2013年 05月 06日
とっとり花回廊
 とっとり花回廊へ行く。大山方面には最近わりと行くのだが、とっとり花回廊へ行くのは初めて。

 Ryochanは花にはあまり興味はないので、そんなに期待していなかったのだが、素晴らしい。手入れの行き届いた多くの花々も素晴らしいのだが、スタッフの方たちの対応がまた素晴らしい。東京ディズニーランドのような対応だ。
d0001300_21231272.jpg
▲とっとり花回廊 (RICOH・GX200)

 だだっ広く、平面的で人工的な公園をイメージしていたのだが、天然の森をうまく使っていて自然観があり、いい感じだ。ウリのドーム温室の中には珍しそうな蘭なんかがたくさんあるのだが、Ryochan的には「ふーん」という感じ。Ryochanが一番気に入ったのは下の写真のポピー畑。圧巻。
d0001300_225251.jpg
▲とっとり花回廊(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )

 蝶でもいないかなと森を歩いていると、蝶はいなかったが、いろんな山野草が植えられていた。Ryochanが最も好きな山野草のひとつであるササユリもたくさんあった。開花は月末くらいかな。残念。
d0001300_21242256.jpg
▲とっとり花回廊(SONYα550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO )

 昼食は少し離れているのだが、大山の北側にあるネットで見つけた「遊登里庵」というお店。
d0001300_2140443.jpg
▲大山 伯耆街道より(RICOH・GX200)
 「遊登里庵」に向かう途中、あまりに綺麗なので、車を停めてチョイ撮り。このスケール感が表現できないのが残念。こうして写真で見るとただの山なのだが、圧倒的な存在感がある。昔の人が神が宿る山と思ったのがよくわかる。

 「遊登里庵」は少し分かり難いところにあるのだが、ナビのおかげで迷うことなく到着。オーベルジュを謳うだけあって高級感が漂う造り。蕎麦屋ではないのだが、蕎麦がウリということで、蕎麦をいただいた。他のお客さんも全員蕎麦。駐車場にある車のプレートを見ると京阪神方面の方が多い。通りすがりに寄るという場所ではないので全員、蕎麦を食べに来ているのだと思う。むむ。
d0001300_21221427.jpg
▲遊登里庵(RICOH・GX200)
 駐車場の入り口で野菜を売っていた。ふと見るとワラビ一束100円。この値段と量を見ると蒜山でワラビを採る気力がなくなる(笑)。ワラビとワサビ菜を買った。

 帰りは鍵掛峠を通って帰った。鍵掛峠は紅葉の季節には渋滞ができる大山きってのビューポイント。素晴らしい景観なのだが、写真でこの素晴らしさを表現するのは難しい。
d0001300_21225390.jpg
▲大山 鍵掛峠より (RICOH・GX200)

 とっとり花回廊、広い敷地にたくさんの花々、素晴らしい接客、花好きの方にはお勧めである。
[PR]

by ryochan_ex | 2013-05-06 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/18719338
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ウスバシロチョウ      自分発見学~個性を知る~ >>