2014年 03月 21日
放送大学学位記授与式(卒業式)に出席する(本編)
 放送大学学位記授与式(卒業式)に出席する。場所はNHKホール。前日に上京して東京観光を楽しんだ。今日は宿泊した目黒のホテルから直行。少し早く着いたので代々木公園を散策して戻ると、エントランスの前で大勢の人が記念撮影をしている。快晴の空のもと、華やいだ雰囲気があふれている。
d0001300_23373674.jpg
▲NHKホール (Nikon COOLPIX P330)

 開場は10時ということなので、ブログ用の写真なんかを撮っていたら、岡山学習センターの岡田所長と事務職員の方がおられた。挨拶をして少し談笑。
d0001300_2338532.jpg
▲NHKホールの前で開場を待つ人々 (Nikon COOLPIX P330)

 放送大学アナウンサーの鷹嘴さんが、放送大学生用の情報番組「大学の窓」の取材に訪れていた。
d0001300_23383631.jpg
▲「大学の窓」の取材中の鷹嘴アナウンサー(Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 中に入ると、中は中で記念撮影をする人、談笑をする人等で、やはり華やかな雰囲気があふれている。軽い緊張感と高揚感。卒業式の実感が少しづつ身を包んでいく。
d0001300_2339031.jpg
▲式典前(Nikon COOLPIX P330)

 席は地区ごとに指定されていて、岡山は二階席の右側。既にかなりの席が埋まっていたが、最前列に一つ空きがあったので゛「すみません、すみません」と入れてもらう。
 最前列なので一階の様子がよく見える。たくさんの人が入れ替わり立ち代わりステージの前で喜びを全身から発散させて記念撮影をしているのだが、下の写真の方の嬉しさと誇らしげなしぐさに少し胸がきゅんとなった。
d0001300_23392115.jpg
▲式典前に記念撮影する人たち (Nikon COOLPIX P330)

 式典は国歌演奏、来賓紹介、学位記授与、学長式辞・・・と凛とした雰囲気で進行していく。毎年、文部科学大臣が臨席くださり祝辞を述べられるのだが、今年は大臣政務官の代読だったのが少し残念。学位記は卒業生代表が受け取るのだが、どのように選考されているのかなぁ? 素朴な疑問。

d0001300_23394239.jpg
▲学長式辞 (Nikon COOLPIX P330)
 学長式辞では来季から放送大学に博士課程が新設されることに絡めて、教養とは何かといったことについて掘り下げた話があったのが印象的だった。

 卒業生総代による謝辞は毎年、感動的なひとこまなのだが、今年は特に感動的だった。Ryochanも目頭が熱くなった。放送大学のひとつの大きな役割がここにあると思う。岡田所長も泣いたと仰られていた。
d0001300_2340231.jpg
▲卒業生総代 謝辞 (Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 最後は岡部学長の指揮による学歌斉唱。楽しそうに指揮棒を振る学長の姿がいい。「開かれた大学、放送大学~」という歌詞が印象的だった。
d0001300_23401720.jpg
▲岡部学長指揮による学歌斉唱 (Nikon COOLPIX P330 動画からの切り出し)

 式典を終え外に出ると、いただいたばかりの学位記を持って、看板の横で記念写真を撮る人がいっぱい。多いときは10人くらいの行列が出来ていた。アカデミックガウンを着ている人、羽織袴の人、和服の人・・・、それぞれに目いっぱい卒業式を楽しんでいる。
d0001300_23405390.jpg
▲卒業証書・学位記を持って記念撮影する人々 (Nikon COOLPIX P330)

 Ryochanも列に並んで記念撮影。頭にかぶっているのは、うけ狙いで自作した角帽。
d0001300_2254585.jpg
▲卒業証書・学位記を持って記念撮影するRyochan (Nikon COOLPIX P330)

d0001300_21465346.jpg 右の写真はRyochanが苦節?11年かかっていただいた卒業証書・学位記。

 放送大学に入学して11年。この間、本当に色んなことがあった。Ryochanの人生で最も大きく動いた11年だったように思う。奥様をはじめとする様々な方の支えでこの日を迎えることが出来たと思う。感謝したい。

 放送大学には多くの税金が投入されている。今後は放送大学で学んだことを社会に還元していくことが恩返しになると思いつつ、さて、何をしたものかと思う今日この頃である。

 放送大学は学歌の歌詞にあるように、全ての人に開かれた大学です。入学試験はありません。みなさんも、もういちど学んでみませんか? Ryochanは社会と産業コースに再入学しました。

