2005年 07月 30日
ご褒美
 試験がやっと終わった。この開放感がたまらない。近回りは蝶がいそうもないので、少し遠出でもしようかとも思ったが、やはり倉敷市にこだわって少し遠目の弥高山に行くことにする。弥高山は倉敷市の北の外れの本当に辺鄙なところにあるので、自然は種松山よりも残っていると思われる所である。

 ゆっくりと朝を過ごし、10時過ぎに家を出る。途中コンビニで弁当を買って、冨トンネルの手前から弥高山に入る。弥高山は何度か来ているが、広過ぎて全くポイントが絞れない。車を走らせながらそれらしいポイントを探す。走っていると程よい草むらに小森が隣接している良さそうな場所。車を道路脇に止めて、探索を開始する。

 少し歩くがやはり蝶がほとんどいない。雰囲気からしていないはずは無いと思うんだが・・・。時折見るのはベニシジミ。ヒメウラさんもいない。などと心の中でぶつぶつ言いながら歩いているとミスジ系の蝶。とまったところをファインダーで確認するとアサマイチモンジ。
d0001300_21211056.jpg
先週撮ったばかりなので、出来ればイチモンジチョウのほうがいいのだが・・・などと贅沢なことを思いながら撮っていると、非常に小さいミスジ系の蝶が現われる。初見の蝶である。なかなかとまらない。逃してなるものかと、しつこく追う。やっととまったところでダイミョウセセリ(私的新種)と確認。
d0001300_21291416.jpg
名前はセセリであるが、飛び方、模様ともにまさにミスジ系の蝶と同じである。かなりボロボロの個体であるが、とりあえず私的新種ゲットである。このポイントでは他にもアサマイチモンジを数頭確認。アサマイチモンジの確実な生息ポイントである。その後、何箇所か車を停めて歩いてみたが、これといった蝶はいなかった。私的新種はゲットしたが、なんとなく欲求不満な感じなので、帰りにメインフィールドに寄ることにする。

 メインフィールドを少し歩いていると、ヒメウラやキチョウ、アゲハなど、ありふれた蝶ではあるがポツポツいる。この時期これだけいると言うことは、やはりこのフィールドは◎のようである。ジャノメ類でもと思い、サトキマダラヒカゲのポイントに行くと、小さな蝶がヒョコヒョコ下草の上を飛んでいる。ヒメウラ? うん?少し白い?。とまったところを見ると、なんとゴイシシジミ(私的新種)である。
d0001300_21473573.jpg
全く予想も期待もしていなかっただけに本当に驚いた。なんとも不思議な模様の蝶である。しばし見惚れた。やはりここは一級フィールドである。試験勉強を頑張ったご褒美かな(笑)。
 
[PR]

by ryochan_ex | 2005-07-30 21:52 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/1421575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンダラ at 2005-08-03 23:54 x
試験が終わってほっとした気分はいかがですか。
「私的新種」良いですね。私も去年、今年と少しずつ追加できていますけど、撮影意欲の原動力になりますね。
アサマイチモンジ、ゴイシシジミどれもきれいですね。
ダイミョウセセリも新鮮なものは結構きれいです。
Commented by Ryochan@管理人 at 2005-08-04 21:48 x
ダンダラさん
>試験が終わってほっとした気分はいかがですか。
 試験後の開放感はたまらなくいいのですが、試験勉強しているときが一番充実感があったり、ま、そんなこんなで、やっぱり趣味です(笑)。
>「私的新種」良いですね。
 ありがとうございます。種松山に限ると、かなり私的新種発見が厳しくなってきました。残り10種くらいでしょうか。ここのところコムラサキを狙っているのですが見つかりません。柳を見ると探すのですがいません。極普通種のはずなんですが、不思議です。


<< 紛らわしい3種      うれしい誤算 >>