使っているDiMAGE A1のワイドマクロと同等のことが、マクロにしなくても出来てしました。あと、200mmまで望遠マクロが出来るのも便利そうでした。
28mm接写やレンズ性能、ダイナミックレンジ等の面ではGX8、本体サイズや望遠側の面ではR3に分があると思いました。
Commented by ryochan_ex at 2006-01-09 21:05
yamaさん
 初めまして、yamaさんのブログは以前から時々拝見させていただいています。実は三百山に行ってみる気になったのも、yamaさんの素晴らしい写真を拝見したのも一つのきっかけなんです。
 写真は昨日写しました。コメントを読ませていただき納得しました。「夕日」のポイントなんですね。夕日の風景のポイントと思っていました。でも通仙園(ご指摘ありがとうございました)も人が少なくていいですよ。今後ともよろしくお願い致します。
Commented by ryochan_ex at 2006-01-09 21:06
ze_phさん
>某有名サイトの掲示板でRyochanさんの書き込みを・・・
 ははは、見られましたか。お互い、色んな所を徘徊していますね(笑)。
 R3とGXですが、やはりマクロモードは28㎜ではなかったんですね。本当に貴重な情報をありがとうございます。実は私は両方とも候補から外れました。デザイン、機能から考えると圧倒的にR3なのですが、絞り優先オートが使えない、完全カメラ任せのみ。これって広角接写に限らず、本気で写真撮ろうとする時は致命的です。GX8はノイズが多過ぎます。某有名掲示板に書き込みがありましたが、ドット抜けがある画像を平気で実写サンプル(確認しました)にする姿勢はメーカーの姿勢を疑います。
 で、今はキャノンのPowershot S60~80を考えています。スタイルがR3には負けますが、機能と画質は文句無しです。マクロは・・・ですが、キャノンですから(笑)。
Commented by ryochan_ex at 2006-01-09 21:06
ノゾピーさん
 まいどです。お褒めいただきありがとうございます。私は写真自体が好きな方なので、風景も嫌いではないのですが、いまだに満足満足と思う写真が撮れた試しがありません。蝶だと「うーん、いいな~」と自画自賛する場合も少なくないのですが(笑)。とりあえず何とか春までいい題材無いかな~っと思う今日この頃です。
Commented by 上山 at 2006-01-10 00:18 x
ryochanさん、こんばんは。今年もよろしくお願いします。
いつも瀬戸内海を見ている方は、何がいいの、と思われるかもしれませんが、
やっぱり、この多島海はただそれだけで、価値があるのだと思います。
さらに、いろんな気象条件が重なれば、yamaさんの言われるように、
さらに人を引きつける写真になるのではと。
これからも、岡山や瀬戸内海の自然をアップしてくれることを願います。

僕は、GX8を最近使っていますが、特に不満はないです。
マクロで撮るのが多いのであれば
いかに素早く合わせたいところにピントを合わせられるかが、
1つの勝負だと思います。
とはいえ、海野さんや湊さんが、半年でGRデジタルに乗り換えてしまったので
それには参りました。画質は断然こっちがいいし、ストロボも使いやすいらしい。
ただし、28mm単焦点。デジカメは日進月歩だし、人それぞれの愛着がないと、
使いこなせないだろうし、スペックだけでは決められませんね。