 学位記授与式(卒業式)の様子を16分にまとめた動画です。よかったらご覧ください。感動の卒業生総代の謝辞のさわりも聞くことが出来ます。


[PR]

by ryochan_ex | 2014-03-21 23:59 | 放送大学 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/20493184
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by かんちゃん at 2014-03-25 07:51 x
おめでとうございます。

11年 よく 頑張りましたね。

P330 綺麗に 撮れますね。

でも 最近の デジカメの発売サイクルは ホントに びっくりします。

数か月もたたないうちに 型落ちですもんね。

Commented by Yuki at 2014-03-25 11:14 x
立派な卒業式の様子が、Ryochanさんのはっきりした分かりやすいお写真で、まるで行ったかのように浮かんできますね^^

ご卒業おめでとうございます。
でもまた次に申し込まれていらっしゃるのですね^^

この記事を読んで、Ryochanさんがずいぶん慣れたご様子で、長く通っていらっしゃるわけが分かりました。
こういう形でずっと勉強を続けていくというのは、拝見していると素晴らしく見えてきて、ちょっとばかりやってみたいという気持ちがわいてきてしまいますね^^

それにしても、Ryochanさん、ご立派なお姿です。
見えないお顔をあれこれ想像してしまいました^^
Commented by cyaa8989 at 2014-03-25 19:59
学位記授与式に東京NHKホールまで行ってきたのですね。
ご卒業おめでとうございます。

11年間と言えば小学校6年間、中学校3年間を合わせても足りません。
それを思うと途方も無く長い年月ですが
自分を磨き高めるのには決して長くは無いのでしょう。
それはryochanさんが次を目指し
再入学をサラリと決めた事に見られます。

いつの歳になっても動画を見ているだけで
この雰囲気緊張の中でも胸が張り裂けんばかりの高揚感ありますね。

Commented by ryochan_ex at 2014-03-25 21:39
かんちゃん さん
 お祝いの言葉ありがとうございます。思い起こすと本当に長かったです。自分をほめてあげたいと思います。
 P330いいです。今回、動画を静止画に切り出してみたのですが、この画質ですから驚きます。
Commented by ryochan_ex at 2014-03-25 21:39
Yukiさん
 お祝いの言葉ありがとうございます。思い起こすと本当に長い11年でした。色々ありましたから。自分を褒めてあげたいと思います。放送大学で学ぶ理由は人それぞれです。私も一つの理由ではないのですが、「そうしている自分をかっこいいと思う」というところが少なくないと思います。自己肯定感のひとつの根源になっているような気がします。少しでも心が動いたのならYukiさんもどうですか? お試しで科目履修生として半年からOKですよ。
Commented by ryochan_ex at 2014-03-25 21:40
cyaa8989さん
 お祝いの言葉ありがとうございます。
>小学校6年間、中学校3年間を合・・・
 本当に長かったのですが、そういうふうに考えると、本当に長いですね。よく続いたと自分を褒めてあげたいと思います。放送大学は再入学者が多いんですよ。はまる人には面白いところだということでしょうね。
 動画をご覧いただき感動していただけたなら、撮ったかいがあるというものです。とても嬉しいです。
Commented at 2015-02-18 18:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryochan_ex at 2015-02-18 22:38
鍵コメさん
ご卒業おめでとうございます。近々、卒業式の案内が来ると思います。詳細は案内に書いてあります。具体的に知りたいことがあれば、またコメントくだされば分かる範囲でお答えします。
私は岡山SCではパソコンクラブのHP、ML担当役員をしています。役員のRyochanと言っていただければ分かると思います。事務所の方も知ってんじゃないかなぁ。
Commented at 2015-02-20 23:39
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ryochan_ex at 2015-02-21 23:45
espoir77さん
ご質問にお答えします。卒業式を楽しんできてください。

(1)席は中国地方というくくりでした。普通の映画館の席をイメージしていただければ、そんな感じです。誰が音頭をとる訳でもなく、ぶっちゃけ、他の地方の席に座っても全くわかりません。
(2)服装は式典ですのでそれなりの「よそ行き」の服であれば何でもいいと思います。
(3)同伴者の席は3階席です。卒業生の席からは全く見えません。ただこれも誰が見ている訳でもないので、卒業生を示す花リボンを外して、卒業生が3階にいても誰もわからないと思います。逆はよろしくないと思いますが・・・・。
Commented at 2015-02-23 01:24
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 最近の出来事とか      放送大学学位記授与式(卒業式)... >>