2010年 09月 18日
秋はクロツ
d0001300_13223643.jpg やっと朝夕は秋を感じるようになって来た。岡山の8月の平均気温は観測史上最高のうえ、日本一高かったとのこと。岡山が? と思うが、実際本当に暑かった。そんな訳で山へ行く気力も萎えていたが、秋風に誘われてふらりと出掛けた。

 どこに行こうかなと少し考えたが、高梁市のクロツバメシジミ(クロツ)を見に行くことにした。今日の目的地はクロツの生息地としては蝶の撮影を始めて最初に知ったところなのだが、どこか気乗りがせず、行ってなかった所。
 
 ポイントに着き、少し歩くと思った以上にツメレンゲが生えている。クロツは? と探すとポロポロと見つかる。新鮮な固体が多い。クロツは地域変異が大きいと言われるが、斑紋が発達したRyochan好みの顔だ。雰囲気も予想外に良く、落ち着いて撮影できる。いい所だ。食わず嫌いだったようだ。
d0001300_1346019.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
 生息場所の雰囲気が感じられるように撮ることを心がけている。望遠マクロでの撮影では難しいのだが、草原や森にいる蝶でないことは分かるかな(笑)。
d0001300_13463040.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
d0001300_13234758.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (PENTAX・K20D+シグマ APO MACRO 180mm F3.5 EX DG)
d0001300_1349577.jpg
▲クロツバメシジミ 環境省RDB準絶滅危惧種 (RICOH・GX200)
 広角の写真としてはアングルが今ひとつなのだが、それでもマクロレンズと比べると雰囲気はよく分かる。

 初めての場所だったが、意外にいい所だった。Ryochanが知る限り、クロツの生息環境は人の活動と結び゜つきが強い所である。この場所もご多分にもれずそうなのだが、いつまでもこの環境が維持されることを望みたいと強く思った。来年の秋もここにしようかな。
[PR]

by ryochan_ex | 2010-09-18 23:59 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/11944475
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンダラ at 2010-09-21 12:45 x
良い雰囲気の場所ですね。
落ち着いてじっくり撮られた雰囲気がよく分かる良い写真が並んでいますね。
Commented by ryochan_ex at 2010-09-21 22:14
ダンダラさん
 クロツってどこにでもいる訳ではないけれども、探すとそれなりにいるというところがいいですね。皆でワイワイ撮るのもいいですが、一人で納得するまで撮るのもいいものです。
Commented by kenken at 2010-09-22 00:07 x
ご無沙汰いたしております。「岡山らしいお顔」のクロツではないでしょうか。前翅裏亜外縁の黒点列の一番下が楕円形状で大きくなるのがお洒落です。う~ん、写真を拝見していると、私もクロツ、撮りに行きたくなってきた・・・
Commented by ryochan_ex at 2010-09-22 21:53
kenkenさん
 お久です。岡山らしいと言っていただくと岡山大好き人としては嬉しいです。広角向きのポイントなのですが、どうしたものかゆれてます。どうせ有名ポイントなので、大公開してカメラマンいっぱいになると採り屋さんは敬遠するかなぁと思ったりしています。まじで。


<< ブログ製本      いろいろ >>