2016年 09月 29日
車中泊で行く四国一周の旅5日目
d0001300_22572660.jpg 7時少し前に起床。いつものように車の中でコーヒーを沸かして簡単な朝食を摂り、出発。

 今日の最初の目的地は、数少ない稼働中の原発「四国電力・伊方原子力発電所」。
▲車中泊した、道の駅 すくも

d0001300_2258836.jpg 走っていたら「紫電改展示館」の看板が目に止まった。子供のころ「紫電改のタカ」という漫画をワクワクしながら読んだのを思い出した。予定にはなかったのだが寄ることにした。
▲愛媛県南宇和郡愛南町にある 紫電改展示館

 説明によると、宇和海に沈んでいたのを偶然、発見され修復保存することになったとか。
d0001300_22584614.jpg
▲展示されている「局地戦闘機・紫電改」
 子供のころ「局地戦闘機」ってどういう意味なんだろうと疑問に思っていたことを思い出す。展示されている遺品を見ると、みんな20歳台で亡くなっている。いろんな思いが沸いてくる。ご冥福をお祈りしたい。

  次に訪れたのは、数少ない稼働中の原発「四国電力伊方原子力発電所」。道沿いにある伊方ビジターハウスが見学施設。受付のお姉さんに「発電所は見学できないんですか?」と尋ねたら、出来ないとのこと。残念。
d0001300_2355652.jpg
▲左:伊方ビジターハウス 右:伊方原子力発電所。正門付近で撮影。遠い。

 次の目的地は、四国最西端 佐多岬灯台。霧と雨で視界20mくらい。ライトをつけてくねくね道を延々と走る。途中、工事で通行規制があったが何とか駐車場に到着。誰もいない。

d0001300_23213793.jpg 右の写真は駐車場から撮ったもの。写真右の突先に小さく霞んでいるのが佐多岬灯台。説明によると片道1.8kmあるとのこと。往復1時間かぁ・・・。

 雨と風が強い。でも、ここまで来て断念するのは忍びなさ過ぎる。折り畳み傘しか持って来ていないことが悔やまれるが行くことにする。

 アップダウンがきつい。時折吹く突風で傘が裏返しになる。もう最悪。傘を短く持って足元だけを見ながら進む。中間地点に小さな展望台がある。
d0001300_23224362.jpg
▲佐多岬灯台へ行く遊歩道の中間地点にある展望台から見る風景。

d0001300_23232171.jpg 何とか無事到着。正面の階段を昇れば目的地。
▲四国最西端 佐多岬灯台

 ここで思わぬトラブル。ブログでは公表していないが、主なポイントではセルフタイマーで自撮りしている。ここでも自撮りしようとしていたら強風で三脚が倒れ、愛用のNikon J5がオシャカになった。
d0001300_232420100.jpg
▲四国最西端 佐多岬灯台 Nikon J5最後のショット。
 Nikon J5、ほとほと縁の無いカメラだと思う。これで3度目の災難。ま、怪我が無かったのを良しとしよう。

 今日のお風呂は伊方町にある 亀ヶ池温泉。迷いに迷って何とか到着。山の中のように細い道が入り組んでいるところは、このナビはよく混乱する。とどめはナビの案内した道が土砂崩れで通行不能。
d0001300_23245462.jpg
▲伊方町にある 亀ヶ池温泉
 ここでお風呂と食事をいただいた。綺麗、清潔、豪華、これで入浴料600円はあり得ないと思う。お湯が輝いていた。食事も美味しい。素晴らしい。

 宿泊は伊方町にある、道の駅 瀬戸農業公園でする予定だったのだが、予定変更で、八幡浜市にある、道の駅 八幡浜みなっと ですることにした。

 ここはいい。綺麗だし、広いし、臨海公園が併設されてるし。
d0001300_23251246.jpg
▲八幡浜市にある 道の駅 八幡浜みなっと。

 寝る前に夜景を撮って楽しんだ。少しずつRyochanの肌に合う道の駅のパターンが見えてきた。

 今日は本当に色んなことがあった。良いこと、悪いこと、楽しいこと、苦しいこと。でも不思議に充実感のある一日だった。Ryochanはこんな旅をしたかったのかもわからない。

 本日の走行距離は247km。
.
.
.
.
[PR]

by ryochan_ex | 2016-09-29 23:59 | 車中泊の旅 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/23539987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 車中泊で行く四国一周の旅6日目      車中泊で行く四国一周の旅 4日目 >>