2016年 06月 06日
種松山のミドリシジミ2016
【6月6日(月)】
d0001300_204162.jpg ミドリシジミの季節がやって来た。1週間くらい前から偵察に行っているのだがミドリシジミはおろかアカシジミすら確認出来ない。先輩諸兄のブログを見ても今年は異常にゼフが少ないみたいだ。

 地元の方々のブログを拝見するとヒイゴ池湿地では発生しているようだ。いくらんなでもヌルということはないだろうと、いつもの種松山のポイントに出掛ける。

 天気もイマイチだし、気合もイマイチなので現地到着は7時ころ。「どやっ」と叩いてみるが何も飛び出さない。何叩き目だろうか、ヒラヒラと降りて下草に潜り込んだ。「おっ、いるいる」。急にテンションが高くなる。さらに叩いていたら一匹が下草に舞い降りた。慎重に撮影。
d0001300_20553584.jpg
▲ミドリシジミ(Nikon D5300)
 全くスレていない。綺麗な個体だ。少し遅いかなと思っていたのだが、時期的にはバッチリのようだ。

 撮影していたら開翅した。
d0001300_2143312.jpg
▲ミドリシジミ♀ 弱いAB型(Nikon1-J5+VR10-30mm)
 AB型は比較的少ないのだが、弱いAB型をここではよく見る。

 この後、何匹かは飛び出したのだが、まともに撮影出来たのはこの一匹だけだった。少ないとはいえ、早いという感じではない。やはり今年は不作のようだ。

【6月8日(水)】
 一昨日同様に7時ころ現地到着。昨日の雨で下草はびしょ濡れなのだが、晴れた日は朝露でびしょ濡れになるので結果はあまり変わらない。今年は例年よりも葛の発育が悪い。このあたりもゼフの不作と何か関係があるのだろうか?

 叩くと一昨日よりは沢山飛び出すのだが、上に行く個体が多く下草に降りてくる個体の数はあまり変わらない。
d0001300_22175582.jpg
▲ミドリシジミ(Nikon D5300)
 スレの無い綺麗な個体だ。
d0001300_22215232.jpg
▲ミドリシジミ (Nikon1-J5+VR10-30mm)
 結局、ワンチャンスだったのだが、広角もいい感じに撮れた。上の写真を撮った後、広角に持ち換えて撮ったもの。違いが良く分かる。Nikon1、絞りによって随分とバックのぼけ方が変わる。バックにもよるのだが、これくらいがいい感じかな。

 結局、アカシジミも、ミズイロオナガシジミも一匹も見えなかった。本当に不思議な年だ。今年の感じだけだと両種は種松山では希少種と思える。

 諸般の情報を考慮すると「ま、今年はこんなものか」と引き返していたら目の前に開翅した♂。カメラを構えた瞬間に飛ばれた。初めて見たような紺碧のブルーが脳裏から消えない。逃がした魚は大きいというが、まさにこのことなんだろうと思う。後ろ髪を引かれる思いでポイントを後にした。
[PR]

by ryochan_ex | 2016-06-06 23:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/23214255
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyaa9090 at 2016-06-12 09:47
ワンチャンスを狙いに偵察、何日目かに思い通りに
ryochanさんの前に舞い降りたミドリシジミ
やっと狙えた時の高揚感で次のエネルギーになるのでしょうか。

葛は勢いよく蔓を伸ばす厄介な植物ですが
貴重なミドリシジミが好む植物でもあるのですね。
Commented by ryochan_ex at 2016-06-12 22:12
cyaa9090さん
 今年は本当にゼフィルスと呼ばれる一連の蝶の発生が少ないです。それでも何とか今年も撮影出来たので、良かったです。
 毎年毎年同じように季節が巡り、同じことの繰り返しのようでも自然は毎年違う顔を見せてくれます。根がお調子者なのですぐ慢心してしまう所があるので、心して謙虚に現実を受け入れなければと思う今日この頃です。


<< 新見方面をぐるりと2016      ベニモンカラスシジミ ゲット >>