海野さんの小諸日記の12/28や、1/03、04はなかなか考えさせられます。
湊さんの10月28日あたりも。
Commented by ryochan_ex at 2006-01-10 22:16
上山さん
こちらこそ今年もよろしくお願いします。
>やっぱり、この多島海はただそれだけで、価値があるのだと思います。
 うーん、なんて言うかな。確かに何度見てもやはりこの多島美は「綺麗だ~」と思うんですが、写真に撮ると「なんちゃない」写真になるんですよね。美しいものを美しく撮れない。ま、技術が至らない訳です。はい。でもお二人の方から応援をいただきましたので、また撮ってみます(笑)。
 小諸日記は最近、ちょこちょこ読ませていただいています。業務日誌は今日初めて読ませていただきました。大変参考になりました。「楽しく撮る」がキーワードかも分かりませんね。GRはやはり28㎜単焦点が・・・ですねぇ。やっぱり私的にはPowershot S60~80欲しいな。で、瀬戸内海をバックにした蝶の写真。何とかしたいな~。
Commented by 上山 at 2006-01-10 23:58 x
風景写真のような雄大な景色を、写真でうまく伝えるというのは、
なかなか難しいと思います。それはやはり、その人なりの感情を持ちながら
その風景に接し何かを感じているのに、
写真だけでは事実だけがそこにあるのですから、ある程度しょうがないです。
しかし、それでも何かを伝えるためには、海野さんのいうように、
楽しいとか何かの感情を入れ込む術が必要なのでしょう。
ま、それはそれとして、
片目ステレオ法(正確な名称は忘れました)をご存じですか。
片目で、写真をじっと見ていると、僕の場合、写真がどんどん大きく感じられ、
立体的に見えてきて、かなりその場にいる気になります。
蝶の場合今にも飛びそうな感じも。
Commented by Ryochan@管理人 at 2006-01-11 21:43 x
上山さん
 つなぎネタのつもりだったんですが、意外に反響が多いので驚いています(笑)。
>楽しいとか何かの感情を入れ込む術が必要なのでしょう。
 そうなんですよね。ただシャッターボタンを押しただけでは感動は写り込まない。海野さんの言われる「心」というものは、それでもなお、技術を超えて写り込むむ心がある。そんな心が写り込んだ写真を撮りたい。ということではないかと理解しました。
 片眼ステレオ法は知りませんでした。下の写真でやってみると、本当に立体的に見えてきました。不思議な現象ですね。実は放大では心理学を中心に学んでいます。こういうのは認知心理学(苦手な分野)の分野ですが、視覚の恒常性に起因しているのではないかと思いました。
Commented by 上山 at 2006-01-11 22:26 x
たまたま、自然写真家協会のBBSでも、
海野さんが、虫だけでなく風景もと呼びかけいたのですが、
そちらにつっこむ勇気がないところに、
うまいこと、風景写真が出ていたので
ついついこちらにつっこんでしまいました(笑)。
視覚のことはよく解らないのですが、いろいろ知ると写真の術も上がるのかも??
独身時代は、非常に暗く、自分の写真にこの方法で一人悦に入っていました(笑)。

蝶をやっている方が多く見られているのは確かなので、多少蝶に振り戻してみます:
高山蝶に足をつっこむと、風景写真も撮りたくなるのは事実です。

Commented by ダンダラ at 2006-01-12 09:26 x
おはようございます。
きれいな夕日ですね。私も房総でチャレンジしましたが、イメージと写真とのギャップに愕然としました。
ところで、以前撮影されたクロツバメシジミについて、その時の写真を引用させていただいて、少々考察をしてみました。
よろしければご覧下さい。
Commented by Ryochan at 2006-01-12 21:16 x
上山さん
>たまたま、自然写真家協会のBBSでも、
 色んな所に顔を出されているのですね(笑)。最近、糸崎さんとこのBBSに上山さんの名前がちらほら。私も糸崎さんとこのBBSに書き込みしてみたいなとは思うのですが、投稿者のレベルを考えると敷居が高いですね。こっそり見てます。写真については私見は持っているのですが、長くなりそうなので機会があったら書いてみようと思います。
>独身時代は、非常に暗く、・・・
 良い奥さんに巡り合われて良かったですね(笑)。
Commented by Ryochan at 2006-01-12 21:23 x
ダンダラさん
>きれいな夕日ですね。私も房総でチャレンジ・・・
 ありがとうございます。蝶でも風景でも、その時に感じた感動を写し込むのは難しいですね。技術を超えて・・・と言うのも、技術があって、更に上の話ですから・・・。
>以前撮影されたクロツバメシジミについて、その時・・・
 ダンダラさんに引用していただけるとは光栄です。これから伺います。


<< ぷらぷらと      あけましておめでとうございます >>