2009年 09月 22日
シルビアシジミ
d0001300_20465058.jpg 快晴。シルビアシジミとクロツ狙いで出掛ける。シルビアは春に写したポイント。クロツはベニモンカラスシジミで目をつけていたポイント。

 最初に訪れたのはシルビアのポイント。ここにくるのは春以来なのでどうかなと思っていたが、たくさん飛んでいる。鮮度もまずまず。条件を探りながらのんびりと撮影する。

 デスフューザーを付け、ストロボ発光量-2EVにしているのだが、それでもストロボが強すぎる。もう少し減光させる必要があるようだ。下のマクロレンズで写した写真と比べると背景がうるさいが、この臨場感はやはり魅力だ。
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 RICOH・GX200)

d0001300_20463616.jpg
▲シルビアシジミ(環境省RDB絶滅危惧Ⅰ類 PENTAX・K20D+SIGMA105mmMACRO)

 次に訪れたのは断崖絶壁で石灰岩が露出しているところ。景色は広角にもってこいなのだが、ツメレンゲはなし。ここにクロウメモドキがあれば、ベニモンさんがいる可能性大だと思うのだが、クロウメモドキが分からない。ミドリシジミのときもそうだったが、まず食草が見分けられるようになるのが先かな(笑)。
[PR]

by ryochan_ex | 2009-09-22 20:46 | | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://ryochanex.exblog.jp/tb/10253964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ダンダラ at 2009-10-03 13:06 x
きれいなシルビアシジミですね。
やはりそれらしい裏面を見るとなぜかほっとします。
コンデジの広角写真も背景までが適度な距離があるためか、あまりうるさく感じることもなく良い感じに撮れていますね。
クロウメモドキは一度見るとよくわかると思いますが、なかなか図鑑だけでは分かりにくいですね。
Commented by ryochan_ex at 2009-10-03 21:07
ダンダラさん
 お褒めいただきありがとうございます。シルビアの場合はやはり翅裏が「らしく」て好きです。ストロボ光らせたり、測光方法を変えたり、絞り変えたり等々しながら写していると楽しいです。ベニモンは地の利を生かして来年はぜひ何とかしたいと思っています。アドバイスありがとうございます。
Commented by べにしじみこむ at 2009-10-16 13:40 x
はじめまして。シルビアシジミ、広島、で検索してやって参りました。5月のページです。おてんとうさんとの会話を拝見してがっくり。広島にはもういない。やっぱり。広島産の写真が見たかったのですが。
 上の写真、特に二枚目、きれいですね。やはりヤマトシジミとは違うようです。私もいつか撮りたい。
Commented by Ryochan at 2009-10-17 21:31 x
べにしじみこむ さん
 はじめまして。実はおてんとうさんに教えていただくまで、広島県でシルビアシジミが絶滅していることを知りませんでした。岡山県ではいくつか生息地があります。特に保護されていませんので、採り放題なのが残念なのですが、看板を上げるのも痛し痒しで難しいですね。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by ばふん at 2009-10-18 21:45 x
私もコンデジに1票。私は背景が写っていないと嫌です。GX200いいですね。私も次はリコーにしようかなぁ。
Commented by Ryochan at 2009-10-20 20:27 x
ばふん さん
 はじめまして。広角、マクロともに魅力はあるのですが、プラスアルファが写しこめるという意味で、やはり広角に魅力を感じます。GX200、画質以外はいいですよ(笑)。コンデジの限界かもわかりません。マイクロフォーサーズが狙い目かもです。


<< 今月のお気に入り、他      フォークリフト免許取得体験記 >>