2013年 07月 03日
今シーズンの締めくくり、かな?
 最新の天気予報によると県北方面はどこも終日雨。一昨日までの天気予報では雨は降らないはずだったのだが・・・。降水確率を見ると終日50%、下駄飛ばし。うーん、表に賭けよう。早起きして出掛ける。場所は蒜山方面。

 高梁を過ぎた辺りから小雨が降りだした。蒜山インター辺りは路面に水たまりが出来るくらいの雨。予定していたポイントに着くと小雨。撮影はちょっと無理っぽい。傘をさして下見していたら雨が止んだ。この機を逃してはと撮影開始。

 テリ張りは見られない。しかたがないので雨上がりの草むらの中を下半身びしょ濡れになりながら叩いてまわる。叩いていると時々飛び出すのだがほとんどは上のほうへ。たまに降りたものは見失う。そんな状況のなか何とか撮れた一枚。
d0001300_11364750.jpg
▲エゾミドリシジミ(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
 曇天の早朝、暗くてISOを1600まで上げて撮っているためノイズが目立つが、そんな雰囲気が感じられる印象深い一枚となった。

 今回立ち寄ったポイントは全て何でもアリな場所に加え、全て叩き出しているので種別の判定が難しい。間違いがあればぜひご指摘いただきたい。

 次に訪れたのはふと思いついた、以前から一度訪れたいと思っていた場所。思った以上にいい感じ。最初に撮れたゼフはメスアカミドリシジミ。
d0001300_21413412.jpg
▲メスアカミドリシジミ(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
 近くに桜があるので妥当なところかな。

 一通りまわって、上の写真を撮ったあたりまで戻ったところにいた。ススキの葉の間に降りたのを、そっとそっと掻き分けて撮影。もう少し邪魔物を除けていたら逃げられた。
d0001300_22363714.jpg
▲オオミドリシジミ♀(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
 現地ではジョウザンと思っていたのだが、家に帰って図鑑を見て、迷いに迷ってオオミドリシジミにした。雰囲気はメスアカなんだが、紅班が切れいるんだなぁ。来年が楽しみなポイントになった。

 あとは成り行きで順番に既知のポイントをまわった。ハヤシさんは叩くと出てはくださるのだが、訪問した時間がお気に召さないようで、全く相手にしてくれなかった。思わず「お願いしましわ」とつぶやいてしまった。

 この時期は、どこへ行ってもヒョウモンが多い。ヒョウモンも判別が難しい。
d0001300_21421159.jpg
▲オオウラギンスジヒョウモン♂(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
 ハッとするくらいに鮮やかだ。微妙に発生時期が異なるようでウラギンヒョウモンはどの個体もくたびれていた。

 この時期もうひとつハッとするくらい鮮やかなのが黄系のセセリ。
d0001300_12513219.jpg
▲ヒメキマダラセセリ♂(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )
 眼が可愛い。

 時間が余ったので、もう一ヵ所、地図で目星をつけていたポイントに寄った。結果は叩いても何にも出なかったが、ミズナラもあり、面白そうなところだ。こちらも来年が楽しみだ。ちょうど雨が降り出したので蒜山を後にした。

 決して好条件ではなかったが、それなりに成果があった。何より「行く」という決断が正解だったのが嬉しかった。新ポイントは来年のお楽しみかな。

 
[PR]

by ryochan_ex | 2013-07-03 23:59 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/19164799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by palau at 2013-07-04 17:31 x
こんばんは。
新見、恩原、蒜山と精力的に遠征されていますね。
梅雨らしい天気といってしまえばそれまでですが、私の方は天気が悪いとテンションが下がってしまい、種松山の合歓や紫陽花で我慢しています。
今週末から天気が回復しそうなので、まだ行ったことのない恩原高原や府中に行ってみたいと思います。
Commented by ryochan_ex at 2013-07-04 20:38
palauさん
 この季節のために1年間があるみたいなところがありますから。でも、私なんか出不精であまり遠出はしない方です。先日、新見で会った3人は先日、蒜山、大山、鳥取砂丘と回ったようですから、頭が下がります。
Commented by Yuki at 2013-07-07 20:23 x
ヒメキマダラセセリ、本当にかわいらしく見えます。
やはり眼のせいでしょうか?
まるで首をかしげているようで、かわいらしいです。
Commented by Ryochan at 2013-07-07 22:45 x
Yukiさん
 セセリって一般の方は蛾と思われる方もいるんですが、こうして見ると可愛いんですよねぇ。でも、こんなに近くで見ることもないんでしょうね。

 最近ちょっと事情があってローマ字入力してます。このコメントもローマ字入力で書いてます。ストレスたまります。これを機にブラインドタッチに挑戦しようかなとか少しだけ思っているのですが、きっと挫折するような気がします(笑)。
Commented by ダンダラ at 2013-08-03 17:17 x
こんにちは
ゼフの写真がきれいに撮れていますね。
オオミドリの♀がちょっと気になりますね。
地色が違うし、紅班の形も違うような気がします。
ジョウザンの雌でいいような気がしますが。
Commented by Ryochan at 2013-08-04 09:58 x
ダンダラさん
 おはようございます。ご教示ありがとうございます。第一感(全体の雰囲気)は私もジョウザンだったのですが、短条が明瞭(感覚)なこと、拡大すると紅班が完全に切れていること、等でオオミドリにしました。雌は間違いなく雌です。一瞬翅表が見えました。その後、2人の方からご教示いただき、それぞれオオミドリとハヤシではないかとのことでした。これだけベテランの方の意見が分かれるということは「この写真だけでは分からない」ということなんだと思います。採集すれば確実に分かるわけで、採集の価値も少なくないということかなと思います。写真派としてはここでめげず、なんとか写真で判別する方法を見つけたいと思います。貴重なご意見ありがとうございました。
 ダンダラさんのブログはROMってばかりですが毎回楽しく拝見させてもらっています。写真の美しさはもちろんですが、いつも新しいことに挑戦されていることが素晴らしいと思います。


<< 新見辺りをぷらぷら      ヒメシジミを撮りに行く・・・ >>