2017年 05月 16日
車中泊で行く近畿地方一周の旅 9日目
 車中泊で行く近畿地方一周の旅、最終日。今日は、道の駅.神話の里しろうさぎ から、佐治天文台>恩原高原と周って帰宅する予定。

 いつものように車内で簡単な朝食を摂って出発。
d0001300_1415441.jpg
▲今回の旅の最後の朝食

 鳥取市というと普段は遠い街なのだが、こうして走っていると、ホーム感というか、自分のテリトリーの中にいるような感覚を覚える。
d0001300_1473956.jpg
▲朝の鳥取市内。

 最初に訪れたのは佐治天文台。一般開放されている日本最大の口径103cmの望遠鏡を備える天文台である。一度来てみたいと思っていた。
d0001300_14171187.jpg
▲佐治天文台
 すごい山の中にあるのだが、思っていた以上に整備されている。ロケーションも素晴らしく、予想を完全に超えている。
d0001300_14172250.jpg
▲佐治天文台
 あいにく休館日だったので見学は出来なかった。日を改めて来たいと思った。

 岡山県の標識を見ると「帰ったなぁ」という思いが沸いて来る。
d0001300_14245959.jpg
▲県境の辰巳峠

d0001300_1434149.jpg 辰巳峠を越えると恩原高原。この時期、恩原高原というとスギタニルリシジミ。蝶の撮影を始めて12年になるが、いまだに撮影できていない蝶である。昨年から目星をつけていたポイントへ。

 ポイントに着いて、歩いていたら、フキノトウが生えている。まだあるかと思い、写真を撮ろうとカメラを構えていたら、目の前に1匹の蝶がとまった。見た瞬間分かった。スギタニルリシジミだ。慎重に撮影。数枚撮ったところで飛ばれてしまったが、久しぶりの感動。
d0001300_14421514.jpg
▲スギタニルリシジミ 岡山県RDB準絶滅危惧種
 この後、ボロばかりではあるが数匹確認。来年が楽しみだ。今回の旅を締めくくるにふさわしい、ビックなお土産となった。

 あとは帰るだけ。恩原高原には何度も来ている。車窓の風景が懐かしい。
d0001300_14494718.jpg
▲道の駅.久米南
 この道を通るときは、行きも帰りもよく寄る。

 昼過ぎに、無事到着。近くの行きつけのガソリンスタンドでガソリンを満タンにして洗車した。
d0001300_14541453.jpg
▲いきつけのガソリンスタンド

 今回の旅の総走行距離は1799km。無事故無違反で完走。あちらこちらの神仏にお願いしたおかげかな。
 今回の旅は感動することが多かった。良い旅だった。シャトルでの車中泊の旅は初めてだが、運転も、生活も、就寝も快適だった。いい車を買ったと思う。

 今回の旅をとおして心に残ったことは、「ゆったりと」ということかな。急がなくてもいい、決められた時間、約束の時間なんてないんだから、ゆったりといこう。

【今回の旅の全行程図】
d0001300_181286.jpg

.
.
.
.
.
[PR]

by ryochan_ex | 2017-05-16 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/24229439
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ミドリシジミを堪能      車中泊で行く近畿地方一周の旅 8日目 >>