2005年 06月 22日
種松山のミドリシジミ
 ハンノキがなんとか見分けがつくようになった。仕事を定時に終え、先週の金曜日に見た卍飛び(BAFUNさん命名?)を見たポイントにハンノキを確認に行く。

 17時50分ポイント着、薄曇り。時間的には狙いどおりである。幹がそれらしい木はいくつかあるのだが、今一つピンと来ない。更に歩いていると、小さな花穂が付いている木発見。ハンノキ率80%か?。同じような木が数本ある。これがハンノキとすればミドリシジミのいる確率は高いと思われる、などと皮算用をしながら歩いていると、はるか梢の上で卍飛び。目を皿のようにして見るが種別判別不能。

 更に歩いていると、ぽつんと一つだけハンノキ率90%の小木。緑色の雄花序らしきものがなければ100%なのだが(某所で見たハンノキには無かった)等と思いながら葉の形などを見ていると、いかにもゼフらしき飛び方をする蝶がどこからともなく現われる。ちょこまか飛んでとまらない。「とまれ!!」 精一杯の念力を送る。念力が効いたのか、少し離れた枝にとまってくれる。そっと目を凝らす。ミドリシジミである。
d0001300_21575853.jpg
しかもスレの全く無い美しい個体。ファインダーに映る姿にしばし見とれる。ふと横を見るともう一頭。

 結局確実に確認出来たのはこの2頭だけであったが、梢の上にそれらしき蝶を10頭程度確認。多くは無いが、このポイントにミドリシジミが棲息していることは間違いない。

 子供のころから憧れていたミドリシジミが種松山に棲息していることが確認できたことが嬉しい。ましてやそれが、誰にも教えてもらわず、地形図を基に自分の力で見つけたポイントであるだけに本当に嬉しい。今年最大の収穫だと思う。
[PR]

by ryochan_ex | 2005-06-22 22:17 | | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/1051712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンダラ at 2005-06-24 23:43 x
ミドリシジミのポイント発見、おめでとうございます。
自分の力で目指す蝶のポイントを見つけられた時の喜びは、ほんとたまらないですよね。
いよいよ本物のマイフィールドですね。
Commented by ryochan_ex at 2005-06-25 22:27
ダンダラさん
>ミドリシジミのポイント発見、おめでとうございます。
 ありがとうございます。本当に嬉しいです。卍飛びの命名者?であるBAFUNさん(http://homepage1.nifty.com/BAFUN/)が最近ミドリシジミの記事をたくさん書かれており大変参考になりました。この自然を大切にしていきたいものだと思います。
 倉敷市自然史博物館が種松山の自然を紹介したビデオをネットで公開しています。http://www.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/naturevideo/kura008.ram
 画質は今一つですが種松山がどういう環境のところか雰囲気はわかると思います。よろしければ見てみてください。


<< 思いつきで遠出      ミドリシジミ表翔撮影 >>