2015年 09月 08日
久しぶりの蝶撮り
 暑さもひと段落。空を見るといかにも降り出しそうな雰囲気なのだが、天気予報では一日中曇り。天気予報を信じて蝶撮りに出掛ける。

 最初に訪れたのは総社市KT。ここはシルビアシジミのポイント。歩いていたらそれらしい蝶。ファインダーで確認するとシルビアシジミ。
d0001300_1756731.jpg
▲シルビアシジミ 環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )
 シルビアシジミは多化性なので、春一番を除くといまひとつ新鮮な時期が読めないのだが、わりと綺麗な個体。斑紋もいかにもシルビアという感じ。

 次に訪れたのは総社市SD。歩いていたらオオチャバネセセリ。少しスレているがたくさんいる。
d0001300_1758331.jpg
▲オオチャバネセセリ (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )

 たくさんいるコミスジを撮ろうとしていたらダイミョウセセリが飛んできた。
d0001300_18291383.jpg
▲ダイミョウセセリ (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )
 前回来たときに確認はしているのだが、まともな写真が撮れてなかったのでラッキー。もう少し近づこうと足を動かしたら足元の草が「ビュン」。逃げられた。

 イチモンジチョウのような蝶が目の前にとまった。よく見るとなんとサカハチョウ。
d0001300_17584760.jpg
▲サカハチョウ夏型 (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )
 夏型とはいえ、大きい。ここでは初見。地理的なことや環境を考えると「きっといる」と思っていただけに嬉しい。ほんと、ここって何でもいると思う。さすがにこれで打ち止めかな。
d0001300_18104219.jpg
▲サカハチョウ夏型 (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )

 この場所、地面からミネラル分が染み出しているようで、次から次へと蝶がやって来る。
d0001300_18194642.jpg
▲ウラギンシジミ (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )
 この蝶を見ると夏も終わりだなぁと思う。

 引き返していたら、わりと綺麗なヒカゲチョウがいたのでパチリ。
d0001300_18134983.jpg
▲ヒカゲチョウ (Nikon1-J4 + VR 10-30mm )

 このポイント、叩ける環境でないのが少し残念だが、いい所だ。何より人がいないのがいい。今まで撮影中に誰とも会ったたことがない。自ら見つけたポイントではベストポイントだと思う。

【最近のマイブーム】
 最近のマイブームはヒトリカラオケ。やっと90点が出るようになった。初めて行った時が75点くらいだったので、ずいぶん上手くなったものだ。今日行って、AKB48のヘビーローテーション歌ったら85点出た。フリ付きでおじさんが歌ったら面白いだろうなぁ(爆)。そんなアホなことしても恥ずかしくないのがいい(笑)。
d0001300_20583617.jpg

[PR]

by ryochan_ex | 2015-09-08 23:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/22138579
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyaa9090 at 2015-09-10 19:31
ryochan_exさんを訪れるとチョウのことは知らない事が多いので
検索して知識を取り入れることもあります。
今回は「夏型」 チョウに夏型、春型、秋型があるのですね。

歌が上手なのですね。

Commented by ryochan_ex at 2015-09-10 23:05
cyaa9090さん
 全ての種類にあるわけではありませんが、多くの種類にあります。特にサカハチョウは春型と夏型では同じ種類とは思えないくらい違います。あと地方型というのもあります。サカハチョウの上の写真のダイミョウセセリが典型的な関西型と呼ばれるものです。関東型は後翅の白い線が無くなります。面白いのは名古屋の辺りの個体は中間型と言われ、薄く線があります。

カラオケは歌下手コンプレックス解消のために行き出したのですが、練習するたびに少しずつ高得点が撮れるようになるのが楽しいです。いくつになっても向上するのは楽しいです。


<< 県展(岡山県美術展覧会)を観に行く      夏の蒜山2015 >>