2011年 04月 09日
種松山の春2011
d0001300_20303667.jpg 最高の天気。少し遠出(Ryochanの場合は種松山以外は遠出(笑))でもしようかと考えたが、この季節の種松山を歩かずして種松山は語れまいと考え直して、いつものように種松山に出掛ける。どのコースにしようかと少し考えたが、そろそろツマキチョウが出ていてもいい頃である。ツマキチョウをメインターゲットにKKポイント(旧称、メインルート)に出掛ける。

 KKポイントは今季初めて。期待していたのだが、ツマキチョウはおろか蝶自体がほとんど見当たらない。ヤマトシジミが何とかといった感じ。タンポポの数も思っていたよりも少ない。急に暖かくなったので遅れていた春が駆け足で追いついてきたように思っていたのだが、蝶の発生は桜の開花同様に昨年と比べると一週間くらい遅いようだ。アゲハが目立ったのはミカン畑の多い種松山の特徴かな。

 KKポイントの次に訪れたのは野草園。狙いはカタクリ。見つけたのは写真の一輪のみ。今年、初見。

 野草園の次に訪れたのは西園地。まさに満開。全山桜。これが種松山の桜だ。蝶の撮影を始めて以来、毎年通っているが、土日が満開に当たったのは初めてだ。桜と蝶のコラボを狙って歩いたが、やはり蝶自体が見当たらなかった。
d0001300_207897.jpg
▲種松山西園地 (SONYα550+SONY・DT 18-250mm F3.5-6.3 )

 昼食は「ふるいち」で冷ぶっかけ。倉敷でうどんといえば、ふるいちのぶっかけなのだが、実はRyochanはふるいちのぶっかけは数年前まではあまり好きではなかった。数年前にふと食べたとき、ぶっかけってこんなに美味かったかなと感じて以来、よく食べる。

 昼食後は倉敷美しい森へ。狙いはミヤマセセリ。数年前までは、倉敷美しい森でもミヤマセセリのいるポイントは限られていたのだが、ここ数年、生息範囲が拡大している。今年は美しい森全体で見られた。来年は美しい森以外でも見られるようになるといいのだが。
d0001300_2073858.jpg
▲ミヤマセセリ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 最後にIDポイント(旧称、家から一番近いポイント)に寄ってベニシジミを追加。
d0001300_2075889.jpg
▲ベニシジミ (SONY・α550+TAMRON SP AF90mmF/2.8 MACRO)

 久しぶりに結構歩いたので少し足にきた。蝶の撮影はいい運動になっているみたいだ。

 全く別件なのだが、拙ブログが女性向け情報サイトを運営している会社の「岡山人ブログ」(リンクしています)というサイトの趣味日記のコーナーで紹介された。拙ブログのどこが女性向け情報誌の目にとまったのかよく分からないのだが、紹介文はさすがプロとうなった。上手過ぎる。
[PR]

by ryochan_ex | 2011-04-09 23:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/13368007
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 出雲大社ドライブ      春、始動 >>