2012年 08月 27日
大垪和西の棚田
 大垪和西の棚田に行く。大垪和西の棚田は日本の棚田100選にも選ばれている定番撮影スポットである。少し入り組んだ所にあることもあり、これまで一度も行ったことがなかったのだが、車の(眼の)試運転も兼ねて出掛ける。

d0001300_1061640.jpg ただ棚田だけというのも芸が無いので、旭川ダム見学、紅そば亭で昼食の後棚田見学というコースで回ることにした。旭川ダムは20数年ぶり。少し寂れた感はあるが昔から寂れた感があったのであまり変わっていない。

 昼食は予定通り紅そば亭。9月号のタウン情報岡山で紹介されていた。地元の「おかあさん」たちがやっているようだ。ほんとうにこの道かなぁと思う細い山道をナビの言うとおりに運転していたら到着。ちょっと通りかかりにというような所ではない。お客さんはきっと全員、タウン誌等の情報を見て来ているんだと思う。壁にはvoice21のトメちゃんややニョッキンセブンの魚住さんらの色紙がずらり。けっこう有名どころみたいだ。10割の盛り蕎麦と赤米のおむすびを注文。
d0001300_2253330.jpg
 出てきた蕎麦を見て、一瞬戸惑った。とにかく太い、そして色が濃い。Ryochanの好みは細くて白い蕎麦。出てきたものはしょうがないと意を決して口に含むと旨い。えーっという感じ。完全に予想を裏切られた。田舎の親戚に行ったら出された蕎麦という感じの、素朴な味なのだが、田舎でこんな蕎麦を出されたらいくらでもお替りするだろうなぁと思う味である。おにぎりも美味しく、お勧めである。

 昼食を済ませた後は大垪和西の棚田に行く。ここも少し分かりにくい。もう少し観光地化しているのかと思っていたのだが、標識も少なく、普通の田舎という感じ。定番の撮影ポイントには撮影見本の看板が立っていた。お手本のとおりに撮影(笑)。
d0001300_22394616.jpg
▲大垪和西の棚田(RICOH・GX200)

 棚田はふーんという感じだったが、蕎麦が美味しかった。


[付録]
 恒例の我が街の夏祭りで撮った写真。2年続いて同じような写真だったのだが、今年は少し違う写真。
d0001300_2259317.jpg
▲神輿疾走(RICOH・GX200)
d0001300_22591594.jpg
▲祭りの少女(RICOH・GX200)
[PR]

by ryochan_ex | 2012-08-27 23:59 | 最近の出来事 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/16727064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第63回・岡山県美術展覧会で入選した      白内障手術体験記 >>