2012年 06月 17日
ゼフを探してぷらぷらと
 週間天気予報では雨だったが、朝起きると日が差している。これを逃してはとふらりと出掛ける。メインターゲットを何にするか少し考えたが、ヒロオビはマンネリ気味なので、メスアカミドリシジミに決める。ここというポイントを知らないので県中北部の記録のある場所に行ってみることにした。

 最近はナビがあるので小字まではすんなりと到着する。が、小字とは書くが小字は広い。今回もそれらしい所を2ヶ所回ったが、メスアカのメの字も見当たらず。むーっ。しかたがないのでいつもの新見のコースを逆から回ってみることにした。

 最初に訪れたポイントでmosyupaさんとばったり。ウラナミアカシジミを見てみたいとのこと。「ウラナミアカシジミってこの辺りならどこにでもいるけど・・・」とか言いながら目の前の木を叩くとウラナミアカシジミが飛び出した。
d0001300_13373625.jpg
▲ウラナミアカシジミ 岡山県RDB 留意種(SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 その後、ハプニングがありテンション激減(いやー、勉強になりました)。とはいえせっかく来たのだからと昼食後、有名ポイントへ。姫路ナンバーの蝶屋さんが来られていた。日にちも時刻も時期遅なので多くは期待していなかったのだが、少し叩くと色んな蝶が飛び出す。意外。
d0001300_1338763.jpg
▲ウラジロミドリシジミ ♀(SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
d0001300_13382429.jpg
▲ヒロオビミドリシジミ♀ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

d0001300_1514516.jpg 最近は出来るだけ自然に近い状態の写真を撮りたいと思っている。今回掲載した写真は叩き出してはいるがどれも元々とまっていた木にとまった状態の写真である。自然状態で下草の笹などにとまっていることもあるのでどこが自然でどこが不自然ということもないのだが、あくまでイメージと自己満足の世界である。

 ただ、右の写真のような場所はさすがに不自然である(笑)。
▲ ウスイロオナガシジミ(SONY・α550+TAMRON SP AF90)

[PR]

by ryochan_ex | 2012-06-17 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/16090429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 恩原高原      ミドリシジミを堪能 >>