2005年 09月 25日
コムラサキ ゲット
 秋晴れ、台風の影響で風が強い。捜し求めてやっと見つけたコムラサキポイントへ行く。一昨日の墓参りの途中に「こんな所に柳あったっけ」と見つけたところである。昨日確認に行きコムラサキ(私的新種)を見つけるも証拠写真程度しか撮れなかったので再挑戦である。
d0001300_19113531.jpg
 この辺りは昔は一面の田んぼが広がるのどかな所であったが、今では市街化が進み昔の面影は全くと言っていいほど残っていない。この柳がある一角は時間が止まったように昔の面影を残している数少ない場所である。近くにある石灯に明治二十・・年と刻まれていることから当時から生えている柳だと思われる。




 ポイントに着き少し待っているとコムラサキが占有飛行を始める。昨日よりは全体に飛んでいる所が低いので、期待して待っていると、1頭がやっと撮影可能な場所にとまってくれた。息を殺してそっと近づき、なんとかものになる写真を写す。

d0001300_20193459.jpg
その後かなり写すが、今一つのものばかりで、一時間ほど粘ってこの場を引き上げた。この場所は家から比較的近く、灯台下暗しであった。それにしても、たった2本の柳の木で明治から命をつないでいたと思うと蝶の生命力の強さを感じるとともに、色んな意味で感慨深いものがある。

 実は今日はもう一つの予定がある。岡山大学で開かれている第65回日本昆虫学会の一般公開シンポジウムの聴講である。「昆虫学の未来を担う少年たち」と題して昆虫少年たちの発表があるのだが、特に種松山のミドリシジミのポイント(結局ここでは見つからなかったのだが)を教えてくれた千田喜博君(高3)が発表するのでぜひ聞いてみたかった。

d0001300_20552275.jpg
学会での発表となると、相当緊張していると思うのだが、皆さん堂々たる素晴らしい発表で感心した。今後のご活躍を期待したいものである。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-09-25 20:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/1858258
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンダラ at 2005-09-26 09:23 x
コムラサキ、うれしい発見ですね。
この町、意外と環境変化にも強いんでしょうか。
翅表の輝きがコムラサキの特徴を良く出していて、素晴らしいと思います。
Commented by Ryochan@管理人 at 2005-09-26 21:03 x
ダンダラさん
>コムラサキ、うれしい発見ですね。
 ありがとうございます。探して当てたのはミドリシジミ以来です。嬉しかったですねぇ。思わず「いた」って言葉が出ました。どのような生物も連綿と命を繋いでいる訳ですが、妙に感慨にしたってしまいました。


<< 地上の星たち      柳の下のドジョウ >>