2012年 05月 19日
ウスバシロチョウ (ウスバアゲハ)
d0001300_173854.jpg ウスバシロチョウ狙いで新見に出掛ける。新見に出掛けるのは今季初めて。沿線の緑が綺麗だ。いつものように絹掛の滝でトイレ休憩&お弁当仕入れ。少し肌寒い。

 ポイントに着いて少し歩いているとウスバシロチョウがたくさん飛んでいる。今年は特に多い感じ。羽化直のように綺麗な固体が多い。草原をあっちに走り、こっちに走りして撮影。久しぶりに息が切れる。この感じが心地いい。
d0001300_17392336.jpg
▲ウスバシロチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 ウスバシロチョウは個体間の変異が大きい。1頭々々が微妙に異なる。この個体は筋が濃くてシャープでRyochan好みの個体だ。

d0001300_17394873.jpg
▲ウスバシロチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 上の個体と比べると少し筋が太くて鈍な感じの個体。バックを空に抜いてみた。いい感じ。お気に入り。

d0001300_1740286.jpg
▲ウスバシロチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 色白の個体。上の写真もそうだが、90mmの特徴を生かして少し周りの物を意識するといい感じ。

d0001300_17403831.jpg
▲ウスバシロチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)
 透け感の強い個体。

d0001300_8451755.jpg
▲ウスバシロチョウ (RICOH・GX200)

 ウスバシロチョウは比較的よく開翅する蝶なのだが、今年は不思議とほとんど開翅してくれなかった。でもこうして見るとウスバシロチョウの閉翅もまたいいものだ。

 ウスバシロチョウを撮影していたら足元を黒い小さな蝶が飛んで行った。えっ、ギンイチ? ギンイチは蒜山に行くと結構いるのだが、まさかこのポイントにいるとは思ってもいなかったので驚いた。かなりしつこく追ったのだが、近づかせてもらえない。何とか証拠写真だけは撮影。結構レアな確認だと思う。
d0001300_1522969.jpg
▲ギンイチモンジセセリ 環境省RDB準絶滅危惧種 (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

d0001300_17415182.jpg お気に入りの写真が撮れて、予想もしていなかったビックなお土産も撮れて、大満足の一日だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2012-05-19 23:59 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/15898316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Yuki at 2012-05-23 16:13 x
ウスバシロチョウ、とても綺麗な蝶なのですね!
特に2枚目~4枚目の背景がぼやけた(正式用語を知らずすみません)写真が、
羽根の美しさがすごくよく映えて、なんて綺麗なのだろうと思ってコメントしました。

2枚目の緑をバックにした羽根も美しいし、3枚目の空をバックにした羽根も美しいし、
どちらがより好きか決められません。

でも5枚目の森を背景にしているのも、場面が分かって想像が膨らみますね。

ギンイチモンジセセリ、準絶滅危惧種のそのような蝶がいると初めて知りました。
羽根に綺麗な筋が入っているのですね。

最後のおまけのお写真も良かったです(*^m^*)
Commented by Ryochan at 2012-05-23 21:19 x
Yukiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
>羽根の美しさがすごくよく映えて、・・・
 ウスバシロチョウって竹細工に和紙を貼り付けて作ったような和風のテイストがあるところが美しいですよね。子供の頃、図鑑を見て「こんな不思議な蝶がいるんだ」と思ったのをよく覚えています。拙ブログで蝶の美しさを感じていただけたことを嬉しく思います。

 最後の写真はゴリラというミニ三脚を車のドアに掴ませてセルフタイマーで撮っています。小さくて軽くてお勧めです。


<< アカシジミ ゲット      ワイコン試し撮り >>