2011年 06月 25日
思わぬ副産物
d0001300_1819613.jpg 今ひとつ気が乗らないのだが、シーズンに一度も新見に行かないのも如何なものかと出掛ける。

 そんな訳でポイント到着は8時少し前。先客がいるかと思ったが、誰もいない。曇り、昼から雨との予報だったが日が照っている。途中の道路脇の温度計は24℃を示していた。

 叩くとそれなりに飛び出すのだが、全く降りてこない。そうこうしていると岡山ナンバーの四駆が来た。話を伺うと、詳しい方で、「20℃を超えたら降りてこない」とか。一通り叩いてそくさと引き上げられた。その方が帰った後も、かなり叩いたのだが、全く降りてこずギブアッフ。結局この日の岡山の最高気温は36℃で酷暑日。昨日の夜は熱帯夜。真夏である。

 この時期どこへ行っても多いのがヒカゲチョウ。第2化の時期なのか、どの固体も綺麗だ。
d0001300_18194884.jpg
▲ヒカゲチョウ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

d0001300_20271240.jpg その後、いくつかのポイントを回ってみたが、どこも同じ。しかたがないので、新ポイントでも開発するかと回っていたら、なかなかいい雰囲気の所を見つけた。これといった収穫はなかったが、とりあえずマイポイントに追加しておこう。
 こんな雰囲気なので叩けば何かは飛び出すだろうと思ったが、飛び出したのはミドリヒョウモンだけ。不思議なものである。まだまだポイントというものがが見えていないのかな。少なくとも、昔はゴマシジミとかウスイロヒョウモンモドキがいたのではないかと思うのだが・・・。
d0001300_18204533.jpg
▲ミドリヒョウモン (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

 途中、オオムラサキとおぼしき蝶に何度か出会った。少し早いように思ったが、帰りにポイントによって少し待っていたらオオムラサキが現れた。
d0001300_18205921.jpg
▲オオムラサキ 環境省RDB準絶滅危惧種 国蝶(SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO) 新見市

 目的のゼフは収穫ゼロだったが、オオムラサキというビックなお土産と結構お気に入りの写真も撮れた。あちこちまわったので疲れたが、まずまずの一日だった。
[PR]

by ryochan_ex | 2011-06-25 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/13895780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 鯉が窪湿原      雨の合間に >>